FC2ブログ

根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。
展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

作家便り「2018年9月/齋藤美洲(埼玉)」

老根付師 徒然草
  
本日、秋の彼岸に入る。ようやく酷暑も去り、暑さ嫌いの身にとって自分が取り戻せそうだ。
空の高さの清々しさに、明日を期待。

勿怪の幸い展
花影抄の作家の集う展示は面白かった。同一のお題に各自自分の表現をもって、
他者と比較する機会は少ないし、大切なことだ。普段は孤独に彫刻し、自分の世界にいるが、
他者の作品にじかに接することで自分の思考を客観視出来る。発想、技量も比較によって
自分の地位のランク付けが出来、向上への糧になる。

初期の根付研究会風景を思い起こさせた。経験の序列を排しての作品互評は全員の
利益になった。隔月の例会が十五年も続いたことも懐かしい。今回のオープニングの懇談で
昔の雰囲気を感じ、作家のために次回を期待する。

後生畏るべし
後生とは、後輩の意。後輩は努力によっていずれ自分を超えるのだから、畏敬しても侮ってはいけない。
早く作家の皆さん、私を越えてほしい。今回は私も多くを得た故に。
早めに退出する時の私の言葉であるが、最後に麒麟も老いれば駄馬にも劣るとも加えた。

私の彫刻の原点
佐野藍さんの週末在廊の展示を観た。両手で抱えて見られる大きさで、
根付同様の鑑賞が出来て、親しみを持って楽しんだ。
佐野さんの言うには、無地の材には自分の造形を主張して表現し、模様のある材には
その面白さを見せるべく形づくると。
自然素材そのものをオブジェとして、その抽象形に感情移入させたイメージを具現化した
作品には、橋本平八の“牛”等のオブジェ作品に通ずるものがあると感じた。
加えて橋本平八は伊勢根付師の出身である事を思うと、鹿角等自然形を生かす素材に
対しての私の彫刻原点との共通性も感じさせてくれた。

鹿角
前記したが、鹿角等素材に自由表現出来ないものには、素材自体の形をオブジェとし、
感情移入させた表現を例にとる。

鹿角は幹と枝部に大別される。この様な材の中に何をイメージするかは、
根付師の作りたい何かに他ならない。
bishu_blog09.jpg

久しぶりに猪を彫ってみた。表現の説明はあえてしない。
見る方々の感じ方が正しいと思う故。
bishu_blog09(4).jpg

bishu_blog09(3).jpg

bishu_blog09(1).jpg

bishu_blog09(2).jpg




  1. 2018/09/28(金) 11:18:51|
  2. 齋藤美洲(埼玉)