fc2ブログ

根津の根付屋 & 花 影 抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。
展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

「泉水式・部日記」 弥生

今月の泉水式・部日記、泉水さんから届きました。
来月の神戸のアートフェアの展示に出品する作品について部日記に記していただきました。

準備期間はあと半月…!どんな作品が泉水さんから届くのか楽しみです。

galleryblog_240412.jpg


galleryblog_240331_2.jpg
実物はこんな感じ。色々なユビキタス・ユビニンギョウが登場予定!

▼泉水さんも参加する神戸アートマルシェの予定は以下の通りです。
KOBE ART MARCHÉ 2024
開催日時:2024年4月19日[金]〜21日[日] 11:00〜19:00 /入場料1,000円
会場:神戸メリケンパークオリエンタルホテル 9階 
Room No:908 花影抄/根津の根付屋
フェアサイトもご覧ください。
  1. 2024/03/31(日) 19:27:12|
  2. 泉水/北澤いずみ(東京)

2024年4月の営業ご案内

東京でもようやく桜の開花宣言が出まして、春の暖かさがやってきました。
急激な気温の変化に体を慣らしながら、新年度も元気に過ごしていきたいですね。

さて、4月の営業のご案内です。
今月は昨年に引き続き関西・神戸へのアートフェア遠征がございます。
そのため展覧会はお休みで、週末3日間の通常営業のみとなります。
(来月は木彫根付の展覧会を根津の店舗のギャラリースペースにて企画しておりますので、どうぞお楽しみになさってください。)


galleryblog_2024_4.png



kam2024_01.jpg

★今月は根津の店舗を飛び出して、神戸でのアートフェアに参加いたします。
KOBE ART MARCHÉ 2024
開催日時:2024年4月19日[金]〜21日[日] 11:00〜19:00
会場:神戸メリケンパークオリエンタルホテル 9階

フェア展示の詳細についてはこちらをご覧ください。


そして以下引き続きとなりますが、店舗での感染症対策のお願いとお知らせとなります。

・店内は窓を開けたり、サーキュレーターを使い換気を気を付けております。
入店時の手指の消毒、店内でのマスクの着用はこれまで通り、ご協力をお願いいたします。

・体調に不安のある方は、ご来店をご遠慮くださいませ。
(咳の症状がある、微熱がある、頭痛がある等、普段と体調の差異を感じられる場合)

お越しの際には皆さまのご協力を重ねてお願いいたします。
スタッフも体調管理、マスク、手指の消毒を徹底してお待ちしております。

根津の店舗の場所はこちらからご確認ください。



  1. 2024/03/30(土) 16:35:34|
  2. 店舗営業のお知らせ

孺禾 根付彫刻展 「唐渡り」 終了の御礼と御挨拶

blog240326-02.png

孺禾 根付彫刻展 「唐渡り」は、おかげさまで会期を無事終了いたしました。

御客様をはじめ、関係者の皆様に深く御礼を申し上げます。有難う御座いました。

佐賀から上京したお2人といろいろな方々の交流も生まれ、本当に良かったと思いました。

作品についても、大きな期待を寄せていただけているとを感じました。

王さんが中国出身であることを意識した結果、あらためて見えること、見直すこと、感じたり考えたりすることが、スタッフ一同にもたくさんあったように思います。

4か月ほどの間、孺禾のお2人と深く集中してちょっと強引に個展の準備を進めてまいりました。

初個展を終えて、ほっとしているところですが、ここからが新しいスタートだと思います。

怒涛の展覧会後少し落ち着いて省みて、向上心をもって真摯にこの先を活動してまいります。

引き続き何卒宜しくお願い申し上げます。

孺禾のお2人にも、あらためて。頑張って上京してくださったことも良かったと思います。

ありがとうございました!

お疲れ様でした!

blog240326-01.jpg

  1. 2024/03/26(火) 21:33:41|
  2. 孺禾

孺禾 根付彫刻展 「唐渡り」 開催の御案内

孺禾 根付彫刻展 「唐渡り」

2024年3月16日[土]〜24日[日] ※18日[月]休廊
13:00〜19:00(最終日は18:00まで)

※16・17日は作家在廊予定

juka2024_dm_l.jpg



【作家の言葉】

初めまして、孺禾(じゅか)と申します。
私たちは、中国吉林省出身の彫刻家・王坤(wang kun)と佐賀県出身の画家・百武由里子(ひゃくたけ ゆりこ)の夫婦で根付を作っています。中国と日本の国を越えた結婚をして、少し前までは中国に住んでいました。夫婦揃って日本で生活を始めて十ヶ月程になります。

