根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

作家便り 「2016年4月/かわさきみなみ(千葉)」

こんにちは。かわさきみなみです。

青山スパイラルでの個展「子犬時間」は無事に会期を終了しました。
ご来場下さいましたみなさま、ありがとうございました。

今回の展示では、スパイラルの建物の特徴でもあるスロープのある広い空間を使って
インスタレーションに挑戦するなど、初めてすることもあって展示の準備期間から搬入まで
不安も大きかったのですが、なんとか形にすることができました。
この場所ではどんなことが出来るのか、どうすれば空間全体を演出することができるのか
考えて展示を作るということはとても難しいことでしたが、貴重な経験となりました。

kawasaki_blog04_2.jpg

インスタレーションの展示にはこんな言葉を添えていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どんどん流れていく時間を、どう受け止めるのがいいのかと思っている。

そんなことをいちいち気にしてしまうけれど、
うちにもいる、犬はそんなことは気にしないらしい。
過去をくよくよ思い返したりしないし、
未来を想像して不安になったりもしない。
今が楽しいとか、さみしいとか、そんなふうに時間を感じているらしい。
今以外のことをくよくよ考えがちな私は、それはいいな、と思った。
色々な経験をしてきた大人の犬でもそうなら、まだ経験したことのないことが
たくさんある子犬なんて、もっと今を新鮮に感じているんじゃないか。
私は子犬の作品をつくることで、子犬みたいな感覚で今起きていることを
とらえられるようになってみたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これはインスタレーションの展示のイメージでもあり、
私が普段よく思うことでもありました。
展示と合わせて見るこの言葉にも、思っていた以上に反応があり驚きました。
共感したという声だったり、大人になって今は薄れてしまった感覚のことを
思い出したという声もありました。そんなふうに展示を見ながら
色々な思いを巡らせてもらえたのだと思うと、とても嬉しかったです。

kawasaki_blog04_3.jpg

毎年こうして色々な展示の機会を頂いて、作品を発表することができるのも、みなさまの支えが
あってこそだと、展示が終わり、搬出も済んでの帰り道で展示のことを思い返していて改めて思いました。
いつも助けて下さるみなさま、応援して下さるみなさま、本当に本当にありがとうございます!

これからも、みなさまに楽しんで頂ける作品を発表していけるよう、どんどんつくり続けていきたいです。
7月の個展では、今回の展示で発表した新作の大きな子犬を中心に、また新しい形で展示をできたらと
考えています。今後とも、どうぞよろしくお願いします!

追伸
最後の2日間での公開制作で作った子犬はこんな顔になりました。
koinu.jpg

かわいい顔にできたので、もう少し手を加えてちゃんと形にしてあげようかと思っています。
次にお見せする時にはどんな姿になっているでしょうか?

お楽しみに♪

kawasaki_blog04_1.jpg
今はもうない空間で、子犬と一緒に。

  1. 2016/04/20(水) 19:48:03|
  2. かわさきみなみ(千葉)