根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

作家便り/ 「2017年3〜4月/道甫(千葉)」

拝啓
如月の候 幼き頃から鼻炎を患っていたのですが、最近になってそれが花粉症じゃないかと気づいてしまった頃、
近況のご報告の為、筆を執った次第で御座います。

ご無沙汰しております。ドーモ 道甫です。

先日、大学の先輩が東京に芸術遊覧しに来るということで、お供してきました。
私はいつも視点の話をしますが、違う視点の方と鑑賞することが好きです。
それは、自分の視点を改めて浮き上がらせて、別の視点を手に入れる事ができるからです。

1日目三渓園 → 原鉄道模型博物館 →日本橋三井ホールのFLOWERS by NAKED 
2日目 国立新美術館 ミューシャ展→ 草間弥生展 →東京都庭園美術館

といった感じで回ってきました。

簡単な感想は
三渓園。 原 三溪の考えた的な世界感をリアルマネーで山ごと作り変えた園。しゅごい!
blog170406_02.jpg


原鉄道模型博物館。 鉄道ジャンキー 鉄道を追い求めた人生の集大成。

日本橋三井ホールのFLOWERS by NAKED。 ひたすら軽い、空気の様。雰囲気を作るもので工芸とは対極みたいで面白い。

国立新美術館
ミュシャ展。 確かな技術、精密な構図。
草間弥生 わが永遠の魂。 呪いの残跡 空間をバグらせる魔女の大釜。

blog170406_03.jpg


東京都庭園美術館 並河靖之 七宝。
THE 工芸、博物館に入れても違和感がないもの。「工芸の美とは」の一つの基準点とする感じ。
文字としてはこれぐらいですが、大分脳細胞増えて賢くなった気がするような体験でした。

遊覧していて常に強く思い浮かんでいた言葉があります。それはfirst impression(第一印象)です。
私にとって、ミュシャや草間弥生はバラシリーズの人、瀬戸内海の直島の「かぼちゃ」あとはドッドの人として名前は知っている、雑誌でみたレベルで、そこまで興味が湧く、情報を欲するわけではないものでした。
私は芸類(美術や工芸、音楽 etc.)にたいして、first impression 最初に見た感想が 非常に重要なものの一つであると考えています。
その芸類に対して次の情報を習得しようとする興味を催すか、可能性が続くかの厳しい判定があり、たとえ次作が前より素晴らしいモノでも興味がなく情報を入手しければ、無いのと等しいのです。
しかし実際に実物を見てみると 呪術力で顔面殴られたような波動がありました。
瞬時に、問答スイッチが入り、自分の根付ではどうすればいいのかと考えながら作品を観察しました。
自分が作る根付も、どの作品でも第一印象でそっぽ向かれないように波動が伝わるように工夫し制作しなければと深く思い返した遊覧日でした。

根付もカラテあるのみ! イヤーッ!!

blog170406_01.jpg

blog170406_04.jpg


※そんな道甫さんの作品紹介は、こちら!「webサイト・根津の根付屋/道甫」
  1. 2017/04/06(木) 21:10:04|
  2. 道甫(千葉)

作家便り「2017年4月 森謙次 /地元・高知で個展開催のお知らせ」

blog170401.jpg

河鍋暁斎が大好きな森謙次です!

4月12日(水)から4月25日(火)まで、高知県高知市にある [GALLERY E] で個展をします。
月曜日休廊です。
23日の午後3時半から友達と"森ガール"という男2人組ユニットでパフォーマンスをします。
機会があれば見に来てください!
よろしくお願いします!

“河鍋暁斎と僕” 森謙次根付帯留展

4月12日(水)〜4月25日(火)

GALLERY E

webサイトはこちら! http://gallery-e.jp
  1. 2017/04/01(土) 20:19:42|
  2. 森謙次(高知)

「守亜作品展 けもののけもけも」会期終了致しました。

moria_exh2017_dm.png

Gallery花影抄での2017年の守亜さんの個展、「守亜作品展 けもののけもけも」(3/20~26)は、
おかげさまで無事会期を終了いたしました。

御来場の皆様、開催に際しご協力を頂きました皆様、お電話やインターネットを通じてのお客様、
すべての応援してくださいました皆様に、
今年も盛況のうちに展示を終えられますことを作家共々深く感謝を致しております。
本当に有難うございました。



