FC2ブログ

根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。
展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

作家便り2018年12月/「老根付師 徒然草 師走」 齋藤美洲(埼玉)

 月日は百代の過客にして、行きかう人も又、旅人なり・・・なぞ想いながら、本年も根付師として人生の旅を歩み、平成三十一年も同じ姿でトボトボ・・・。
 昨日、ボーリングに一人で興じていたら、楽しむ事6ゲーム。受付嬢に驚かれた。まだ脚力はあるか?啊啊。

 回帰の想い 「根付彫刻のすすめ」付録 プロ編
 毎年、年賀状は十一月に創り、言葉ではない近況報告にしている。
 この一年、個展の為の豊年踊りシリーズを、制約のある鹿角で制作して過ごし、多少厭きを感じていた故、賀状用作品は、私の原点に還り、古典(本来)へのオマージュを主題とした。
 創り始めると、時間を超えて、若き日の自分が仕事場にいた。古典を畏敬しながら、オリジナリティを保つのに苦慮しつつ・・・。
 図柄は、良く見かけるものだが、これに私が表現できるかと、デッサンを重ね、完成図を脳裏に叩き込む。これが、良くなるか否かの分かれ目。
 次に材料をデッサンに合わせた塊(オブジェ)を造る。この時は、脳裏の完成図が六面体として全てのアングルを認識していなければ、実際の作品は違うものになる。
 出来た塊は単なる物体であるが、そこに完成形を感性移入させると動きが見えてくる。完成形に合わせ、鼻先から尾先までに線を引けば、S字が浮かぶ。それを背骨に頭、胴、尻を想像すれば、自ずと垂直方向にしか見えない塊に動きが出る。古典名品には左右対称がないのは、この原理だ。
 こうして、各部位を塊に線で書けば、後は彫り出せば荒彫りなり、仕上げ仕事につながる。
 私は今回、各部位の特長を強調することより全体のフォルムの方に心掛けた。根付としての塊に力を入れた。腹の太い丸みを見せるために後右肢を伸ばして、左前肢の下まで持ってきた。これは同時に腰を横にすることにより、フォルム全体に動きを持たせるためでもある。
 古典根付に思いを馳せ、実に楽しい時間であったが、仕上がってみると、雅俊先生の言葉が心に刺さる。“納得いくまでやる事ですョ” 何回も書くが、仕上がりとした作が、その作家の実力である。古典の評論、評価が出来ても、古典の域に達するのは至難と思い知らされた。ただ、この仕事は、楽しくやりがいのある大きなテーマである事にも気が付いた。生まれ育った古里の町を散策する様に・・・。

 古典資料を漁って・・・
 とにかく面白く、時の経るのを忘れる。
 各作家の発想が個性的であり、突き詰めた作品を観ると、その人の性格、人生観さえ想像できる。
 江戸根付は、装剣奇賞に見られる初期から幕末まで、技術的進歩は目覚ましいが、一芸を成した根付は、テクニックを超えた、何かに心を魅了される。
 時代、時代によって作風は変わるが、私がめでる作品には全て“品格”を感じる。それが何処より来るのかは、現時点では説明できないが、厳然として有るのは確か。

 幼少より根付に惚れ込み、彫り続けてきた爺が、己の至らなさを曝す如きに書いてきたが、パラドックスに、次の如く自覚。
 己の下手を誇れ!! 何故ならば、上手になる道は眼前に有るからだ。
 上手になったら、上手を維持するために受身になってしまい、その先つまらないかもネ・・・。

blog18123000.jpg
blog18123001.jpg
blog18123002.jpg
blog18123003.jpg
blog18123004.jpg
blog18123005.jpg


  1. 2018/12/30(日) 22:34:10|
  2. 齋藤美洲(埼玉)

齋藤美洲著「根付彫刻のすすめ」(新装増補普及版)出来ました!

blog18121401.jpg

齋藤美洲さんの「根付彫刻のすすめ」(新装増補普及版)日貿出版社から見本が届きました!
伊勢の中川先生の「木で彫る根付入門」も新装版です!

