根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

作家便り「13年9月/かぶ(東京)」

「銀座おとな塾」という所で
『清水三年坂美術館コレクションを味わう 帯留めなどアクセサリー』
というレクチャーを受けてきました。

清水三年坂美術館の館長さんが講師をされて幕末・明治の貴重な作品を見せていただきました。

1_20130929205135163.jpg

2_2013092920513867f.jpg

3.jpg
まず、ブレスレットです。
見づらい写真で申し訳ないのですが、細かな象嵌がわかりますでしょうか?
なんとも手間がかかる作業!

4.jpg
こちらはかわいい柏餅と鶉のカフス。

5_20131004114709433.jpg
懐中時計の装飾。根付でも定番の木賊に兎と、とても繊細な表現の鹿。

5.jpg
珊瑚の帯留めです。
白珊瑚の帯留めの菊のちょうど真ん中に、うっすらとピンク色が入っています。
赤い方は鳳凰。

6.jpg
金工の帯留めです。緋銅の作品はアンティークでは良く見ます。
と思ったら、現在展示中の「金属工芸の作家による根付の展覧会」にて、
罠兎さんが猫の首輪に緋銅を使っていらっしゃいました。

レクチャーは一時間半でしたが、それでは物足りないくらいで
みなさん、名残惜しそうに作品を見ていらっしゃいました。
今回は金工作品を多く見させて頂いたのですが、触れて間近で見て分かる
金工表現のすばらしさを堪能したひとときでした。


※そんなアンティークの金工に感動したかぶさんのコーナーはこちら
  1. 2013/09/30(月) 12:00:00|
  2. かぶ(東京)