この数年は、守亜展の初日は開場前から多くのお客様にお待ち頂いて、
整理券をお出しして順番に作品をお選び頂くなど、遠くからの方々もあり、本当に有難い事と感謝しております。
また、スタッフも毎年会期後に反省会をして、
少しでも円滑にストレス少なめにお客様に過ごして頂けるよう工夫を進めておりますが、
それでも毎年「気が回らずだった〜!」ということがあり、
来年にまた経験を活かしてまいりたいと考えております。
何卒宜しくお願い申し上げます。

今年、根付作品のエディション販売分を受付ましたお客様には、納品まで一ヶ月半ほどのお時間を頂きたく存じます。
(早まる可能性もありますが、余裕を見込んでのスケジュールです)
彩色作品や、すでにお渡し可能なものに関しましては、10日ほどの間には納品まで進めてまいります。
お待たせしてしまいますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

守亜さんは、毎年何かテーマを決めて個展に臨んでいますが、今年は「けもけも」。
ちなみに、ご本人は、動物の毛は「もふもふ」ではなく「ごわごわ派(?)」だそうです。
レジンの素材でどのような多様な質感表現ができるかの挑戦でもあります。

blog_2017-03-28.png

根付と彩色立体作品に加えて、今年は、新しい試みとしてレジン(樹脂)ではなく、銀製の根付にも挑戦してもらいました。
ギャラリーからは、数年前から望んでいた守亜さんの金属版根付でした。
ここからまた新しい守亜作品の展開の可能性も見えるようにも思います。
今後とも、守亜さんの活動に是非、ご期待ください。

守亜さん次回参加のグループ展は「彫刻アニマルパーク」2017/4/19-5/2
日本橋三越本店本館6階 アートスクエア です。宜しくお願い申し上げます。

守亜さん自身のwebページでの展覧会を終えての御挨拶はこちらです!
http://journal2.aqua-plant.net/?eid=1139342

blog17032802.jpg

blog17032801.jpg
  1. 2017/03/28(火) 20:15:39|
  2. 守亜(群馬)

守亜作品展2017「けもののけもけも」出展作品紹介

守亜作品展2017「けもののけもけも」

moria_exh2017_dm.png

2017年3月20日(月)~26日(日)※23日(木)休廊
13:00~19:00(最終日~18:00)
Gallery花影抄(東京/根津)
※守亜さんは毎日在廊予定です。

出展作品一覧

[根付]

moria_ookami2017.jpg
「於保加美~おおかみ~根付」 レジン製・限定20体エディション完売

moria_shishi2017.jpg
「獅子根付」 レジン製・限定20体 10,800円(税込) 残数有

moria_komainu2017.jpg
「狛犬根付」  レジン製・限定20体 10,800円(税込) 残数有


moria_zougami2017.jpg
「ガナパティ根付」 レジン製・限定20体 16,200円(税込) 残数有 ※鼠のストラップ付

※他の2014、2015、2016年制作の根付(エディション数内のもの)もご用意します。

moria_Gaboon_viper.jpg
「ガボンアダー」レジン製・限定20体  10,800円(税込) 残数有


「日本石亀根付」金属製・限定10体 78,560円(税込)
銀製4体。(今後、真鍮製3体とブロンズ製3体の制作予定があります)
moria_ishigame_1.jpg
moria_ishigame_2.jpg
moria_ishigame_3.jpg


[スタチュー]


blog170319_s.jpg
「於保加美~おおかみ~・彩」 レジン製  御売約済

blog170319_s_02.jpg
「ワニガメ・彩」 レジン製  御売約済

「ガナパティ・彩」 レジン製 御売約済

「九尾・彩」 レジン製 御売約済

「獅子2017・彩」 レジン製 御売約済

「狛犬・彩」 レジン製 御売約済

「獅子2014・彩」 レジン製 御売約済

「メソポタミアの獅子・彩」 レジン製  御売約済

「於保加美の社」 レジン製・ケース付  御売約済

「九尾の社」レジン製・ケース付  御売約済

「黒兎」 レジン製  御売約済

「白兎」 レジン製  御売約済
moria_shirousagi.jpg


[丸根付] レジン製 各5,500円(税込)

