根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

作家便り「16年2月/泉水(東京) 」

6月の個展の題材探しに、片手に図録、片手にスマホでぽちりぽちりと広重の名所江戸百景巡り
をしています。先日は夜の虎ノ門界隈を。

113景 「虎ノ門外あふひ坂」あふひ坂と読んで、「逢う日坂」だと思い込み、素敵に妄想していた
江戸の情景は、現地へ行って、激しく往来する車の騒音と特許庁の冷たいビルに一掃されて
しまいました。描かれている濠は埋め立てられ、多少の勾配はあるものの、坂らしい景色はなく、
夜空に描かれたお星さまとお月様はビル群の窓明かりと車のヘッドライトに取って変わられていた
のでした。それもまた、キレイではあるのだけれど。。。
20100605075157aaf.jpg_20160219_215012.jpg


少し南に行って112景「愛宕下藪小路」描かれているのは雪景色のお屋敷、真福寺山門、桜川。
真福寺の赤い山門は見当たらず、今はビルのお寺になっています。桜川もお屋敷も今はありません。
素敵な佇まいのお蕎麦やさんがあったので、「藪そば」?!とおもいきや、違っていてなんとなくしょんぼり。。。
20110204221326d6d.jpg


さらに南へ下りて、この日の最終目的地、愛宕神社到着。21景「芝愛宕山」。描かれているのは
愛宕神社ではもう行われていない、強飯式の神事(毘沙門の使いが山盛りの飯を食べろと強いる
儀式)ですが、赤い楼門と、景色こそ変われど江戸(東京)の町並みが見渡せる事は変わっていません。
男坂と呼ばれる急な階段も、その脇の銀杏の樹も、町の変貌の歴史を見てきたのだろうな。と、
東京タワーがよく見える境内でしみじみと感じたのでした。
puffer-102.jpg_20160219_215231.jpg

ところで後から知ったのですが、「あふひ」は「葵」のことでした(笑)。
やっぱり三つ葉葵と関係があるのかしら?

泉水
  1. 2016/02/20(土) 16:00:08|
  2. 泉水/北澤いずみ(東京)