根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

作家便り 「2018年2月/かぶ (東京)」 

ご無沙汰しております。かぶです。
久しぶりの作家便りとなります。

先月の事になりますが「愉しむ 和こもの展」に参加致しまして
根付二点と和装小物を数点を出品しました。
その根付のうちの一点について。

題名「寒中丑紅」
先年の事になりますが、伊勢半本店紅ミュージアムという
江戸時代から続く紅を扱っているお店での「近代香粧品なぞらえ博覧会」
という昔の化粧品パッケージの展示を見て来ました。
江戸時代の化粧水は徳利を小さくしたような陶器製の器に入れて売られていて
素材は違えど、江戸時代の人も同じように美容に気を使って
工夫していたのだな〜と思いました。
「近代香粧品なぞらえ博覧会」は企画展でしたが
「寒中丑紅」については伊勢半本店紅ミュージアムの常設展で展示されていて
その丑がとても根付的に見え、作りたくなりました。

かぶ「寒中丑紅」は、webサイトでご覧いただけます。

江戸時代の暦で寒の時期に作られた紅は発色が良いとされ
この時期に紅を求める女性が紅屋に並んだとの事。
浮世絵で赤い幟のある店が描かれたりしているのですが、それは紅屋の印だそうです。
その時期、紅の購入金額などにより色々な丑の置物が配られていて
その丑の置物の下に座布団を敷いて神棚に供えて拝むと
その年一年は着る物に不自由しない、と言われ人気を集め
江戸の風物詩として「寒中丑紅」と呼ばれていたそうです。
(伊勢半本店紅ミュージアムの記述を参考にしています。)

今回、この根付にはお手製の座布団を付けました。
使っていない間は、ぜひ座布団の乗せて飾って頂ければと思います。

風物詩と言えばこの間、浅草寺節分会に行って来ました。
節分と言えば豆まきですが、その時期、花街では“お化け"と呼ばれる行事があり
芸者さんや幇間(太鼓持ち)さんが思い思いの仮装をしてお座敷を盛り上げるそうです。
浅草寺節分会では、芸者さんや幇間さんもその仮装の衣装で豆まきをしてくれます。
昔から続く風物詩の一端を覗く事が出来、後ろの方で豆が取れなかった私にも
豆を配って頂けて、久しぶりに節分のお豆を食べたのでした。

20180203170731_p.jpg
  1. 2018/02/10(土) 21:30:44|
  2. かぶ(東京)