FC2ブログ

根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。
展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

美術館(展覧会)てくてく日記第23回「アーティスト・ファイル2009 -現代の作家たち」

 アートフェア東京2009、まぼろしの薩摩切子に続けて、国立新美術館にも足を運びました。けやきに無数の円盤を設置した平川滋子の作品に出迎えられて二階の会場に。てくてく日記第23回は「アーティスト・ファイル2009 -現代の作家たち」です。
 この展覧会は国立新美術館の学芸員が注目した作家を取り上げ、それぞれを個展形式で紹介しています。下記に出展作家をあげましたが、今回は9名の参加でした。年齢が30代から50代とちょっと高めです。できればこういう試みは30代までの作家のみを取り上げて欲しいと思います。
 国立新美術館は美術館自体として作品を持たないというポリシーです。ですので、美術館としての使命として、どのように情報を収集し系統立てて保存していくかということが一層重要になってくると思われます。国立新美術館では、『展覧会に参加した作家の資料を将来にわたりアーカイブ化し、広く社会に提供していくことも構想しています。つまり「アーティスト・ファイル」展は、当館が日本のアートセンターとしての役割を果たす大切な事業であり、我々スタッフの視点や活動の真価が問われる展覧会として、総力を挙げて取り組んでいきたいと思っています。』ということを表明しています。今回が第2回目ですが、特に日本の現代アートのアーカイブ化にどれくらい予算を組み込むことができるのかは要注目ポイントです。
 花影抄においても、取り扱い作品のデジタルアーカイブ化を視野に入れています。今から100年後に誰かがふと「21世紀はじめの根付や帯留めはどんなものだったろう」と思い、その誰かが、21世紀はじめに根津に存在した根付や帯留がどんなものであったかを、確実に発見できるようにしたいと思っているのです。(花影抄・藤)

会期、会場等はこちらをごらんください。※国立新美術館webサイト

出品者紹介
 ペーター・ボーゲルス
 平川滋子
 石川直樹
 金田実生
 宮永愛子
 村井進吾
 大平實
 齋藤芽生
 津上みゆき

Artist File 2009 The NACT Annual Show of Contemporary Art
March 4 - May 6, 2009

Artists
Peter BOGERS
HIRAKAWA Shigeko
ISHIKAWA Naoki
KANEDA Mio
MIYANAGA Aiko
MURAI Shingo
OHIRA Minoru
SAITO Meo
TSUGAMI Miyuki


アーティスト・ファイル2009

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/04/13(月) 18:37:30|
  2. 美術館・展覧会情報など