最初の方の美洲作品写真集の部分が新たに増補されています。
技法について内容は、ほぼ同じです。(正確には一行だけ変わりました。)
あと、道具や素材についての情報が更新されています。

すでにお持ちの皆様は、御注意くださいませ。

blog18121402.jpg

[日貿出版社]
webサイト
Facebook ページ
  1. 2018/12/14(金) 19:42:18|
  2. 齋藤美洲(埼玉)

作家便り「2018年12月/齋藤美洲(埼玉)」

老根付師 徒然草  師走
初冬の幻影

bishu_blog1811_1.jpg

午前の仕事場、南にあたる壁を見ると、写真の様に、書の額と墨絵が
並んでいる様であった。書は本物。他は何かと考えてしまったが、
北側の開けた窓から何かを反射して、植木の影を映し出していると気が付いた。
反射物を探したが見つからない。隣家の壁ではない。15分ほどで消滅したが、
次の日は現れない。不思議な事だと思っていると数日して現れた。
光源は隣家の車で、駐車位置での偶然だった。良い作品に見惚れる時、
作家意図を発見出来た想いがした。

bishu_blog1811_2.jpg


時の流れ
「五十年後」。コナン・ドイルの短編小説。恋人と結婚の為、出稼ぎに出るも、
事故の為、記憶喪失。外地で成功するが、50年後突然に記憶が戻り、故郷に
急行すると、時を経た昔のままの家に、老嬢が椅子にもたれ、彼を待っていた。
高校時代、これを読んで、人生と時の流れにロマンを感じたものであった。

35年前の私の薄れていた記憶を鮮明にさせられる事が起きた。
「根付彫刻のすすめ」の復刻増補版の12月出版であった。急な話ゆえに慌ただしい日々の中、
初版を熟読したが、根付彫刻の基本理念、理論に一毫の変化もないことに我ながら驚く。
この時期の私でさえ確信的な論を持ち得たのだから、今の若い作家に対しての考えを
改めなければとつくづく思い、「後生畏るべし」の語を胸に刻む。

初版に加えて、50点ほどの、ここ十年間の近作を掲載出来たのは、時の流れの中、
根付についての理論は不変であるが、美意識、感性、感動等、歳を重ねての
表現変化を見せられたのは、私にとっても好機であった。

ひたすらに、根付彫刻に興味を持った人々に、作る楽しさと創造する喜びを持つ
ための一助となる事を願った毎日だった。
この間、60年前に同じ教室で学んだ人と会う約束があったが、流れてしまった。
老根付師の話と歳月は長いこと!オソマツm(_ _)m


鹿角という素材 2
bishu_blog1811_3.jpg

bishu_blog1811_5 (1)
bishu_blog1811_5 (2)


この難解な素材の中に、如何に自由な表現が出来るかの試みの二作品。
前作は、脳内の発想転回に固さがあったが、今作の制作については、
少し自由を楽しむ事が出来た。「制約の中の自由」を掲げての根付創作の
毎日であるが、迷い出すと技術ばかりに救いを求めることの愚かさを、自ら戒めている。
 
老子に曰く
  大道は平らかなり、されど歩みがたし
  小道は険し、されど歩みやすし

  1. 2018/12/04(火) 12:26:47|
  2. 齋藤美洲(埼玉)

作家便り「2018年10月/齋藤美洲(埼玉)」

老根付師 徒然草  霜月

霜月としたが、現在10月は夏日があったり、北風に身を竦めたりで、
季節が定まらず、残り少ないカレンダーに、Tシャツで仕事しながら年越を思うのは、
何か変である。夏の象徴と思う百日紅は、未だ花弁に色を残している。(10/7)

時代(時の流れ)
美術愛好家と話をした。根付の話をするうち、徒弟の時代の学び方に比べ、
師匠のいない現在、若い人達は如何に学び作品にするのかとの質問があった。
例を挙げて、及川空観氏は根付彫刻を志したのは遅いのに、今トップ集団の一人に
位置するのは何故?と聞かれた。

私の答えは二つであった。
一つは、彼は発想し、デッサンしたアイデアを、三次元(立体)に表現出来るタレント
(才能者)である事。仮に素晴らしいアイデアを得ても、立体感覚の乏しい人には
表現しきれないが、彼にはそれを克服する能力がある。作家はそれぞれ天分を
持っているが、己の希望と表現は一致できないことが多い。
二つは、佐野藍さんの稿で述べたのと同様、彼の脳内には理想が存在する。
イタリアに旅した時に観たベルルーニの彫刻である。ネットで見れば解る通り、
ミケランジェロの次の展開と思われ、ギリシャ、ヘレニズム彫刻のラオコーン像に通じる作品だ。
一つの作品に感銘を受け、生き方の方向性が決定される話はよく聞くが、ベルルーニ作品が
彼の脳内にたえず理想として制作の力となっているのだろう。