根付と出逢い、たくさんの魅力(手で触れて鑑賞できる、緻密な技術の集積である、実用性も兼ね備えている、作品が受け継がれていく、木や鹿角など環境にやさしい素材である…など)を感じ、自分たちも根付に挑戦してみたいと強く思いました。

私たち夫婦が根付に惹かれるのは、根付との出逢いのタイミングも大きく影響しています。
根付を初めて見たのは、コロナ禍によるロックダウンを経験した直後で、同時にウクライナとロシアの戦争も始まったころです。王坤の故郷、吉林省とロシアは国境を接していたので本当に身近な出来事だと感じていました。
そんなとき、上海で現代根付の展覧会を観ました。会場に並んだ作品の中に、ウクライナとロシアの作家の名前がありました。日本、中国、ウクライナ、ロシア…国境を越えた作家の名前と作品を鑑賞しながら、民間レベルでは繋がっていられること、根付を通して集まった作家たちの心根を感じ、胸が熱くなりました。それは、どんな情報よりも確実で、説得力のある事実だと感じました。
このような出逢いがあり、今は一日一日を大切にしながら、根付を制作しています。

日本で花影抄さんとご縁ができてから、制作に対しての心構えや、日本の美意識、根付を取り巻く環境などを学び始めました。
作品を目に留めてくださった方から助言をいただける機会にも恵まれ、日本で制作できる環境に改めて感謝しています。

このたびの個展に向けた作品は、自分たちにできることを試し、サポートを受けながら仕上げたものです。
もし機会が許すようでしたら作品や美意識についてご助言をいただけると幸いです。
孺禾にとって、日本の美意識と根付について学ぶことは、長い道のりだと思いますが、生涯芸術として取り組みながら、技術面の向上も併せて謙虚に向き合っていきたいと思います。

今後、孺禾がどのように成長していくのか自分たち自身も想像しきれていない部分もありますが、花影抄さんや作品を目に留めてくださる方とやりとりをする中で、作品ができあがっていくことが楽しく、充実しています。
この個展で学んだことを今後の活動に活かしていきたいです。

花影抄さんと、そこで出会える方とのご縁に、心より感謝申し上げます。

孺禾(王坤・百武由里子)



【ギャラリーより】

このたび、新しい取り扱い作家として迎えた孺禾 (じゅか)の初個展を開催する運びとなりました。
孺禾は、中国吉林省出身の彫刻家・王坤(wan kun)と佐賀県出身の画家・百武由里子(ひゃくたけ ゆりこ)夫妻が共同で根付作品を作るユニットです。2人でひとつの作品を制作するスタイルは、私どもの扱う作家の中では初めてです。彫刻家と画家の共同作業であるからこその良さが発展していくことを願っています。

2人は、上海のディーラー「元気造物」が開催していた展示会で現代根付を知ったと言います。
上海ではディーラーを中心に、中国人作家によるオリジナル作品としての現代根付の制作が、2016年頃から始まりました。そこから、ディーラーや作家が来日したり、2019年に私が上海の展示会にゲストで呼ばれて作家たちと会ったりと、交流を大事にしてきた経緯があります。しかしその後、コロナ禍による世界的な断絶期間を経て、根津の私たちと上海のチームも少し疎遠になっていました。
そのコロナ期間の中で孺禾の2人が上海で現代根付と出会い衝撃を受けて作家になる決心をし、また国際結婚をして佐賀に戻り、日本で根付作家デビューをすることになった。このことは国境を越えたアジア地域での現代根付の発展のためにも、とても重要な一歩ではないかと考えました。こうして私どものギャラリーで孺禾のお二人の初個展を開催できることに、大きな責任と希望を感じています。

さて、この初個展のタイトルには「唐渡り」という言葉を添えました。これは海外・中国と日本の行き来を指し、また海外から来た良い物という両方の意味合いを含んだ言葉です。
「孺禾」は「唐渡り」をしてきた2人組です。百武さんは上海に渡り、王さんと現代根付に出会いました。そして、王さんも百武さんと一緒に唐から日本へ渡ってきたわけです。
この個人的な2人の物語とは別としても、この言葉は中国と日本の間を渡ってきた様々なもの、大きな背景についても考えさせてくれます。
日本美術について言えば、題材は遠い昔に中国から渡ってきたものがたくさんあります。「根付」も日本で独自の発展をした装身具・工芸品ですが、そこに表現されてきたもの、龍や麒麟などの霊獣たち、仙人や神様たち、西遊記や三国志のような物語など、やはり中国から渡ってきた題材も多くあります。身近に感じている鯉や亀(「クサガメ」)も、じつは遠い昔に渡って来て日本の里山に居ついた生物たちです。(※鯉の在来外来については、単純ではないようです)
本展では、孫悟空、麒麟、龍、蝙蝠などの中国から日本に渡ってきた題材や意匠を中心に、10点あまりの根付彫刻を展示いたします。

