根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

作家便り「14年1月 (1) /紫苑(伊勢)」

紫苑です、今年も宜しくお願い致します。

昔から正月に注連縄を玄関先に飾りますよね?(最近はしない家もありますけど。)
伊勢では一年中飾ったままにするのですが、(伊勢市辺りのみで松阪市はしないらしいです)
注連縄を作る父が亡くなったので買って来ました。

画像0022
「笑門」の札…。う~ん…なんか落ち着かない、違和感がある…。
以前、父が作ってた注連縄には、「蘇民将来子孫之家」脇には、七難即滅、七福即生。
裏には、安倍清明の印のセーマンと蘆屋道満の印ドーマンを書き、「急急如律令」と書く、
此れがウチの家の注連縄でした。
画像0028 画像0040 

伊勢形の注連縄は、この形が古くから伝わる形なので、やはり「笑門」には馴染めないみたい…。

それにしても、セーマン、ドーマンに急急如律令って、明らかに陰陽道の流れの物ですよね~。
「蘇民将来子孫之家」もスサノオノミコトの神話が元になってるし…
来年はやはり「蘇民将来子孫之家」の札にしょうと思いました。
やはり伊勢の血が流れているのだと感じた正月でした。
  1. 2014/01/26(日) 12:15:25|
  2. 作家