加えて現在、超絶技巧が愛でられている情勢が、彼の創作に意欲を与えているのだろう
等々、私見を述べた。与えられた“才”と“時”が合致した作家は、飛躍的に向上する。
これは空観氏ばかりの話ではなく、若い作家が時を得れば同様に成長することだろう。
ただ、流行に迎合する事ではないと加えておきたい。

現代根付運動が始まって約50年、その当時の美術情勢は抽象全盛であった。
私も含め若い作家は、その時代のアートを学び、根付に新しい感覚を入れ込もうと努力した。
現在とはその情勢は違えこそすれ、根付は、使用可能であってこそ現代根付であることは公理であろう。

鹿角という素材
前回、鹿角材の自然形の中に何が見えて表現するかを記した。現在、豊年踊りシリーズを
創作中であるが、6点目くらいから、同じ形の素材故にアイデアに行き詰まってきて、
新しい展開が必要になる。

鹿角をメインにしている作家も同様の悩みを抱えて苦慮していると思われる。
考えた末の一つの試みは、作品自体に大きな空間を持たせて、鹿角の素材形を観る人に
感じさせない様、造形することとした。

bishu_blog1810(1).jpg

ネズミの尾を動かして、鹿角々々した形から脱しようとの試作であるが、観る方は如何に
感じるだろうか?意見を聞きたい。今、同じ発想で二作目を創作中・・・

bishu_blog1810(2).jpg

  1. 2018/10/31(水) 21:14:13|
  2. 齋藤美洲(埼玉)

作家便り「2018年9月/齋藤美洲(埼玉)」

老根付師 徒然草
  
本日、秋の彼岸に入る。ようやく酷暑も去り、暑さ嫌いの身にとって自分が取り戻せそうだ。
空の高さの清々しさに、明日を期待。

勿怪の幸い展
花影抄の作家の集う展示は面白かった。同一のお題に各自自分の表現をもって、
他者と比較する機会は少ないし、大切なことだ。普段は孤独に彫刻し、自分の世界にいるが、
他者の作品にじかに接することで自分の思考を客観視出来る。発想、技量も比較によって
自分の地位のランク付けが出来、向上への糧になる。

初期の根付研究会風景を思い起こさせた。経験の序列を排しての作品互評は全員の
利益になった。隔月の例会が十五年も続いたことも懐かしい。今回のオープニングの懇談で
昔の雰囲気を感じ、作家のために次回を期待する。

後生畏るべし
後生とは、後輩の意。後輩は努力によっていずれ自分を超えるのだから、畏敬しても侮ってはいけない。
早く作家の皆さん、私を越えてほしい。今回は私も多くを得た故に。
早めに退出する時の私の言葉であるが、最後に麒麟も老いれば駄馬にも劣るとも加えた。

私の彫刻の原点
佐野藍さんの週末在廊の展示を観た。両手で抱えて見られる大きさで、
根付同様の鑑賞が出来て、親しみを持って楽しんだ。
佐野さんの言うには、無地の材には自分の造形を主張して表現し、模様のある材には
その面白さを見せるべく形づくると。
自然素材そのものをオブジェとして、その抽象形に感情移入させたイメージを具現化した
作品には、橋本平八の“牛”等のオブジェ作品に通ずるものがあると感じた。
加えて橋本平八は伊勢根付師の出身である事を思うと、鹿角等自然形を生かす素材に
対しての私の彫刻原点との共通性も感じさせてくれた。

鹿角
前記したが、鹿角等素材に自由表現出来ないものには、素材自体の形をオブジェとし、
感情移入させた表現を例にとる。

鹿角は幹と枝部に大別される。この様な材の中に何をイメージするかは、
根付師の作りたい何かに他ならない。
bishu_blog09.jpg

久しぶりに猪を彫ってみた。表現の説明はあえてしない。
見る方々の感じ方が正しいと思う故。
bishu_blog09(4).jpg

bishu_blog09(3).jpg

bishu_blog09(1).jpg

bishu_blog09(2).jpg




  1. 2018/09/28(金) 11:18:51|
  2. 齋藤美洲(埼玉)
前のページ 次のページ