FC2ブログ

根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。
展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

美術館(展覧会)てくてく日記 第84回/「歴史を描く」山種美術館

美術館(展覧会)てくてく日記 第84回(スタッフ・木塚)

「歴史を描く」
会期:2011年1月8日(土)~2月17日(木)
会場:山種美術館-webサイト


一昨年移転した山種美術館に行って参りました。
移転後に行くのは初めてでなかなか行く機会がなかったので思い切って
行くことにしました。恵比寿駅から徒歩10分弱です。ひらすら駒沢通り
をまっすぐ進んでいきました。
110216_netsuke-blog.jpg


展示は歴史を描くと題して昨今の歴史ブームも然り、日本画らしさのある
歴史画が多く並んでいました。絵画においても歴史上の人物には熱い視線が
注がれているそうです。

まず、展示室に入って感じた事が、目に入ってくる色が鮮やかという事でした。
江戸後期~平成に至るまでの比較的最近の作品が多いために絵具の発色が
非常に良く最近の作品という事を強く感じました。

物語のひとこまを切り取り描いた作品や歴史上の人物画など、昔から描かれている
題材は変わらなくても、構図などでとても斬新な印象を受ける作品も多く
歴史上の人物や物語を本当に良く知る事によって描かれていると感じました。
根付を彫る時もテーマによってはその事柄を深く深く知る事も必要な時があります。
作家さんの力量とともに根付に対するひたむきな思いを強く感じる事がありますが
それと同じような思いを感じたような気がします。

これらの作品の100年後、もっと先をふと思い浮かべてしまいました。
美術館などで見る昔の絵画の、時がたった故の魅力がこれらの作品にも宿って
くるのかなと思うと不思議な気持ちになります。

※会期ぎりぎりに行ってしまったために展示が終わっておりましてすみません。
  1. 2011/02/18(金) 19:02:43|
  2. 美術館・展覧会情報など