根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

「レンズを通して 四季をめぐる鳥と根付」

blog170520.jpg

高円宮妃久子殿下が「婦人画報」で連載されている「レンズを通して 四季をめぐる鳥と根付」が、
中央公論社から発売になりました。

風景の中に置かれた根付のそれぞれのシーンがとても楽しく、
根付と持ち主の新しい繋がり方、楽しみ方も気づかせてくださる一冊です。
書店で是非お手にとってみられてはいかがでしょうか。

中央公論社-webサイト
http://www.chuko.co.jp/tanko/2017/04/004975.html
  1. 2017/05/20(土) 21:22:02|
  2. 根付に関する本

作家便り「17年5月 /紫苑(伊勢)」

5月の連休中(と言っても、僕には、休みは有りませんが)に、やっと田植え作業が一通り終えることが出来ました。

shion201705_1.jpg

まだまだやらないといけない作業が有りますが、とりあえず一段落です。
4月半ばから、ほとんど根付製作の作業が出来ていなかったので、ようやく、ちゃんと根付製作に向かえそうです。

ただ、田植え機を洗っている時に、真ん中のフローターが破損しているのに気づき、が〜〜ん‼︎Σ(゚д゚lll)

shion201705_2.jpg

赤字にしかならないのに、更に修理代が。。。
。゚(゚´Д`゚)゚。
根付を作って売らないと。。。



  1. 2017/05/12(金) 20:01:59|
  2. 紫苑(伊勢)

泉水展示ご案内「 ~根付から盃~ 勝地遊覧江戸双六 」 日本橋三越にて

来週5月17日(水)より陶作家 泉水の、陶根付と盃の展示が日本橋三越にて始まります。

izumi_mitsukoshi2017.png

今回の根付作品は、展示名にもありますように、勝地遊覧江戸双六にある地名にちなんだものを泉水が
それぞれ色々な動物やモノに置き換え作品にしています。双六のように、楽しくみて欲しいという願いも
込めています。また、陶根付に登場した動物を盃にも登場させ、より展示を盛り立てる要素となるように
展示します。以前から取り組んでいる”差呑盃(さしのみはい)”ですが、お客様のお声なども参考に改良も
重ねて、今回すべて新作です。こちらも手に取りご覧になってください。

izumi_2017_5blog.jpg izumi_2017_5blog(2).jpg
こちらはイメージです。(以前の差呑盃)お酒の入る量が少し多くなりそうです…!

izumi_mitukosi blog
今回、顔となるべく日本橋から発想した「かわうその棒手振」日本橋といえば、やっぱり魚河岸でしょうか。
後ろには同じく魚河岸テーマの「よっとこどっしょいこ」 後ろは一番上の写真をご覧ください。
しょいこに魚がつめられています。

ぜひ、日本橋三越本店 本館6階美術工芸サロンにて行われる泉水特集展示に足をお運びください。
また、作家在廊情報などはTwitterにてお知らせをしていきます。よろしくお願いいたします。


泉水陶小作品特集 ~根付から盃~
勝地遊覧江戸双六
会期:5月17日[水]~23日[火]
会場:日本橋三越本店 本館6階 美術工芸サロン
交通:東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅より徒歩0分
    東京メトロ銀座線・東西線「日本橋」駅より徒歩3分








  1. 2017/05/10(水) 18:13:48|
  2. 泉水/北澤いずみ(東京)

お久しぶりの至水です。

ブログのこと(其の一)

暫くぶりのブログ更新お久しぶりの至水です。
今まで不定期だったGallery花影抄ブログ(至水カテゴリ)の更新でしたが、Galleryからの要請もあり今回より毎月書かせて頂く事となりました。

改めて宜しくお願い申し上げます。

至水はGallery花影抄ブログに投稿する以前、2011年1月から「悪魔ノ天秤」というブログを公開運用しており、そちらには2010年後半に前職を離職し初めて製作したタグアナッツ製の根付から新作の「尻目」まで、更に根付以外の製作物も含め全て時系列順に公開しています。

blog17050301.jpg

http://deadpool-shisui.blogspot.jp/

各作品には意匠モチーフのバックストーリーや妄想設定等も書き添えてあり、「至水全百科」的な「全百科」と書いて「オール百科」と読ませるコロタン文庫式アーカイブブログとなっております。

ウェブで自身の作品を公開されている根付師の方も少なく「根付師は作品で語れ」なんて何処かで聞いたような気もしますが何せ至水は言いたがりで・・・
ある意味至水作品の説明書である其れらのテキストを含め一つの作品だと思っていますので、「しょうがねぇなぁ至水は」と苦笑いで御一読頂ければ幸いでございます。

Gallery花影抄ブログリブート投稿の第一弾が「他人のブログで自分のブログをレコメンドする」という掟破りな投稿になってしまいましたがこれもまぁ・・
至水っぽい死水っぽい・・・

次回「ブログのこと(其の二)」に続く
  1. 2017/05/03(水) 16:31:04|
  2. 至水(北海道)

「永島信也 彫刻展 境界を染める」会期終了致しました。

blog17050201.jpeg

開催してまいりました「永島信也 彫刻展 境界を染める」2017年4月30日(日)で、おかげさまで無事に会期を終了いたしました。
応援してくださいました皆様に、作家共々心より御礼申し上げます。
今回もいろいろな発見や学びがありました。今後の活動や制作に活かしてまいります。

また永島信也さんが外部チームのプロジェクトに協力する形で「未来根付」を考える地道な挑戦が数年続いています。
今回の2017年永島信也展では、プロジェクトチームのスタッフによる、根付愛好家や根付作家など普段から濃い根付ライフを送っている方々へのヒアリングが始まりました。あらためて根付の本質を問う機会になっています。
個展会場にてヒアリングに御協力くださいました皆様に、一同感謝申し上げます。

次回の永島さんの活動は、夏のワンダーフェスティバル参加です。
ひきつづき、永島信也の活動を見守っていただければ幸いです。
  1. 2017/05/02(火) 22:01:33|
  2. 永島信也(千葉)
前のページ 次のページ