そのようないろいろな事を思いながら、孺禾さんたちの初個展を開催したいと思っております。ちなみに、「孺禾」とは中国語で“小さな稲の苗"という意味だそうで、『まだまだ小さい自分たちですが成長していこう』という思いが込められています。様々な方に本展を御覧いただいて、今後の成長を見守っていただけましたら、作家共々、心から嬉しく存じます。何とぞよろしくお願い申し上げます。


花影抄/根津の根付屋 橋本達士



▼展示作品の御紹介
出品作品を3ページに分けて掲載しております。
以下よりそれぞれクリックしてご覧ください。

出品作品番号1~4
出品作品番号5~8
出品作品番号9~13
  1. 2024/03/17(日) 18:50:00|
  2. 孺禾

孺禾 根付彫刻展 「唐渡り」 出品作品ご紹介(1/3)

【出品作品ご紹介】

▼作品番号1 孫悟空 ~空渡る~
鹿角 象嵌:水牛角、銀 5.4×3.6×2.3cm
165,000円(税込) ※御売約済み

三蔵法師の元へ、悟空が桃を届けに行く(法師を探している)場面です。孺禾・王さんが子供の頃から親しんだお話しで、春休み夏休みなどに子供向けテレビ番組が放送されて何度も何度も見ていたそうです。紐通しは自然の紐通しスタイルで、結び目を桃の横に置き脇の下を通します。

juk240228_01_main.jpg

juk240228_01_sub1.jpg
juk240228_01_sub2.jpg
juk240228_01_sub3.jpg
juk240228_01_sub4.jpg
juk240228_01_sub5.jpg
juk240228_01_sub6.jpg
juk240228_01_sub7.jpg
juk240228_01_sub8.jpg




▼作品番号2 蝦蟇仙人
ヘラ鹿角 象嵌:水牛角、羊角 3.4×3.3×3.1cm
176,000円(税込) ※御売約済み

中国、明時代の画家・張路の絵を参考に制作しました。蝦蟇仙人は、中国では劉海と呼ばれる仙人だそうです。

juk240228_02_main.jpg

juk240228_02_sub1.jpg
juk240228_02_sub2.jpg
juk240228_02_sub3.jpg
juk240228_02_sub4.jpg
juk240228_02_sub5.jpg
juk240228_02_sub6.jpg
juk240228_02_sub7.jpg
juk240228_02_sub8.jpg



▼作品番号3 関羽 ~夜読春秋~
ヘラ鹿角 4.5×3.5×2.2cm
165,000円(税込) ※御売約済み

中国では、関羽は商売の神様(武財神)として親しまれているそうです。関羽が手にしている本「春秋」は中国・春秋時代を記した歴史書。孔子が手がけた思想書でもあります。

juk240316_03_main.jpg

juk240316_03_sub1.jpg
juk240316_03_sub2.jpg
juk240316_03_sub3.jpg
juk240316_03_sub4.jpg
juk240316_03_sub5.jpg
juk240316_03_sub6.jpg
juk240316_03_sub7.jpg



▼作品番号4 画竜点睛
鹿角 象嵌:水牛角  3.6×2.8×2.4cm
137,500円(税込) ※御売約済み

中国の絵師・張僧繇(ちょうそうよう)が掛け軸の龍に目を描き入れると、龍が生きて飛び出してきたという物語から。

juk200228_03_main.jpg

juk200228_03_sub1.jpg
juk200228_03_sub2.jpg
juk200228_03_sub3.jpg
juk200228_03_sub4.jpg
juk200228_03_sub5.jpg



孺禾 根付彫刻展の出品作品へのご注文は、会場でのお申込みに加えメール・電話・FAXでも承っております。

【ご注文方法】
netsukeya@hanakagesho.com / TEL & FAX 03-3827-1323 宛てに、ご希望の作品番号と作品名を明記の上、合わせて以下5点の項目をお知らせください。

お名前
電話番号
郵便番号
ご住所
作品の受け取り方法(ご配送orご来店)

※ご配送の際には、送料として500円をご負担いただきます。
メール・FAXでのご注文の際には、件名を「孺禾 根付彫刻展 作品購入申し込み」としてくださるとスムーズです。
  1. 2024/03/17(日) 18:45:00|
  2. 孺禾

