FC2ブログ

根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。
展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

あ,銀座にワニがいる!

 「美術館てくてく日記」第6回。
 ソニービルとメゾン・エルメスの間の細い裏通りに歩みを進め(芦原義信とレンゾ・ピアノの建築の間を通るなんて何と贅沢な!),メゾン・エルメス1Fにあるヴァンキャトルセゾンに視線を向けると,壁になんか不思議な物体が.メゾン・エルメスに入るのは未だに慣れず非常に緊張するので,近づいてドア越しにのぞき込んでよく見ると何とそれはワニ! 体長は1メートル50センチというところでしょうか.エルメスってこんな不思議なディスプレイするのかと思って帰ろうとしたら,店員さんにドアを引かれ,入らざるを得ない状態になりました.ま,まずいな,買うものなんてないしなあどうしよう?とまごついていたら,店員さんが,こちらは東京大学の博物館のものなのです.こちらで展示しているのですよ,とのこと.へえ,面白いなあ,東京大学とエルメスのコラボレーションかと思い,勇気をだしてエルメスの敷居をまたいだらそれは今まで見たことのないラビリンスワールド.ワニの他にも剥製や何の動物の頭蓋骨かわからないものが展示されていました.すごく面白い!エルメスと標本のコラボレーション!標本が展示会場を代えるだけでまた違った魅力がでてくるとは全然夢にも思わなかったです.
 11月24日までこの不思議な展示,「驚異の小部屋」展がメゾン・エルメスで開かれています.エルメスと東京大学というと異色のコラボレーションのように感じますが,美と富の象徴であるファッションブランドと,知と歴史の象徴である大学博物館ですから,ともに権力の象徴としての側面をもつわけで,そういった意味では意外に相性がいいのかもしれません.また,学術標本のもつ自然の形態と,エルメスがつくりあげた人工の形態がどのように相補うかという観点からみても非常に面白い試みであると思います.是非,びびらずに足を運ばれてはいかがでしょうか(花影抄・藤)

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/10/29(水) 18:49:33|
  2. 美術館・展覧会情報など