オオアタマガメ根付
moria_ooatamagame_1.jpg
moria_ooatamagame_2.jpg
ooatamagame_size.jpg


ツギオミカドヤモリ根付
mikado_yamori_1.jpg
mikado_yamori_2.jpg

カミツキガメ根付
kamitsukigame_1.jpg
kamitsukigame_2.jpg

ニホンヒキガエル根付
nihonhikigaeru_2.jpg
nihonhikigaeru_1.jpg



ワニガメ根付
wanigame_1.jpg
wanigame_2.jpg
wanigame_3.jpg



[根付ストラップシリーズ限定版] レジン製

blog170319_s_3.jpg
「フェネック」 売切れ

blog170319_s_4.jpg
「セマルハコガメ」と「ワオキツネザル」 売切れ

blog170319_s_5.jpg
「ヤマネコ」と「ハシビロコウ」 売切れ

「チンパンジー」
「オランウータン」


[怪獣根付]
新作「キンゴジ(予約枠残数有)、シン・ゴジラ覚醒(今回の予約枠終了)、第2形態(今回の予約枠終了)」に加え、
東宝、ウルトラ、大映シリーズから現在販売中のものを展示販売しています。

  1. 2017/03/19(日) 17:35:58|
  2. 守亜(群馬)

作家便り 「2017年3月/かわさきみなみ(千葉)」

こんにちは。かわさきみなみです。

先日渋谷の映画館にユーリー・ノルシュテイン監督特集上映
「アニメーションの神様、その美しき世界」を見に行きました。
ノルシュテイン監督の代表的な監督作6作品をデジタルリマスター版で上映ということで
楽しみにしていたのですがなかなか行けず、やっと見に行きました。まだやってくれていてよかった…

ノルシュテイン作品を初めて見たのは大学生の頃で、
かわいい動物のキャラクターと独特の暗い世界観に心を奪われて
作品集のDVDを一時期何度も見ていました。

私が好きな作品は「霧の中のハリネズミ」と「話の話」です。
「霧の中のハリネズミ」の映像は本当にきれいです。どの場面の風景も全部美しい。
そして動物たちがかわいい。だけどちょっと怖い雰囲気があってそこが癖になります。
(そういえばこのお話の中で一瞬だけ犬が出てくるのですが動きといい音といい、
犬らしさがすごい出ていて最高です。一瞬だけど重要なシーン。いつも楽しみにする場面です。)

kawasaki_2017_3(1).jpg
(写真は特集上映に合わせて作られたポストカード型のパンフレット。かわいい。)

でも映画館で上映を見て、やっぱり一番好きだなと思ったのは「話の話」でした。
「話の話」は、まとまったひとつの物語ではなく記憶や想像の断片が集まったようなつくりで
内容はわかりにくい作品ではありますが、作品の中の空気感を味わいたくて何度も見てしまう作品です。
1941年生まれのノルシュテイン監督の子供の頃の記憶、戦争の記憶が反映されている作品なのだそうで、
全体的に暗く重い、哀しげな空気に包まれていますが、ただつらく哀しいだけではない、強い「何か」が感じられる
不思議な作品です。その「何か」は何なのか、わからないけれどなんだかとても大事なもののように思えるのです。
その「何か」が気になって、何度も見てしまうのかもしれません。

kawasaki_2017_3(2).jpg
(「話の話」の色々な場面。主人公(?)はロシアの子守唄に出てくる狼の子どもです。)

ノルシュテイン作品は映画館の上映で久しぶりに見たのですが、
「話の話」を見ながらここ数年気に入って読んでいる山下澄人さんの小説も
この作品のつくりと似た形をしていると思いました。
どちらの作品も、色々な場面がとぎれとぎれに並んで流れていって
どこへ向かっているのかわからない、わからないまま散らばっていってしまうような
印象を受けます。私はどうもそういうとらえどころのない作品に惹かれるところがあるようです。

5月の個展は、そんなとぎれとぎれの場面が重なったようなイメージの
展示にできたらと思っています。
色々な瞬間のドローイングを描いてみたりしながら、制作を進めています。

kawasaki_2017_3(3).jpg
  1. 2017/03/15(水) 20:10:34|
  2. かわさきみなみ(千葉)
前のページ 次のページ