根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

作家便り「13年5月/中梶真武(神奈川)」

「ラリック美術館」

ブログ、ご無沙汰しています。
五月も後半になり暖かく、過ごしやすくなってきましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか。

僕は先日、少し遠出をして箱根ラリック美術館に行ってきました。
ラリックはアールヌーボー、アールデコ時代を代表する作家でジュエリーからガラスに転身し、そのどちらでも活躍した人です。

blog13052101.jpg

こちらの美術館には今まで何度か行っているのですが、その時々の自分の作っているものや考えてる事によって気づける事が変わり、毎回新鮮な気分で観ることが出来ています。今までは技法的な部分に目が行きがちでしたが、今回は全体のまとめ方であったり、動植物をデザイン化しつつも鑑賞者がそれとわかるように表現するラリックの凄さに改めて気づかされました。
そして、おそらく日本美術の影響も受けているであろうデフォルメの感覚などもとても参考になります。

ラリックは、いわゆるジュエリーに使われる貴金属や価値の高い宝石だけでなく象牙や鼈甲、獣骨などを使った作品も残しています。
僕が学生時代からラリックに受けた影響は大きく、様々な素材を使ってジュエリーを作っていた事が今、根付を制作している事に繋がっていると思います。
まだまだ未熟で足元にも辿り着けていないかもしれませんが影響を受けた先人に負けないような作品を作り出していけるよう頑張ります!

ラリックで脳みそを一杯にした後は、箱根湯元で甘い物など食べ歩いて帰りはお腹がパンパンになってしまった中梶でした。

※「根津の根付屋」中梶真武のページはこちら!
  1. 2013/05/21(火) 18:11:54|
  2. 中梶真武(神奈川)