根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

作家便り「13年3月/森謙次(高知)」

高知も桜が咲いたとと思ったら強い風と雨で 花が散ってしまい
あっというまに見ごろが終わってしまいました。
僕の体重はあっというまに落ちたわけではありませんが、
昨年12月より5キロ減りました。
ズボンが少しずつですが緩くなっていくのは嬉しいです!


blog130329.jpg


さて、いきなり話は、珊瑚について。
一口に珊瑚と言っても色々ありますが、
宝石珊瑚はおおまかに分類すると3種類(珊瑚業界で出回っているものですが)です。

赤珊瑚(異論があるかもしれませんが、ここでは桃珊瑚も赤としておきます。)、
白珊瑚、黒珊瑚の3種類です。
おもに赤珊瑚と白珊瑚がほとんどを占めています。
ただ赤珊瑚でも白珊瑚でも細かく見ていくと違いがあります。

上の画像の向かって左側のごつごつした白珊瑚は、
中心が濃いベージュ色をしていて彫物をすると陰影が良く出て
仏像とか(僕は根付に使いますが)に使用されます。
画像のは、だいたい500〜700年ぐらいのものでかなり貴重です。
珊瑚の原木市でも、もう出てきていません。
ちなみに宝石珊瑚は標準的な大人の小指ぐらいの大きさに成長するのに、
約120年かかるといわれてます。

真ん中の白珊瑚は、桃色の皮がついていますが白です。(桃の皮は手でも落とすことが出来ます)
彫りものよりもアクセサリーやジュエリーに向いてます。
左の珊瑚に比べて熱に弱く、削るとき慎重にしないと摩擦熱でヒビがはいります。

あくまでも僕の個人的な感想ですが、左側が物凄く固い粘土で、真ん中のがガラスみたいな感じです。

そして右側の珊瑚が桃珊瑚です。
かなりの大きさで1000年以上はあると思います。
高知沖でとれたものです。
彫物に適していて、削っていて楽しいです。
赤珊瑚は桃珊瑚より濃い赤色をしていてガラス質のような感じです。
(血赤珊瑚、普通の赤珊瑚等、また今度画像をアップしまーす!)
こちらはジュエリーに使われます。

以前、デパートで珊瑚の実演をしていた時に、
お客様に「珊瑚を削っていて珊瑚の粉を吸い込んで塵肺とかにならないんですか?」
とよく聞かれたのですが、なりません。
珊瑚は主にカルシウムでできているので、肺の中で溶けます。
逆に健康になっていると思います(^0^)b

指を切ったときなんか珊瑚の粉を傷口に塗っていました(^^)


そこで今月の根付川柳


印籠に 外にも中にも 珊瑚いれ

蒔絵の印籠で珊瑚を嵌めているものをみますが
珊瑚の粉を薬替わりにいれると
珊瑚尽しになるのではないかというアイデアの川柳でした!!
  1. 2013/03/29(金) 20:03:50|
  2. 森謙次(高知)