fc2ブログ

根津の根付屋 & 花 影 抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。
展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

永島信也 根付彫刻展「ナイトパレード」 出品作品ご紹介(2/2)

【出品作品ご紹介】

▼作品番号6 彼岸の案内人
鹿角 象嵌:ガラス、水牛角、岩絵具 5.4×2.3×2.0cm
385,000円(税込)

ngs240217_05_main.jpg

ngs240217_05_sub1.jpg
ngs240217_05_sub2.jpg
ngs240217_05_sub3.jpg
ngs240217_05_sub4.jpg
ngs240217_05_sub5.jpg
ngs240217_05_sub6.jpg



▼作品番号7 大化
鹿角 象嵌:水牛角 3.4×2.2×1.9cm
66,000円(税込)

ngs240217_09_main.jpg

ngs240217_09_sub1.jpg
ngs240217_09_sub2.jpg
ngs240217_09_sub3.jpg
ngs240217_09_sub4.jpg
ngs240217_09_sub5.jpg



▼作品番号8 布かぶってるやつ 
鹿角 4.4×2.2×1.6cm
99,000円(税込) ※御売約済

ngs240217_08_main.jpg

ngs240217_08_sub1.jpg
ngs240217_08_sub2.jpg
ngs240217_08_sub3.jpg
ngs240217_08_sub4.jpg
ngs240217_08_sub5.jpg
ngs240217_08_sub6.jpg



▼作品番号9 魚龍
鹿角 象嵌:水牛角 4.4×3.3×1.6cm
143,000円(税込)
(2018年発表の作品を改作)

ngs240217_06_main.jpg

ngs240217_06_sub1.jpg
ngs240217_06_sub2.jpg
ngs240217_06_sub3.jpg
ngs240217_06_sub4.jpg
ngs240217_06_sub5.jpg
ngs240217_06_sub6.jpg
ngs240217_06_sub7.jpg



▼作品番号10 以津真天
鹿角 象嵌:ガラス 6.1×3.6×2.5cm
374,000円(税込)
(2021年発表の作品を改作)

ngs240217_04_main.jpg

ngs240217_04_sub1.jpg
ngs240217_04_sub2.jpg
ngs240217_04_sub3.jpg
ngs240217_04_sub4.jpg
ngs240217_04_sub5.jpg
ngs240217_04_sub6.jpg



永島信也 根付彫刻展の出品作品へのご注文は、会場でのお申込みに加えメール・電話・FAXでも承っております。

【ご注文方法】
netsukeya@hanakagesho.com / TEL & FAX 03-3827-1323 宛てに、ご希望の作品番号と作品名を明記の上、合わせて以下5点の項目をお知らせください。

お名前
電話番号
郵便番号
ご住所
作品の受け取り方法(ご配送orご来店)

※ご配送の際には、送料として500円をご負担いただきます。
メール・FAXでのご注文の際には、件名を「永島信也 根付彫刻展 作品購入申し込み」としてくださるとスムーズです。
  1. 2024/02/18(日) 17:00:29|
  2. 永島信也(神奈川)

永島信也 根付彫刻展「ナイトパレード」 出品作品ご紹介(番外編)

現在開催中の永島信也展「ナイトパレード」の出品作品のうち、既存作からもおすすめの作品を以下ご紹介いたします。

【出品作品(既存作)ご紹介】

▼作品番号11 応龍娘
鹿角 象嵌:ガラス、岩絵具 3.8×2.4×2.3cm
297,000円(税込)

ngs230506_07_main.jpg

ngs230506_07_sub1.jpg
ngs230506_07_sub2.jpg
ngs230506_07_sub3.jpg
ngs230506_07_sub4.jpg
ngs230506_07_sub5.jpg
ngs230506_07_sub6.jpg
ngs230506_07_sub7.jpg



▼作品番号12 福良蛇
白檀 象嵌:鹿角、水牛角 3.7×3.6×2.6cm
176,000円(税込)

ngs230831_02_main.jpg

ngs230831_02_sub1.jpg
ngs230831_02_sub2.jpg
ngs230831_02_sub3.jpg
ngs230831_02_sub4.jpg
ngs230831_02_sub5.jpg



