FC2ブログ

根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。
展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

企画展 町田久美 ー日本画の線描

「美術館てくてく日記」第4回は、松井冬子、天明屋尚、山口晃らとともに現代日本画の一翼を担う「町田久美-日本画の線描」。彼女の故郷、高崎にある高崎タワー美術館で開催された国内美術館での初個展です(8/24日で終了)。
 この個展は通常の個展とは構成が異なっていました。まずはじめに上村松園、伊東深水、小林古径といった館蔵の近代日本画を見てから、その後に町田久美の作品を見るという二部構成になっているのです。名だたる日本画の巨匠の後に作品を見させるのですから、これは相当に勇気のいることだと思います。
 全37点の作品を通して町田が次第に自分の表現方法に自信を持ってきている様子が手にとるようにわかります。モチーフが簡素になり、線がより大胆にシンプルになってきています。「もくもくとした量感」が「さらり」と伝わる感じがダイレクトに見ている側に伝わるようになってきているのです。館蔵近代日本画を町田の作品の前に見ていたことで、この感覚がいっそう引き立ちました。なかなか面白い。日本画でも量感をこんなふうにあっさりとシンプルに提示することができるのは私にとって新たな発見でもありました。
 ここ数年で彼女の作品は一層自信がみなぎり、構図にも力強さがあってどんどん変化しているように思えます。他の現代日本画のメンバーも含めて、これから目が離せない作家のひとりだと思います。(花影抄・藤)

machidakumi.jpg

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/09/16(火) 16:16:09|
  2. 美術館・展覧会情報など