FC2ブログ

根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。
展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

作家便り「19年7月 /至水(北海道)」

至水です

2019年7月末、毎夏友人と二人参加しておりますワンダーフェスティバルですが、
今回はGallery花影抄を我々の卓へ巻き込んでの出店参加となりました。

先ずは会場へお越しいただいたお客様、ブースに足を止めていただいたお客様方、
誠にありがとうございました。
そして快く賛同してくださいましたGalleryと出店参加いただきました作家の方々、
イレギュラーな出店準備作業をさせてしまいましたGalleryスタッフの皆様に
心より御礼申し上げます、ありがとうございました。

そもそもの発端は、今年はGalleryが出店申し込み受付期間中の
エントリーに間に合わず不参加になったとお聞きしており、
であれば私達の出店スペースに余裕がありますので、
間借り出店しませんか?とお声がけさせて頂いたのが始まりです。
イレギュラーな出店でもあり、どうせならばと、
昨年好評を博した妖怪グループ展「勿怪の幸い」を、
ワンダーフェスティバルと言う舞台で、極々小規模の「勿怪の幸いプチ」的な扱いで
実現出来ないものかと御提案させて頂きました。

ワンダーフェスティバルの会場で、客層で、
現代根付が売れるのか?という声も耳にします、意義は?と。

至水は2013年夏のワンダーフェスティバルから参加して
途中一度出店しない年があっての今年で6度目の出店になります。
初回はレジン製の根付を製作しましたが、二度目の出店から
いつも通りの至水の「根付」を彫刻しワンダーフェスティバルへ出店しています。
それを続けている理由は一貫して「ワンダーフェスティバルの会場には
未来の根付ファンになり得る人達が絶対にいる」を信じて疑わないからです、
自分がそうだったから。
その方達にフルサイズの現代根付を提示したい、見て触れて実感して頂きたい、
そして何年か後にでもGallery花影抄の誰かしらの個展に来られたお客様が
「あの年ワンダーフェスティバルで初めて知った現代根付を
とうとう買いに来ちゃいました」と、こんな話は夢物語なのでしょうか。

今回は本当に無理なお願いでGalleryを巻き込み
所属作家の方々を振り回してしまったと、今になって心苦しさの方が
勝っているというのが正直なところですが、今回のような形で
ワンダーフェスティバルを経験された皆様がこの後どう展開されて行くのか、
御覧頂けたお客様はどう感じられたのか、
結果が見えるのはまだまだ先の事かもしれません。

あの時花影抄のブースに来られ熱心に解説を聞いて頂いたあなたと
再びGalleryでお会いする日を想いつつ、至水はワンフェス出店し続けます。

また来年も幕張メッセでお会いしましょう!

ありがとうございました。

shisui_blog1907(1).jpg


  1. 2019/07/30(火) 18:13:57|
  2. 至水(北海道)