▼作品番号13 ちみちゃん
黄楊 象嵌:ガラス、岩絵具 4.9×2.5×2.4cm
143,000円(税込) ※御売約済

ngs231015_01_main.jpg

ngs231015_01_sub1.jpg
ngs231015_01_sub2.jpg
ngs231015_01_sub3.jpg
ngs231015_01_sub4.jpg
ngs231015_01_sub5.jpg
ngs231015_01_sub6.jpg
ngs231015_01_sub7.jpg




▼作品番号14 ヨモミちゃん
黄楊 象嵌:ガラス、イスノキ、岩絵具 3.2×3.0×3.0cm
88,000円(税込)

ngs220914_03_main.jpg

ngs220914_03_sub1.jpg
ngs220914_03_sub2.jpg
ngs220914_03_sub3.jpg
ngs220914_03_sub4.jpg
ngs220914_03_sub5.jpg



▼作品番号15 アメノウズメ
鹿角 象嵌:ガラス、岩絵具 5.2×2.4×2.2cm
429,000円(税込)

ngs220611_05_main.jpg

ngs220611_05_sub1.jpg
ngs220611_05_sub2.jpg
ngs220611_05_sub3.jpg
ngs220611_05_sub4.jpg
ngs220611_05_sub5.jpg
ngs220611_05_sub6.jpg
ngs220611_05_sub7.jpg
ngs220611_05_sub8.jpg



永島信也 根付彫刻展の出品作品へのご注文は、会場でのお申込みに加えメール・電話・FAXでも承っております。

【ご注文方法】
netsukeya@hanakagesho.com / TEL & FAX 03-3827-1323 宛てに、ご希望の作品番号と作品名を明記の上、合わせて以下5点の項目をお知らせください。

お名前
電話番号
郵便番号
ご住所
作品の受け取り方法(ご配送orご来店)

※ご配送の際には、送料として500円をご負担いただきます。
メール・FAXでのご注文の際には、件名を「永島信也 根付彫刻展 作品購入申し込み」としてくださるとスムーズです。
  1. 2024/02/18(日) 16:55:17|
  2. 永島信也(神奈川)

アートコレクターズ完売作家特集2024

blog240216-0.jpg


月刊「アートコレクターズ」の完売作家特集2024に、秋葉絢さんが昨年の個展情報とともに紹介されています。


今回は、私たちが主に「現代根付」を扱うギャラリーであることと、秋葉さんの作品の特色との関係性についても書いていただいています。

小さな物に工夫や技術を込めたり、小さな物を愛らしく感じて思いを込めたり、価値を見出す気持ちは、日本の美術工芸の特長のひとつであると思います。

秋葉さんが身の回りの世界の美しさや素敵さを手のひらに乗るサイズのガラス作品に凝縮して込めていることは、まさに日本の美意識の結晶とも言えます。

私たちのギャラリーで個展を重ねてくださっていることは、とても嬉しく思っています。

秋葉さんの個展のたびに、御来場くださるファンの皆様にも感謝を申し上げます。

有難うございます。

blog240216-01.jpg
アートコレクターズ  No.179 2024年2月号
アートコレクターズwebページ
  1. 2024/02/16(金) 23:02:23|
  2. 秋葉絢(神奈川)

新しい取り扱い作家・孺禾 (じゅか)さん

あらためての御紹介となりますが、

2024年から新しい取り扱い作家として佐賀県在住の孺禾 (じゅか)さんをお迎えしました。

juk231201_01_main.jpg
孺禾「鐘馗」 webサイト「根津の根付屋」でのデビュー作。思えば、鐘馗も中国から渡ってきたスーパーマンの一人です。


孺禾は、王坤(ワン クン)さんと百武由里子(ひゃくたけゆりこ)さん夫婦が共同で根付作品を作る、二人で1つの作家銘を持つユニットです。

孺禾は「じゅか」は、中国語で"小さな稲の苗"という意味。日本語では馴染みがない音感と言葉と思います。

作家名を正式に決める時にお二人の話を聞いて、日本的なものに変えるという考えもあったのですが、中国吉林省出身の王さんと佐賀出身の百武さんのユニットであることの個性を尊重し大事にするということで、このままになりました。

