FC2ブログ

根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。
展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

作家便り 「2018年11月/かわさきみなみ(千葉)」

こんにちは。かわさきみなみです。
11月8日から、京都の大雅堂さんにて「± 複号の彫刻家たち展 vol.2」が始まりました。
関西での展示は、今回が初めてです。お近くにお住いの方や、京都へお出かけの
予定のある方は、ぜひ展示へ足を運んで頂けたら嬉しいです。

1階と2階に展示室があり、1階は小作品、2階は大きい作品を展示しています。
1階の方は白い壁なので柔らかい印象の展示に…
kawasaki_blog_1811(5).jpgkawasaki_blog_1811(4).jpg

2階の方は黒い壁で緊張感と迫力のある展示になっています。
kawasaki_blog_1811.jpg

kawasaki_blog_1811(2).jpgkawasaki_blog_1811(3).jpg

密度の高い作品が集まって、とても見応えのある展示ができました。

この展示では、「複号」と「彫刻」をキーワードに様々な素材を使って作品を制作
している作家が集められています。木、真鍮、漆、陶、羊毛。
参加作家ひとりひとりが、その素材だからこそできる表現で作品を制作していて、
立体表現の面白さと、素材の面白さの両方を感じることができる展示だと思いました。

複号展は、「彫刻」「工芸」という元々あるジャンル分けからこぼれがちな造形、表現を
している作家に焦点をあてて紹介することで、彫刻の新しい可能性を示すことを目的
としています。

私は今回複号展に参加して、参加作家の皆さんと一緒に作り上げた展示を見て、彫刻、
立体表現の面白さを改めて感じることができました。
そして、立体表現に限らず、平面でも何でも、ジャンル分けに変にこだわらずに作品を
作ることができる、また発表することができるような環境がもっと広まっていってほしい、
そのためには自分が良いと思う表現をたくさん示して、ものづくりの世界を自ら盛り上げ
ていくことが大事なんだと、意識させられる機会となりました。

今回の複号展の展示期間はあと残り一週間です。ぜひ多くの方に見ていただいて、彫刻
の可能性を感じて頂きたいです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

kawasaki_blog_1811(6).jpg
  1. 2018/11/13(火) 21:40:37|
  2. かわさきみなみ(千葉)