FC2ブログ

根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。
展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

作家便り「12年3月/森栄二(葉山)」

春の毒

この匂いはなんだろうか?苦い匂い。
春になるとどこかから漂って来る微かな匂い。

このところ急にこの匂いがし始めました。
今の家に住むようになって春になるといつもこの匂いが気になりだします。
沈丁花ではないし、最初は害虫退治の薬を何処かで撒いてるのかとも思
いましたがどうも違うようです。なぜならこれは、この辺りのいろいろな場所
で、決まって山の方から、鬱蒼とした森の中から漂ってくるように感じられる
からです。

山に隣接した家から一歩外に出て、けっして甘いというのではない、野草の
灰汁の様な、なんとも言い表し様のない曲がった感じのこの匂いが、そう強
くと言う程ではないにしろ僕にとっては確かに気になる存在なのです。歩いて
いると強くなったり弱くなったり(森から離れると薄くなるように思える) 他の
いい匂いなどに紛れて忘れていると、急にむっと鼻を突いてきたり。

元来匂いには敏感なほうで、新しいものや興味深い物に出会うとついつい鼻
を近付けて匂ってしまうというような、匂いと物との関係がなんとなく気になる
質なので、始めの頃は匂いの元もそのうち嗅ぎ分けられるさと、簡単に考えて
いたのです。

しかし今のところはだめです。予想に反して突き止めることが出来ていません。
(突き止める努力もさほどしていませんが…)又、共感する人と話をしたことも
ありません。

思うに多分これは花の匂いだろうと勝手に思います。それも緑色の。
目立つ色の花なら匂いの犯人だとすぐ見当が付きますから。

ひっそりと森の中に立つ当たり前のなんてことない大きな木に無数にぶら下が
った花ともわからない緑色の花。その中心から発せられる、何かを誘き寄せる
ような怪しい匂いなのではないかしらと想像しています。さもなければ色々の木
や草が芽吹く時の匂いが固まるとこんな風になるのでしょうか。

多分知っている人ならなんて事ないものなのでしょう。
なんだそういうことか、まぁそういうことだね、と。でも僕にとってはこの匂いの原因
であればどんなにつまらないものでもそれなりに興味深いものであることは間違い
ないと思うのです。

そんな匂いする?と言われればそれまでですが。


2012年3月 森栄二

morieij_1203.jpg
  1. 2012/04/01(日) 15:39:26|
  2. 森栄二(葉山)