根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。
展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

作家便り「18年6月 /至水(北海道) [中国のこと 其の一]

中国のこと 其の一

FacebookやTwitter等のSNS、ワールドワイドウェブな世界のどこかでたまたま目にされた方も既にいらっしゃるのではないかと思いますが、至水の製作した根付が中国で販売されております。

先日Galleryからもアナウンスがあったように、上海の「元气造物」http://www.elementcreat.com/ では、花影抄所属作家の作品の他、現代根付作家の作品が販売されています。

※こちらも合わせて御一読ください
・根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog「中国と根付の関係、これまでとこれからと。」その1
http://hanakagesho.blog17.fc2.com/blog-entry-2048.html
・根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog「中国と根付の関係、これまでとこれからと。」その2
http://hanakagesho.blog17.fc2.com/blog-entry-2050.html



もうあれは何年前の事だったでしょうか、買い手がつかず根津の根付屋の販売ページに暫く掲載されていた至水の根付「狐火」を、Galleryを訪れた中国のお客様が購入されまして、その頃から販売ページに新作がUPされる度に、 中国から直接Galleryへ購入問い合わせメールを送られる方や、日本の代行業者経由で購入される方等、中国のお客様が増えていったと記憶しています。

中には至水の新作は全て買うと仰られる方も居り「こっ、これはパトロン登場・・・約束された生活安定!」と歓喜の雄たけびを・・・
と、実際そうは思えませんでした。

これでは日本に至水の作品が残りませんし、今まで買い支えて頂いていた日本のお客様にも申し訳がたたない。
しかし海外のお客様も至水の作品を評価してくださり購入して頂いている訳ですから、「日本人以外に販売しません」も有り得ません。
そこで、より多くの「至水の根付を欲して頂ける方々」の元に作品を届けられる機会を、ある意味平等に担保すべく、抽選での購入者決定という形を取らせて頂く事に・・・

勿論「元气造物」もお客様の一人として毎回抽選に参加しており、当選した作品が「元气造物」の販売ページに掲載される事になっております。

その後Galleryと元气造物の交流が始まり、元气造物の所属作家を尊重する姿勢や目指す所を知る事ができました。

「私がなる、中国の花影抄」

この元气造物開設者の言葉を鵜呑みにし応援しようと考えた至水は果たして愚かなお人好しなのか・・・

これからの展開が楽しみでならんのです。

blog18063001.png

狐火から始まった中国との御縁
何が売れるか何がきっかけになるかなんてわからない
しみじみ思う至水です・・・

  1. 2018/06/30(土) 19:02:59|
  2. 至水(北海道)

森謙次 根付彫刻展「お子さんといっしょ」出品作品ご紹介

森謙次 根付彫刻展「お子さんといっしょ」

出品作品のご紹介です。
是非、ギャラリーでお手にとって御覧頂きたく存じます。
宜しくお願い申し上げます。

1「クリームソーダー」
ヘラジカ角、孔雀石、べっ甲、水牛角、珊瑚、鹿角
4.0×3.0×3.0cm
クリームソーダ_1
クリームソーダ_2



2「メロディカ」
珊瑚、ターコイズ、水牛角、セイウチ牙、べっ甲
4.1×3.8×3.4cm
メロディカ_1
メロディカ_2
メロディカ_3




3「極楽ゲーム」
鯨歯、孔雀石、べっ甲、珊瑚、ターコイズ、黄楊
3.8×3.1×2.1cm
極楽_1
極楽_2
極楽_3
極楽_4




4「山羊の郵便屋さん」
セイウチ牙、ターコイズ、珊瑚、べっ甲、ヘラジカ角、黄楊
4.8×2.1×1.8cm
山羊_1
山羊_2
山羊_3
山羊_4




5「仔獏の夢」
ヘラジカ角、鯨歯、べっ甲
3.5×2.7×2.4cm
獏_1
獏_2
獏_3




6「普賢と文殊」
鯨歯、珊瑚、べっ甲、水牛角
3.7×2.9×2.5cm
普賢と文殊_1
普賢と文殊_2
普賢と文殊_3




7「なぞなぞ」
鯨歯、べっ甲、鹿角
3.0×2.5×2.5cm
なぞなぞ_1
なぞなぞ_2
なぞなぞ_3





8「麻婆豆腐小僧」
ヘラジカ角、鹿角、鯨歯、べっ甲、珊瑚、白蝶貝
5.2×2.7×2.3cm
麻婆豆腐小僧_1
麻婆豆腐小僧_2
麻婆豆腐小僧_3



森謙次「お子さんといっしょ」
2018年6月23日(土)〜7月1日(日)
Gallery花影抄
  1. 2018/06/28(木) 20:21:07|
  2. 森謙次(高知)

作家便り「18年6月/泉水(東京)」

blog18062701.jpg

blog18062702.jpg
婦人画報-webページ

婦人画報7月号(No.1380 2018年06月01日 発売号)、
高円宮妃久子殿下ご連載の「レンズを通して」に拙作をご紹介いただいていました。
少し前の作品で、懐かしさもあり、とても嬉しいです。

誌面でもご説明いただいている様に環境メッセージを訴える動物シリーズです。
我々人間が作って来た、人間にとっての快適環境は他の生き物にとってはどういう事なのか。
私が作品を制作するにあたって、とても重要なファクターです。

blog18062703.jpg

今秋、日本橋三越で予定している展覧会では、
江戸時代の日本橋で生活する人々を動物に置き換えて展開したいと準備していますが、
そこに登場する鷹匠を作るにあたってネットで検索したところ、
女性の鷹匠のブログを発見し、面白く一気に読みました。
筆者は肉食である鷹と狩りをし、生活する事で普段私達が目をつむっている現実や自然と正面から向き合っており、
だからこそ切実にどの命も等しく愛しく、無駄にしてはならない。というメッセージが心に深く届いてきました。