孺禾 根付彫刻展 「唐渡り」 出品作品ご紹介(2/3)

【出品作品ご紹介】

▼作品番号5 麒麟玉書
鹿角 5.0×2.2×2.2cm
132,000円(税込) ※御売約済み

子供が生まれた家に麒麟が降臨して本(玉書=素晴らしい書物)を吐き与えられるとその子供は「官職」につけるという、中国の言い伝えから。

juk240228_04_main.jpg

juk240228_04_sub1.jpg
juk240228_04_sub2.jpg
juk240228_04_sub3.jpg
juk240228_04_sub4.jpg
juk240228_04_sub5.jpg
juk240228_04_sub6.jpg
juk240228_04_sub7.jpg
juk240228_04_sub8.jpg
juk240228_04_sub9.jpg


▼作品番号6 滝登り
鹿角 象嵌:水牛角、銅 4.6×2.2×1.7cm
77,000円(税込) ※御売約済み

鯉が滝を昇って龍になるという「登龍門」のお話しから。(裏側で亀も滝をよじ登っています。)

juk240316_09_main.jpg

juk240316_09_sub1.jpg
juk240316_09_sub2.jpg
juk240316_09_sub3.jpg
juk240316_09_sub4.jpg
juk240316_09_sub5.jpg
juk240316_09_sub6.jpg
juk240316_09_sub7.jpg


▼作品番号7 招き貔貅
鹿角 象嵌:羊角、水牛角 3.2×3.1×2.0cm
132,000円(税込) ※御売約済み

貔貅は霊獣の一種。財を招く存在。ちなみに中国の五大霊獣は、麒麟・龍・鳳・亀・貔貅。

juk240228_05_main.jpg

juk240228_05_sub1.jpg
juk240228_05_sub2.jpg
juk240228_05_sub3.jpg
juk240228_05_sub4.jpg
juk240228_05_sub5.jpg
juk240228_05_sub6.jpg
juk240228_05_sub7.jpg
juk240228_05_sub8.jpg
juk240228_05_sub9.jpg



▼作品番号8 招き猫
鹿角 象嵌:羊角、水牛角 4.0×2.3×2.2cm
82,500円(税込) ※御売約済み

juk240316_08_main.jpg

juk240316_08_sub1.jpg
juk240316_08_sub2.jpg
juk240316_08_sub3.jpg
juk240316_08_sub4.jpg
juk240316_08_sub5.jpg
juk240316_08_sub6.jpg
juk240316_08_sub7.jpg



孺禾 根付彫刻展の出品作品へのご注文は、会場でのお申込みに加えメール・電話・FAXでも承っております。

【ご注文方法】
netsukeya@hanakagesho.com / TEL & FAX 03-3827-1323 宛てに、ご希望の作品番号と作品名を明記の上、合わせて以下5点の項目をお知らせください。

お名前
電話番号
郵便番号
ご住所
作品の受け取り方法(ご配送orご来店)

※ご配送の際には、送料として500円をご負担いただきます。
メール・FAXでのご注文の際には、件名を「孺禾 根付彫刻展 作品購入申し込み」としてくださるとスムーズです。
  1. 2024/03/17(日) 18:40:00|
  2. 孺禾

孺禾 根付彫刻展 「唐渡り」 出品作品ご紹介(3/3)

【出品作品ご紹介】

▼作品番号9 平和を祈る象
鹿角 象嵌:鹿角、真珠、珊瑚、水牛角、銀 3.7×3.5×2.1cm
121,000円(税込) ※御売約済み

象には幸福、安定、家族、知恵、愛情等の意味があります。それらを「平和」というテーマにまとめて制作しました。

juk240228_06_main.jpg

juk240228_06_sub1.jpg
juk240228_06_sub2.jpg
juk240228_06_sub3.jpg
juk240228_06_sub4.jpg
juk240228_06_sub5.jpg
juk240228_06_sub6.jpg
juk240228_06_sub7.jpg
juk240228_06_sub8.jpg
juk240228_06_sub9.jpg



▼作品番号10 竹林
ヘラ鹿角 象嵌:水牛角 3.8×3.8×1.6cm
82,500円(税込)※御売約済み

juk240316_11_main.jpg

juk240316_11_sub1.jpg
juk240316_11_sub2.jpg
juk240316_11_sub3.jpg
juk240316_11_sub4.jpg



