根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

作家便り 「2016年2月/かわさきみなみ(千葉)」

こんにちは。かわさきみなみです。

年が明けてからあまり調子が良くなくて困っていたのですが、とにかく手を
動かさなきゃと先月羊毛作品と紙粘土の習作を作りました。
作ってみたら、ようやく調子が戻ってきました…。

minami_16_2blog.jpgminami_16_2 blog
「チューニング」 と 「調節」


作品名は、羊毛の方が「チューニング」、習作の方が「調節」です。
どちらも整えるようなイメージの言葉になりました。

image m-16-2
以前描いたこの絵を、羊毛で作ってみようとふと思いついて作ってみました。

「チューニング」は作っている時に浮かんできた言葉でした。
この子は何か楽しそうなものを見つけて、これからそれを味わうことをワクワク楽しみに
しているところです。頭の上の丸い物が、”楽しそうなもの”です。
アート作品でも、小説や音楽でも、その触れようとしている作品の温度に自分の感覚を
合わせていく感じってありますよね。

楽しみなものを頭の上で転がしてみながら、自分の感覚を合わせて…
そうして合わせることで、ぐっとその作品の世界観に入っていくことができる。
そんなイメージから、「チューニング」という言葉を当てはめてみました。

もうひとつの習作の方は、「調節」です。まっすぐ上を向いている子犬のイメージは、
去年の暮れからずっと頭の中にあったものでした。作って形にしてみるうちに見えてきたのは、
この子は何か自分を整えているような感じがする、ということでそこから「調節」という言葉に
繋がっていきました。

でもちょっと「チューニング」の方とは調節の感覚が違うところがあって、
この子はまだ”楽しそうなもの”をまっすぐに上を向いて探しているところなのです。
探しながら、新しいものを取り込めるように、自分自身を調節しています。

この子達を作って私も調子を取り戻して、今また新しい子犬を制作中です!

image2 m-16-2
image3 m-16-2


※かわさきみなみ作品はこちらでもご覧になれます!
  1. 2016/02/23(火) 13:00:00|
  2. かわさきみなみ(千葉)