FC2ブログ

根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。
展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

■美術館(展覧会)てくてく日記 第71回 『小山登美夫 × 鈴木芳雄』+『ATLAS2010』

■美術館(展覧会)てくてく日記 第71回 (スタッフ・橋本)

blog_101030_01.jpg

「現代美術と古美術ーコレクションとアートマーケットをめぐって」

小山登美夫 × 鈴木芳雄・モデレーター:藤原えりみ
10月28日(木)17:00ー18:30 開場16:30
東京芸大取手校地 メディア棟 第1講義室


■東京芸術大学大学院・先端芸術専攻『ATLAS2010』
東京芸術大学・取手校地
AM11:00-PM17:00
入場無料
『ATLAS2010』- webサイト

10月28日(木)は午前中に、アートフェア「ULTRA003」を表参道で見た後、
永島信也さんと待ち合わせ、藝大の取手校舎に向いました。
『ATLAS2010』という展覧会と同時開催のトークイベントを聴くためです。
ギャラリストの小山登美夫さん と ブルータスの副編集長・鈴木芳雄さんの対談。
お題は、「現代美術と古美術ーコレクションとアートマーケットをめぐって」というもので、
大変興味深く面白い内容でした。
また大学の講義室で聴講者がほとんど学生さんということもあって、どことなくリラックスした雰囲気。
贅沢な時間でした。

blog_101030_02.jpg

小山さんは、最近『見た、訊いた、買った古美術』という本を新潮社から出版されています。
アンティークと現代美術(現代作家の作品)の間をどのように行き来して、
何を見て、感じて、捕らえているのか?と・・・。
そのようなお話を生で聞くことの出来るまたとないチャンスでした。

また、雑誌「ブルータス」にて、美術の流れを積極的に取り上げ紹介されてきた、
鈴木芳雄さんのお話もとても楽しく刺激を受けるものでした。
「ものごと」を編集し紹介するという仕事・作業は、多くの仕事に当てはまる事と思いました。
ギャラリーも、たくさんの作家や作品の中から、何を選び、
どのように誰に紹介していくか?ということです。

雑誌の特集は、その号で終わるけれど、ギャラリーも作家の制作もずっと続いていくこと。
そして、編集し続けることになるわけです。
なるほど!と思いはしたものの、
そう考えたことと、気づいたことと、それが上手く出来るか?とはまた別のことではあります。
  1. 2010/10/30(土) 22:50:38|
  2. 美術館・展覧会情報など