根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

「至水と蝦夷鹿角」

「蝦夷鹿のこと」

至水が根付の材として使う鹿角はほぼ全て蝦夷鹿の角です。

私自身北海道在住で知り合いに害獣駆除の資格を持つハンターが居り、その方から蝦夷鹿の角を譲って頂いています。

根付の材という観点から言えば蝦夷鹿の角は「悪い材」というのが通説で、
現在鹿角で彫られる根付はニホンジカの角を使用した物が殆どではないでしょうか。

二ホンジカの角は蝦夷鹿の角と同様に害獣駆除された個体の角の他に、
春日大社で毎年行われる「鹿の角切り」等で随時切られた角が現地で販売されていたりするので、
花影抄スタッフの方も仕入れに行かれます。

以前私もGalleryから奈良(春日大社)の二ホンジカの角を送って頂いた事があり現物を手にしておりますが、
生きた鹿の角を切るので、クラウンと呼ばれる根本の末広がりな部位よりも幾分上から切り落とされている為より細身な印象でした。

断面を見ると確かに白く詰まった部分が多く、中心に太目の導管が一つ空いているといった感じで。

01_二ホンジカ角
白いです、もっと白いのも普通にありますね。

一方蝦夷鹿の角は髄の面積が大きかったり、本来白く詰まった部位も黒ずんでいたり、
これが「蝦夷鹿の角は悪い材」と言われる原因なのだと思います。

02_蝦夷鹿角

でもこんな感じでも彫ります普通に使います。

しかし山中で害獣駆除され解体された鹿からその場で切り落とした角は、
クラウン直下の径が太く髄が殆ど入らない詰まった部位が採れたりもします。

クラウン直下から切れるという事は獣毛付きの鹿角もあり、
舟幽霊を彫った際には獣毛を利用した残ばら髪を表現出来ました。

funayurei.jpg


鹿の角は毎年生え変わり前年成長した角は脱離しますので、
運が良ければ自然に抜け落ち断面が丸みを帯びた「落ち角」に山中で出会える事もあり、
抜け落ちてからどれだけ経過したかにも依りますが、髄の中の淡泊質が分解され白みが増した蝦夷鹿角になっています。

ここまで二ホンジカの角と蝦夷鹿の角の違いを私観のみでダラダラと書き綴ってまいりましたが、
ネット通販が一般化した現在では、どちらの角もオークションサイト等で探せば結構簡単に入手出来てしまう訳で、
作家毎の使用する材の地域性というものは「事実上」失われており、あとはもう作家自身の拘りに依るものなのかなと考えていて。

そこで何故に至水は蝦夷鹿なの?と

蝦夷鹿の角を彫り始めた当初はもうホントに髄が嫌で嫌で、リカバリ不能な所まで髄の部位を削り落としすぎたりして、
そこまで掛けた時間と鹿角を無駄にして別の鹿角で彫り直しなんて事も多々ありました。

ところが、なんでしょう、なんと言うか、
いつの間にかその髄さえも鹿角であると言う事として受け入れられる様になってしまっていたのです。

改めて考えてみれば
蝦夷鹿の角の深く濃く染まる髄の色味や、皮目のテクスチャのおどろおどろしさが醸し出す独特な侘感は
「妖怪の意匠と相性が良すぎ」
最早至水の根付は蝦夷鹿の角じゃなきゃってくらいお気に入りな必須の材になってしまっているのでした。

ただこれは、根付彫刻としては「材選びが悪い」と、褒められた事ではないのかなとは思っていて・・・

それでも鹿一頭の命と引き換えに頂いた二本の角を良い材悪い材と選り分けたくは無いというのも本心で。

天然素材だけに切ってみないとわからない鹿角ですが「これで」と決めた鹿角は最後まで使わせて頂き、
決して蝦夷鹿の角である事を理由に「よろしくない」と評される根付に仕上げる訳にはいかんと肝に命じつつ・・・

今日も蝦夷鹿角彫ってる至水です。


03_蝦夷鹿スカル

作業机の上方に鎮座まします蝦夷鹿スカル。
このクラウン直下数cmのみの、最も白く詰まった蝦夷鹿角の大トロ部位を使う日が・・・いつか来るのかなぁ・・・
  1. 2017/07/14(金) 13:50:28|
  2. 至水(北海道)

作家便り「17年7月 /紫苑(伊勢)」

毎日暑い日が続いていますが、皆さん如何お過ごしでしょうか?
製作中に汗がポタポタ落ちて来て、拭いても拭いてもキリがないのに、
未だクーラーをつけようとせず、根付を彫っています。(いったい、誰と張り合ってるのだろう。。。)

今迄、なかなか手が付けられなかった鯨歯をこのひと月彫っていました。
僕がお世話になった方の要望での製作ですが、材料の鯨歯もその方が持って来られた物です。

最初、試しに鯨歯の端材で帯留を彫ってみたのですが、
材が硬くてコレを彫ることに躊躇して、他の製作依頼とかもあったので手を付けずに5年が経ってしまいました。
さすがに彫らないとマズいだろうと一念発起して6月に彫り始め、やっと彫り上がりました。

気に入って頂けるかどうかは、分かりませんが、やっと5年越しの約束を果たせます。
コレでホッと一息つけそうです。

blog17071101.jpg

blog17071102.jpg

(この先、なかなか鯨歯を彫ることもなさそうなので、手放すのが惜しい気もしますが、、、)
  1. 2017/07/11(火) 14:10:57|
  2. 紫苑(伊勢)