共同で1つの作家名で活動する制作スタイルは、私どもの扱う中では初めてのタイプです。

彫刻家×画家、中国×日本と国籍の違う二人の共同作業であるからこその良さが発展していくことを願っています。

画家である百武さんが王さんと相談しながら下絵を描いて図を検討し、王さんが彫刻をしていき、仕上げをまた相談する。

blog240213-01.jpg

blog240213-2.jpg

彫刻を担当の王さんのものづくりの経験は、ちょっと珍しいものです。

中国で料理人からスタートし、果実の核(種)を彫る彫刻の修行をした後、上海で現代根付に出会いました。
(百武さんもこの時にはじめて根付と出会ったそうです。)

お二人は現代根付に強く魅かれ、日本での新しい活動を「現代根付作家」としてスタートすることを選び、根津のお店に問い合わせをしてきたのです。

私(橋本)は、上海の現代根付作家チームの活動に対しては思い入れがあるので、上海作家の現代根付の展覧会を見た事をきっかけに作家を志したというお二人の登場は衝撃的でした。

何かが新しい段階に進んだ!という感覚もあり、今回の相談を聞いて「お力になりたい!」という気持ちになりました。


3月には、初個展も開催しますので、多くの方々にご注目いただけましたら(見守っていただけましたら)幸いです。

作家共々、何卒宜しくお願い申し上げます。

孺禾 根付彫刻展「唐渡り」 2024年3月16日[土]〜24日[日]

blog240213-03.jpg


※根津の根付屋 孺禾の紹介ページは、こちらです。

※孺禾 「X」アカウント https://twitter.com/ruhe9527
  1. 2024/02/13(火) 20:04:00|
  2. 孺禾

守亜 十二支シリーズの新作の干支根付「辰」・彩色版「辰」販売について

いつも守亜さんの活動に期待し応援してくださっている皆様、有難うございます。

今年は辰年ということで、守亜さんも十二支シリーズの新作の干支根付「辰」・彩色版「辰」が制作され、おかげさまでエディションすべて販売済となりました。作家共々、御礼を申し上げます。有難うございます。

blog240211-0.jpg
十二支 辰 2024- 守亜作品アーカイブ(webページ)

今回、販売ページでの掲載販売がなかったものですから、販売に関するお問い合わせを今でもいただいたりしております。
あらためて、ご説明をさせていただきたいと思いました。


「干支根付」連作は、当初から十二支(十二年)続いていく企画として、連続して購入されている方に購入の優先権を設けるという「ルール」で始まりました。ですので、このシリーズを長くお求めいただいているお客様に最初に御案内を差し上げ、また今回は前回2つ同時発表した「寅」と「卯」の根付を両方ともにご購入いただいたお客様へもご案内を差し上げました。

守亜さんは今年2月の花影抄での作品展より、従来20体あった根付のエディション数を10体へと変更いたしました。そのため、十二支シリーズの根付につきましても今回より10体限定での販売となりました。数が減ったことで、今回の辰は、優先案内の方々のところで完売となりまして、公での販売になりませんでした。

彩色版の作品についても同様で、毎年連続で買われている方々のところで、完売となりました。

販売ページへの掲載を待っていてくださった皆様には、大変申し訳ございませんでした。
作家共々、お詫びと感謝を申し上げます。

守亜さんと先ほど、電話で話しをしました。龍は好きな題材でもあり、今年は十二年に一度の特別な一年でもあるので、また別の図像の龍根付の制作を考えているとのことでした!今回残念ながら入手できなかった皆様も楽しみにお待ちいただけたらと思います。

今後とも、守亜さん共々、何卒宜しくお願い申し上げます。

blog240211-01.jpg
十二支 辰 2024 彩
  1. 2024/02/11(日) 21:32:02|
  2. 守亜(群馬)
前のページ 次のページ