▼作品番号11 幸福到来
鹿角 象嵌:水牛角  4.7×2.2×1.5cm
57,500円(税込) ※御売約済み

中国語では、蝙蝠(ビェンフー) 、幸福(シンフー)のフー(福)の音が同じで、蝙蝠は縁起の良い生き物です。そしてまた、「福」の文字を逆さまにして飾る風習があるそうなのですが、これも発音で、到ると倒れるがどちらも「ダオ」であることから、福が到るように、倒して文字を飾ります。蝙蝠もまた逆さまに枝にとまります。そういう意味が重なって「幸福到来」というタイトルです。

juk240228_09_main.jpg

juk240228_09_sub1.jpg
juk240228_09_sub2.jpg
juk240228_09_sub3.jpg
juk240228_09_sub4.jpg
juk240228_09_sub5.jpg
juk240228_09_sub6.jpg
juk240228_09_sub7.jpg
juk240228_09_sub8.jpg



▼作品番号12 潮流
鹿角 象嵌:瑪瑙、銀、水牛角、羊角 3.5×2.6×2.1cm
66,000円(税込) ※御売約済み

juk240228_08_main.jpg

juk240228_08_sub1.jpg
juk240228_08_sub2.jpg
juk240228_08_sub3.jpg
juk240228_08_sub4.jpg
juk240228_08_sub5.jpg
juk240228_08_sub6.jpg
juk240228_08_sub7.jpg
juk240228_08_sub8.jpg



▼作品番号13 木の子
鹿角 3.6×2.0×1.7cm
36,300円(税込) ※御売約済み

juk240228_10_main.jpg

juk240228_10_sub1.jpg
juk240228_10_sub2.jpg
juk240228_10_sub3.jpg
juk240228_10_sub4.jpg
juk240228_10_sub5.jpg
juk240228_10_sub6.jpg



孺禾 根付彫刻展の出品作品へのご注文は、会場でのお申込みに加えメール・電話・FAXでも承っております。

【ご注文方法】
netsukeya@hanakagesho.com / TEL & FAX 03-3827-1323 宛てに、ご希望の作品番号と作品名を明記の上、合わせて以下5点の項目をお知らせください。

お名前
電話番号
郵便番号
ご住所
作品の受け取り方法(ご配送orご来店)

※ご配送の際には、送料として500円をご負担いただきます。
メール・FAXでのご注文の際には、件名を「孺禾 根付彫刻展 作品購入申し込み」としてくださるとスムーズです。
  1. 2024/03/17(日) 18:35:00|
  2. 作家

齊藤美洲展示情報 春の企画展覧会「アトリアで、春」(川口市)

齋藤美洲さんの作品が、川口市立アートギャラリー・アトリアの企画グループ展にて展示されます。


春の企画展覧会「アトリアで、春」
2024年3月9日(土)~3月24日(日) 月曜休館
川口市立アートギャラリー・アトリア

展覧会情報webページ 
https://atlia.jp/exhibition-event/exhibition/2652/

「春草」ほか10点あまりが展示される予定となっております。

お近くの方は是非、おでかけください。

blog240302-0.jpg


blog240302-01.png

blog240302-02.png


  1. 2024/03/02(土) 23:24:26|
  2. 齋藤美洲(埼玉)

永島信也 根付彫刻展 ナイトパレード 終了の御挨拶

blog240229-02.jpg


永島信也 根付彫刻展 ナイトパレード

2024年2月17日[土]〜25日[日] 
花影抄 展示室

おかげさまで会期を無事終了いたしました。

御来場くださいました皆様、関係者の方々、応援してくださった皆様に感謝を申し上げます。

ありがとうございました。

今回の展覧会期は、近隣で開催されておりました「きらめき彫刻祭」の開催期間と重なり、そちらをまわる中で御来場くださった御客様も多く、有難かったです。

永島さんの作品を初めて鑑賞するという御客様もたくさんおられました。

彫刻に興味を持っている皆様に足を運んでいただけましたことはとても嬉しいことでした。重ねて御礼を申し上げます。

今回の展示は、永島さんの根付彫刻の造形についていろいろなバリエーションが並び、そこから「根付と彫刻」について広く考えられるような間口の広い内容の展示となっていましたので、「彫刻について考える」というイベントと会期がかさなったことは、幸運だったように思います。

会期中にも、たくさんの方々とお話しをさせていただく機会があり、作家共々、今後の制作活動のための参考になると思います。

これからの永島信也さんの活動展開にも、是非、ご注目いただけましたら幸いです。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

blog240229-0.jpg




  1. 2024/03/01(金) 01:27:01|
  2. 永島信也(神奈川)