人間が出来る事としなくてはならない事、或いはしてはならない事。
「命を大切にする」とは本当はどの様な事か。
壮大なテーマですが、私も常に考え、私なりに作品に込める事が出来れば、と思います。
  1. 2018/06/27(水) 20:46:21|
  2. 泉水/北澤いずみ(東京)

作家便り2018年6月 齋藤美洲

 老根付師徒然草    水無月

 雨ひたすらに紫陽花に降りそそぎ、梅雨さなか鬱々として日が暮れる。
上田秋成の雨月物語など読み楽しむに最適な季節・・・。この様な書き出しが若い人に如何に古臭く感じられるのかは、私自身も良く解っている。
 IT普及を境にする時代差だろう。時代々々の流行は変わるものだし、価値観も変わるのは当然のことで、それを理解しなければ年寄といえども昨今にはついていけないことは身に沁みている。
 若い人の思考回路は年寄と違うのも良く解るが、根付作品を観て何かの差異があることが気になっていた。根付論、技術論に基いたものではない。作品から受ける印象である。根付になっているし技術的にも良く出来ているが、何故かゾクッと来るものがない。

 佐野藍氏との会話
 前述の解答を考えているとき、佐野藍彫刻展(Gallery花影抄)を観た。
石彫は私の憧れの一つであり、彼女の個性ある作品を楽しんだ。会話中、モチーフは子供の頃母上に見せられた古代オリエント彫刻に由来すると聞いた。以来、脳裏にそのインプレッション(感動を持った印象)を温めてきたと知る。道理でアイディアはオリエントからだが、彼女のオリジナルとなっている故の魅力がある。
 これが与えられた解答であった。推敲の故事があるが、作品を「ああしようか?こうしようか?」とアイディアを廻らすことによって練磨され、よりオリジナリティが高まるということか。
 我々の時代はモチーフの資料は書籍からで、より良き本を捜し出すのにも運不運が分かれた。良き資料を得た者が勝ちであった。それを求めている間にもモチーフへの興味と推敲が増したと思われる。資料を得た感動は大きい。
 今はクリックひとつで知識も画像も得られる故に、インプレッションも推敲も浅くなるのかもしれない。
 以上、愚考するが、反論を期待。

 老根付師の推敲
 只今、「鳥獣戯画的豊年踊り」を連作中であるが、一作品の制作が一段落すると、反省と次作はどうあるべきかと推敲する。
 未完であるが例をお見せする。動物は違うが、トルソー部分に違う表現を試みた。

bishu_blog1806(1).jpg

bishu_blog1806(2).jpg


 写真では詳細がよく見えないのはお許し願う。両作品のトルソの全体はデフォルメしているが、「兎」は骨格を意識してからの肉付けはアカデミックな写実に重きを置いた。私の最高のトルソと尊敬するキュレネのビーナス等も参考資料となった。「狐」は兎を観ていてその表現とは違ったものはないかと探した。結果、骨格意識は同じだが肉付けをシンプルにして浮世絵的に筋肉を強調しないようにした。
 この二点、どちらが良いかは見る人の判断であるが、出来た仕事を観てより理想的なものを捜すのが私の推敲で、創作方法の一つである。
 創りたいモチーフに対して、画像のみを見て作ったものはコピーであり、創りたいものに如何なるインプレッションを持ったのかを自問し、脳内に理想を作り上げてから表現したものが作品と思う。

 ジジイの放談でした。
  1. 2018/06/26(火) 20:46:02|
  2. 齋藤美洲(埼玉)

作家便り 「2018年6月/かわさきみなみ(千葉)」

こんにちは。かわさきみなみです。

前回このブログでも紹介した「大福」好評で嬉しかったです。
「大福」はかわいさを追求して作った作品で、柔らかく美味しそうな印象や、
生まれて間もない子犬のしっとりとした温かさなど
私の思う「かわいい」を詰め込んでいます。

そして今は大福に次ぐコロコロ子犬第2弾を制作中です。

kawasaki_18_6blog1.jpg

kawasaki_18_6blog2.jpg

今回の子犬はさらに太ってるかも...?まぁ、コロコロ仔犬ですから。
動きのある元気な表情の和犬っぽい子犬。色は薄茶色にする予定です。

平面作品では、今は花に取り組んでいます。
花は、今特に興味を惹かれているモチーフです。

kawasaki_18_6blog3.jpg

去年ランを亡くしたとき、たくさん花束をもらいました。
ランがいなくなってからは、ランのためにすることが
写真のそばに花を飾ることになったこともあって、
それから花を見るときの気持ちが少し変わりました。
それが去年の夏のことで、その時も花束を絵に描きたいと思い
何度か描いてみたものの、思うように描けず断念していたのが、
今年になってやっと花を絵に描けるようになりました。

花束の絵を描いていると、何か勢いのある、生き物のエネルギーのようなものを感じます。
ただ綺麗なだけではない、生き物の気配を感じさせるような絵にしたいと、
描いているうちに自然とそんな気持ちになっていきます。
kawasaki_18_6blog4.jpg

花束になった花はみんな切り花なので、美しい姿もそう長くは持ちません。
その限られた時間の中での姿に、何か感じるものがあるのかもしれません。

花でどんな表現ができるのか、とにかく描いて探していきます。
  1. 2018/06/22(金) 16:09:56|
  2. かわさきみなみ(千葉)
前のページ 次のページ