根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

かわさきみなみ展「コトバになるまで」 始まりました。

21日(土)より、ギャラリースペースでは、かわさきみなみ展が始まりました。
初日と、2日目はお天気がいまいちの中、足をお運びくださいましたお客様にはお礼申し上げます。

今回、去年までと違い黒い色が作品に加わってきたのですが、
その黒い色が出てきたいきさつをかわさきさんが話してくださいました。
ギャラリーへこの黒い犬たちに会いに来てくだされば幸いです。

DSC_3633.jpg

黒い体に白い模様のついた犬を暗い空間に入れてみると、黒い体の輪郭が暗闇に溶け込み
白い模様だけが暗い中に浮かび上がるように見えます。
その形に面白さを感じて、いくつかドローイングを描いていましたが、あることがきっかけで、
その白い模様は心の中の形なのではないかという考えが生まれました。

インフルエンザにかかり高熱が出て寝込んでいたときのことです。
夜中に目が覚めてしまい、眠れないけれど頭痛がひどくてなにもできなかったとき、
暗い部屋で微かに見えるもの、カーテンの隙間から入った光が 壁に当たってできる形や、
少し開いているドアがつくる影の形などを探してみることで気を紛らわしていました。
暗く、音もない部屋でぼんやりと見える形をじっと眺めていると、自分の部屋ではない
どこか広い場所にいるような感じがして、私の知らない、部屋の中のもうひとつの姿を
見たような気がしました。

この感覚は、黒い体に白い模様が浮かび上がる白黒模様の犬達のイメージと繋がると
熱で頭がぼうっとしながらもそう思いました。

犬の形をしているはずなのにその中に別の形が見えてくるその様子は、
目に見えている姿の中に見えない別の形が潜んでいるようです。

黒い犬に浮かび上がる白い模様は、私達生き物の体の奥に隠れている、
心の形を現しているようだと感じています。

かわさきみなみ

kawasakiminami_yukitsuku.jpg



  1. 2014/06/22(日) 20:03:27|
  2. 作家