FC2ブログ

根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。
展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

作家便り 「2018年6月/かわさきみなみ(千葉)」

こんにちは。かわさきみなみです。

前回このブログでも紹介した「大福」好評で嬉しかったです。
「大福」はかわいさを追求して作った作品で、柔らかく美味しそうな印象や、
生まれて間もない子犬のしっとりとした温かさなど
私の思う「かわいい」を詰め込んでいます。

そして今は大福に次ぐコロコロ子犬第2弾を制作中です。

kawasaki_18_6blog1.jpg

kawasaki_18_6blog2.jpg

今回の子犬はさらに太ってるかも...?まぁ、コロコロ仔犬ですから。
動きのある元気な表情の和犬っぽい子犬。色は薄茶色にする予定です。

平面作品では、今は花に取り組んでいます。
花は、今特に興味を惹かれているモチーフです。

kawasaki_18_6blog3.jpg

去年ランを亡くしたとき、たくさん花束をもらいました。
ランがいなくなってからは、ランのためにすることが
写真のそばに花を飾ることになったこともあって、
それから花を見るときの気持ちが少し変わりました。
それが去年の夏のことで、その時も花束を絵に描きたいと思い
何度か描いてみたものの、思うように描けず断念していたのが、
今年になってやっと花を絵に描けるようになりました。

花束の絵を描いていると、何か勢いのある、生き物のエネルギーのようなものを感じます。
ただ綺麗なだけではない、生き物の気配を感じさせるような絵にしたいと、
描いているうちに自然とそんな気持ちになっていきます。
kawasaki_18_6blog4.jpg

花束になった花はみんな切り花なので、美しい姿もそう長くは持ちません。
その限られた時間の中での姿に、何か感じるものがあるのかもしれません。

花でどんな表現ができるのか、とにかく描いて探していきます。
  1. 2018/06/22(金) 16:09:56|
  2. かわさきみなみ(千葉)

作家便り 「2018年5月/かわさきみなみ(千葉)」

こんにちは。かわさきみなみです。個展を終えてから、もうすぐ二ヶ月。
やりたいことや作る予定の作品が色々あって、気持ちばかり焦ってしまう今日この頃です。
5月の中頃までは羊毛立体を制作していましたが、立体作品が完成して、
今は平面の作品を制作中です。

minami blog_180524(1)
新作の立体作品。おなかとおしりが気に入っています。
柔らかそうな、いい表情が出せました。

今制作中の作品は、私が個展中に考えたことを書いた
メモの中にあったラクガキがイメージの元になりました。
白い犬の皮を被る、自分の姿。
minami blog_180524(2)

犬以外のモチーフ、それも人物!
人物を描くのは本当に久しぶりで(多分大学2年以来です)
描き始めるのにもなんだか勇気がいりました。
正直苦戦していますが…犬を描くときとは
また違う引き出しを開けるような、新鮮な感覚を楽しんでもいます。

どんな構図がいいのか、どんなタッチがいいのか、
頭で考えているだけではわからないので、いくつもドローイングを描いて探る。
自分が心の奥底で欲しがっている表情が出るまで色を重ねる。
手を動かすことでしか見つけられない自分の思いを探す作業。
なかなか上手くいかなくて気持ちも消耗するけど、
今まで以上に”絵を生み出している”感覚も感じています。

minami blog_180524(3)

これから平面作品ももっと発表していきたいと思っているので、
今の自分はどんな絵を生み出すことができるのか、
また、どんな作品を生み出していきたいのか、
絵を描きながら模索中です。たくさん描きたい!

minami blog_180524(4)

  1. 2018/05/24(木) 20:07:07|
  2. かわさきみなみ(千葉)

かわさきみなみ展を展覧会レビューに掲載いただきました(2)

月始に他の美術雑誌でかわさきみなみ展のレビューを掲載していただいたと
ブログにでご紹介したのですが、月刊ギャラリー5月号の展覧会訪問のコーナー
にも今回掲載いただきました。ありがとうございます。

180524_minamiblog(2).jpg

180524_minamiblog.jpg
月刊ギャラリー5月号(121ページ)

編集部の方の丁寧な感想とともに、かわさきの「白い犬の存在も自分の中では
揺らぎ始めている」という気持ちなどもつづっていただいています。
現在、制作している作品も白い犬ではありませんが、本人は楽しそうに制作して
おり、それはとても前に進んでいる過程として良いなと感じています。

今後のかわさきみなみにも注目いただければ幸いです。
2018年後半は京都のグループ展、そしてギャラリーで週末在廊をしようかと考えております。
かわさきみなみの活動に注目いただけましたら嬉しいです。

  1. 2018/05/24(木) 19:34:48|
  2. かわさきみなみ(千葉)

かわさきみなみ展を展覧会レビューに掲載いただきました

3月に開催されました、かわさきみなみ展「白い犬」を、現在発売中の月刊美術5月号、
アートコレクターズ5月号両誌に展覧会のレポートとしてご紹介いただきました。

kawasaki blog180509(4)
kawasaki blog180509
月刊美術5月号 (P139 )


kawasaki blog180509(3)

kawasaki blog180509(2)
アートコレクターズ5月号(P115)


展示では大きな平面作品に、立体作品、羊毛絵画と今回は色々な種の作品を展示し
またテーマは私的なテーマであり、かわさき自身も形にするまで葛藤、迷いなども
あったようですが、最終的にはたくさんの方々に言葉をもらうこととなりました。
今後の活動にも生かす糧としてほしい気持ちです。
また、掲載していただきました、編集部の方々にも改めて御礼申し上げます。

現在、Twitterで主に活動の報告をしているかわさきみなみですが、新作も色々と手がけています。
また、秋には京都でのグループ展を控えていますので、今後とも活動に注目ください。
よろしくお願いいたします。
  1. 2018/05/09(水) 18:13:33|
  2. かわさきみなみ(千葉)

かわきさみなみ展 終了のご挨拶

かわさきみなみ展「白い犬」は無事に会期を終えることができました。

今回の展示は、犬を飼っている又は飼っていた方から、動物と暮らしたことの無い方も、
私の愛犬、ランのことを描いた作品を見て、自分の愛犬や大切な存在のことを思い出して
いた方が多かったことが印象的でした。実は今回の個展の内容はあまりにも
個人的すぎるかもしれないと不安もあったのですが、それぞれに思いを巡らせてもらえている
様子を見ると、正直にそのまま自分と愛犬のこととして作ることにしたことは間違いでは
なかったと思いました。

ランのことを思いながら作品を作って準備をしてきて、毎日作品を見ながら
それぞれが持っている大切な存在との思い出など色々なお話しをすることができた8日間は
とても貴重な時間だったと感じています。

今回の個展は私のの中で特に思い出深い展示になりました。

展示にお越し頂いたみなさま、一緒に展示を作ってくださった花影抄のスタッフのみなさま、
本当にありがとうございました。

かわさきみなみ

180401_kawasaki blog
  1. 2018/04/01(日) 20:05:38|
  2. かわさきみなみ(千葉)
次のページ