FC2ブログ

根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。
展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

作家便り「10年2・3月/安剛」

「雛道具の将棋駒」藤井安剛/作家便り2・3月

雛道具の三面と言えば、囲碁・将棋・盤双六のことだ。
平安の頃よりの、貴族のたしなみの名残であろうか、
これらの盤上遊戯は、江戸時代お姫様の婚礼道具に加えられていた。
つまり、雛道具とは婚礼道具の縮小版なのだ。
日本のミニチュア工芸の一つの流れとして、注目に値する。


私は将棋の駒が好きなので、三面を目当てに、
例年この時期に催される古雛展等には、よく足を運んだものだ。
幕末から明治の雛道具の将棋の駒には、
「安清(やすきよ)」の銘が多く見受けられる。

またしても「安清」である・・・。


幸田露伴は「将棋雑話」の中で、「安清」を金龍、真龍に続く
三番手の駒師として評価しているが、私はどうも納得がいかない。
露伴は「安清」の幅広い芸風の一部しか見ていないように思う。

blog_100228.jpg
「安清」銘、雛道具の将棋駒と、山内家伝来「安清」銘、普通サイズ玉将駒
  1. 2010/02/28(日) 20:07:02|
  2. 藤井安剛(東京/東村山)