根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

作家便り/ 「2017年9月/至水(北海道)」 〜ワンフェスのこと〜

「ワンフェスのこと」

何故に工芸系のGalleryがワンフェスに参加するのか?しかもディーラーとして!?

先月の花影抄Galleryスタッフによるブログ記事でなんとなく、今の時点での参加理由というか目的というか、「現代の置物としてのフィギュア」という見立て、その辺りが語られていましたね。

根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog
「2017年7月30日(日) ワンダーフェスティバル夏に参加しました」
http://hanakagesho.blog17.fc2.com/blog-entry-1926.html


現在では工芸のなかでも「置物」というジャンルは取り扱いの難しい、売りずらい、売れない(涙)工芸品となっているようで、床の間文化も消えつつある昨今、ただただ飾って「置く」「物」としての「置物」の存在理由は失われ、需要も加速度的に縮小していくのでしょう。

存在理由の消失という点では根付も同じ歴史を辿って来たのではないでしょうか。
明治以降、和装から洋装への移行が進むと、必然的に提物を携行するにも帯に提げる必要が無くなってきます、つまり提物の留め具「根付」の需要も無くなると・・・これって根付職人存亡の危機ですよね。

一方明治6年に開催されたウィーン万博で日本が出展した象牙彫刻作品は、欧米で高評価を受けた事により象牙工芸品の輸出が増加、当時の根付職人達は根付彫刻のスキルを投入した欧米輸出向けの象牙彫刻作品「置物」の制作に移行していったと・・・

工芸品は基本的に「道具」です。
根付は「提物を提げる為の留め具としての道具」であり、置物は「床の間を飾る為の道具」、その最盛期から150年以上経ち、どちらも時代の変化と共に「道具」としての存在理由を失い消えて行く物・・・・・

ん?消えて行く?って、いやいや消えてないじゃない!?

根付に関しては昭和の根付師様先人達の努力と使命感により、「根付」は「現代根付」として再定義され、道具として製作されたアンティーク根付とはまた別の、美術工芸品としての側面を更にブラッシュアップしながら製作され続けて来たじゃないですか!

では現代の「置物」は・・・?

そこでGalleryの見立て、「フィギュア」を「現代の置物」として見れば、「現代根付」は「現代の根付」でしょう。

現代の根付「現代根付」の製作を生業とする現代の根付師「根付作家」が 現代の置物「フィギュア」を製作する・・・
根付職人存亡の危機という切羽詰まった悲壮感漂う背景は全く無いけれど、当時の「根付彫刻から象牙彫刻の置物へ」が、ワンダーフェスティバルという場で重なって見えたというミラクル。

実は「置物」も「フィギュア」という形で今も巨大な需要を生み続けているのだ!って見ると面白くないですか?

当然の事ながらワンダーフェスティバルにディーラー参加している根付師根付作家達の考え方や思惑はそれぞれ違うものだとは思います。
それでも「現代の置物としてのフィギュア」という見立てから、Gallery花影抄が仕掛ける企みにより、立体のサブカル「フィギュア」の祭典ワンダーフェスティバルという強大な力場に「根付作家」をぽつりと滴らせ現れた小さな「工芸」の滲みはじわりじわりと浸潤していくのかな、とか妄想したりして。

来年夏の仕掛けが今から楽しみな至水です。


画像1「BEELZEBUB」

素材は鹿角で工芸な現代の置物としてのフィギュア
で、意匠は至水の妄想ベルゼバブ!
カオスだわー(笑)

  1. 2017/09/11(月) 23:30:14|
  2. 至水(北海道)