万征根付が学会ポスターに使われました。

blog17070801.jpg

今年6月に山形で開催されたタンパク質の構造がテーマの国際学会のポスターに万征さんの根付が使われました。
無事に学会も終了したそうで、こちらのサイトでも情報を御報告させていただきます。
貴重なお仕事に関われて作家共々、感激でした!
ポスターはご好評をいただいたそうで、大変嬉しく思っております。
学会の情報webサイトはこちら!
ヘッダーも格好良いです。

http://www.smcproteins2017.org
  1. 2017/07/08(土) 15:42:33|
  2. 万征(東京)

作家便り2017年7月 齋藤美洲

齋藤美洲さんに久しぶりにブログに記事を連載して頂くことになりました。
まずは六月末にいただいた原稿から始めます。宜しくお願い申し上げます。


梅雨・・・・・ しとどに濡れる紫陽花は、濃い灰色の雲の下で、その美しさを際立たせている。モノクロの近い背景と風情が、かくも人に艶やかさを感じさせるのか、不思議な想いがする。ある詩人が言っていた。この時期の人々の鬱々を慰める為、天使が雲上の空の色を、雨を絵筆にして紫陽花に色付けしているとか・・・そう言えば、花の色は青が基調で、暁闇からの一日の空の色の何処かに当てはまる。詩人の想像力を具現化した、ロマンティックな表現に、物作りは、制作する前に、この様な精神を持ちたいものと思う。

  空のあお
  雨 筆にして
  紫陽花に (駄句蛇足)


 こんな悠長な文を綴っていると、さぞかし安穏な日々を過ごして居る様であるが、実体は水鳥の水面下。脚も心も、目標に向かって、せわしなく動かしているのが実情。
 想い起せばこの四年間、七十の歳に、銀座での個展を開催してから、川口市立ギャラリー、三越での個展、二人展、三鷹市の現代根付展等々、毎年走り回る様に動いて来た。光陰矢の如しという感が大。
 本年は行事予定が無い故に、ノルマ感無く、ゆっくりと、今日まで自分が歩んで来た根付の道と、この先自分は何を求めるのかを、仕事を通して考える時間を過ごしている。
幸な事に、私は中村雅俊先生 稲田一郎先生はじめ、多くの名人と云われた先生方と、御付合する事も出来、その晩年の姿勢も知り、御見送りもした。御会いした折々に感じ得たのは、晩年の作品の存在感だった。それぞれ先生方は、自分は根付をこう考えると云う解答を示して、旅立たれたと思う。それらの作品群は、勿論、脂ののった年代の作品とは違う意味での秀作根付であると考える。私はそれらを愛でて居るし、それらの根付たちに教えられることも多い。根付は工芸的見方をされるが故に、技量を持って評価されがちであるが、もっとその奥の「根付アート」とはの命題の、解答を示しているのかも知れない。

 アートは、現状に対する革新であり、現状を俯瞰して、その本質を探り出す。この言葉を脳裏に秘めて、私と作品を俯瞰して、かっこ良く書けば「自分捜し」をすべく見る事としている。
 試みとして「若い頃の仕事的方法」で制作し、私の現在の感性と造形がどう変化しているのかを確認したくなった。その為の習作として、素材を見て、即、図を想像して、推敲する事無く彫り出し、見せるべき技量に重きを置く事無く、一気に仕上げる方法を試してみている。根付と云われる為の条件、小刀と磨き勿論配慮している。これならば破損の心配無く、安心して使えると、人に思われれば成功と思う。作品としての美洲根付を細密デッサンとすると、この習作的な根付はクロッキー的作品であると思う。両者に「差」はあるが、味わいと云う何かが有れば上々と考える。この試みの可否は、観る方々の感想が全てであり、是非とも聞かせて戴いて、私の心の糧となる事を望んでいる。
この習作の試みは、「美洲作品」における、肩を張ったようなものがないだけに、次々と仕上がり早く手がける面白さがあり、また常に新しい図を考え出す楽しみがあり、遊ぶが如くに、夢中で手がけているうちに、気づけば半年以上が過ぎ去って行った。
面白い事に、物作りの心は、変化していくものだと、半年の私の心の移り様で解って来た。
 どの様なものかは、次回にて・・・。

平成二十九年  水無月 齋藤美洲 

blog17070401.jpg
  1. 2017/07/04(火) 22:01:36|
  2. 齋藤美洲(埼玉)

作家便り 「2017年6月/かわさきみなみ(千葉)」

こんにちは。かわさきみなみです。

先日、ソールライター展を見に行きました。
私は写真家に詳しい訳ではないので知らない方だったのですが、
ポスターを一目見ただけで伝わってくる独特の雰囲気に、
これは見てみたいなと思っていた展示でした。
実際見に行って本当によかったです。

kawasakiblog _1017_6


日常のなんでもない瞬間を美しく切り取る、というのは
私の憧れている表現のひとつですが、そういったものこそ
あえてやるのは難しいもので、ただの思いつきや半端な気持ちでは
なんでもない瞬間を「良いなぁ」としみじみ感じさせるような
作品にすることはできない、ということを思い知らされました。

「生きていくことは日常が重なっていくこと」
これは私が、今年のはじめから5月の個展に向けて作品を制作しながら
考えていた、表現したいと思ったことです。

自分の信じる、自分なりの視点で
世界を見つめることをこつこつと続けること。
それを積み重ねることでやっと日常を
描き出すことができるようになるのかもしれない。
ソールライター展を見て数日経った今、
そんなことを思います。
  1. 2017/06/30(金) 17:25:03|
  2. かわさきみなみ(千葉)
前のページ 次のページ