FC2ブログ

根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。
展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

作家便り2019年5月/「老根付師 徒然草 皐月」 齋藤美洲(埼玉)

久しぶりにブログを書き始めて、気が付いた。今日(4/28)は、私が生まれた日。
無頼的な生活をしながらよくぞ・・・と思う。来年は「喜寿」なんて信じ難い。

掌の上で、古い友人より貰い受けた無患子(むくろじ)の実に見入る。
bishu_blog05.jpg

不思議な実で、種は羽子突きの羽の先に使うとか。外皮は堅く、艶のある美しい半透明で、
時を経ると色が濃くなる。果実は無く、黒い種子が独立してあり、振るとカラカラと鳴る。
本日なればこそ故にか、無患子の不思議な面白さは、いつの間にか感動した作品に
出会った時の様に完全に感情が移入された、私のオブジェとなった。色合いと形を愛で、
耳元でそのおとないを聞く時に、遠い昔が偲ばれる。過去は還らない。無数の思い出たちが、
何故にか、種子に入り込み、凝縮されて、私の心の核になった様な想いがして、
暫し己が来し方に浸らせてくれた無患子の実。
老根付師 誕生日のセンチメンタル。
啊啊 。

ここ数ヶ月、古典根付のオマージュと、私が如何に理解しているかを命題にして、
自身を修業時代に還して仕事場にいる。

オマージュであって、コピーにならない仕事は、少々難しく感じられる。
根付美を探る為の勉強と言い聞かせ、居直れば、次第に楽しくなってくる。
評価を目的としていないため、出来不出来は別にして限度無く時は流れるが、
これもわが非才と苦笑する。ここに来て、三つの確信を得た。

 造形
「居合の勝負は鞘の内にあり」との言があるが、材料をカッティングする前に
作家の脳内にある完成図如何によって作品価値が決まる、と同義ということだ。
勿論、参考作品も見、デッサンもして、脳内に完成図があってこそ、
創り始めるのであろうが、その良否を評価するのは自身であるゆえ難しい。
造形の最中、「ああすれば」「こうすれば」と迷うのは、完成図が未完ゆえにだろう。
荒彫りの初めの段階で、全体的なムーブメントが出せない事も、自戒する。

 ヤスリ作業
工具を使用して、荒彫りの後、小刀で仕上彫りに移る作家が多く見受けられるが、
これでは根付の持つべき機能美は出せない。多少荒彫りの形が失われても、
全体のフォルムと、頭から背骨、尾先までのラインを確認するのが目的だから。
(動物の場合。人物なら頭から足先まで。)
多少、工具で出した形が失せても、残った固まりの内に正解がある。

 小刀作業
昭和末期まで、根付業界では、荒彫りと仕上彫りは分業が多かった。分けた理由は、
造形と仕上技術は別の才能が必要である故に、得意分野の職人の合作にして作品価値を上げた。
現代根付は一作が求められる故に、造形と技術の研鑽が必要になる。
面白い造形なのに技術不足のため、ランクが下げられる例が多いのは勿体ない。

 小刀作業は、三つの段階に分かれる。
①丸い先の大き目の小刀で、工具、ヤスリのキズを取りながら、全体のフォルムと各部を確認し、
顔、手、足を決めた彫りは入れないで、あくまでも全体のバランスを考える。
②プロポーションを納得してから細部を決める彫りを入れる。私の場合、頭と顔は最後に彫る。
全体が決まって、頭部の傾きを決定する。
③ここでペーパーで磨きに入りたいところであるが、小刀で磨き彫りをする。古典の名品を見ると解る。
仕上げたい気持ちを抑え、僅かな小刀キズや面の歪みを訂正していくと、
より細部の彫り不足を発見し気になってくる。この作業に面白さを感じてくると、時間は度外視され、
より良き完成のみが作家の期待となる。目に止まる他作品を見ると、作家が如何に己の作品を愛し、
「良くなれョ」と小刀を走らせたかを感じるのは、この作業から出るのでは?
又、これは古典に見られる「根付らしさ」につながるのでは、と思われる。
面白さに夢中になっていながら「落とし穴」に気をつける。「やり過ぎ」である。余計な細部を彫り過ぎ、
全体を壊すことも心すべきことだ。

bishu_blog05(2).jpg

bishu_blog05(3).jpg

bishu_blog05(4).jpg

bishu_blog05(5).jpg

百回話ではあるが、雅俊先生唯一の教えの言葉、「納得するまでやることデスョ」を
座右の銘にして、修業心を持って今日に至るが、「お前の才能はこのくらい?」と
言われている様で・・・。居直るしかないが・・・五月病は恐い。

bishu_blog05(6).jpg
(現在取組中の作品)



  1. 2019/05/11(土) 15:02:44|
  2. 齋藤美洲(埼玉)