根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

かわきさみなみ展 終了のご挨拶

かわさきみなみ展「白い犬」は無事に会期を終えることができました。

今回の展示は、犬を飼っている又は飼っていた方から、動物と暮らしたことの無い方も、
私の愛犬、ランのことを描いた作品を見て、自分の愛犬や大切な存在のことを思い出して
いた方が多かったことが印象的でした。実は今回の個展の内容はあまりにも
個人的すぎるかもしれないと不安もあったのですが、それぞれに思いを巡らせてもらえている
様子を見ると、正直にそのまま自分と愛犬のこととして作ることにしたことは間違いでは
なかったと思いました。

ランのことを思いながら作品を作って準備をしてきて、毎日作品を見ながら
それぞれが持っている大切な存在との思い出など色々なお話しをすることができた8日間は
とても貴重な時間だったと感じています。

今回の個展は私のの中で特に思い出深い展示になりました。

展示にお越し頂いたみなさま、一緒に展示を作ってくださった花影抄のスタッフのみなさま、
本当にありがとうございました。

かわさきみなみ

180401_kawasaki blog
  1. 2018/04/01(日) 20:05:38|
  2. かわさきみなみ(千葉)

かわさきみなみ作品 出品作品ご紹介

3月24日より始まっておりますかわさきみなみ展、折り返しもすぎてあと今日を含めて4日です。
展示作品をご紹介します。



minami1803blog1.jpg
「ランの花」 布、クレパス 217×380cm 378,000円 ※現在は布の状態です。裏打ちなどの場合費用別途

minami1803blog2.jpg


minami1803blog10.jpg
「ランの花のためのドローイング」 画面の大きさ14.8×27.3cm クレヨン ※御売約済

minami1803blog4.jpg
「欠片」 羊毛  (額)25.6×32.6×厚さ4.3cm ※御売約済

minami1803blog9.jpg
「欠片のためのドローイング」  21×16cm 
水彩、クレヨン 21×16㎝ ※御売約済

minami1803blog3.jpg
「写真の中の」 クレヨン (額)32×25.7cm 30,240円

minami1803blog5.jpg
「何をしても思い出して、何を見ても重なって見えた」 羊毛、スポンジ、金属 28×15×19.5cm 275,400円

minami1803blog6.jpg
「ひとりの散歩」 羊毛、スポンジ、金属 
42×18×20cm  279,000円

minami1803blog11.jpg
「ひとりの散歩のドローイング」 鉛筆、色鉛筆、修正液 
21×21cm 3,000円

minami1803blog7.jpg
「どこにもいない、どこにでもいる」 羊毛、スポンジ 
29×15×25cm 280,800円

minami1803blog8.jpg
「どこにもいない、どこにでもいるのためのドローイング1」 
水彩クレヨン 20×14cm ※御売約済

作品についてのお問い合わせはギャラリーまでお気軽にお声かけください。
詳しいお写真などもお送りいたします。

Gallery花影抄
03-3827-1323
mail@hanakagesho.com
  1. 2018/03/29(木) 17:13:20|
  2. かわさきみなみ(千葉)

作家便り 「2018年2月/かわさきみなみ(千葉)」

こんにちは。かわさきみなみです。
2月後半になって少し暖かくなってきたかな?
暖かい春が待ち遠しいですね。

3月の個展まで、あと一ヶ月です!
今年の展覧会名は「白い犬」になりました。
kawasaki2018DM.png


今回の個展では、愛犬ランが亡くなったことで、自分の心の中に起きた変化を描きます。
個展に向けて、展示内容についても悩みながら 制作を進めていく中で繰り返し考えていたのは、
愛犬ランのことと、今まで作り続けてきた白い犬のことでした。
愛犬の存在の大きさと向き合うことは、自分で生み出した「白い犬」に向き合うことでもあったようです。

個展では立体作品の一部としてツギハギのイメージになった白い犬や、
kawasaki blog180226

リアルに描いた白い姿のランの大きな平面作品などで展示を作ります。
runnohana.jpg

まだ展示する作品すべてをお見せすることはできないので、 作品ひとつひとつのイメージや、
ランと白い犬についてなどは 展示が始まるころにまた書けたらと思います。

あと1ヶ月、イメージしている展示の形にできるよう、とにかく作ります!!
  1. 2018/02/26(月) 23:31:34|
  2. かわさきみなみ(千葉)

作家便り 「2017年12月/かわさきみなみ(千葉)」

こんにちは。かわさきみなみです。

12月はイベントが色々ありました。

参加させて頂いた3つの展示、小島孝子と女子美同窓展 -生きる-(北アルプス展望美術館)、
JOSHIBiSETAN 女子美術大学 洋画専攻 クリスマスアート展(伊勢丹相模原店)、
えと展「戌」(ギャラリーマルヒ)は無事に展示を終えることができました。
ご来場くださいましたみなさま、ありがとうございました。また、展示の機会を作ってくださった
展望美術館、女子美洋画研究室、ギャラリーマルヒのみなさまありがとうございました。
こうして色々な場所で展示をすることができて嬉しいです。

kawasaki blog xmas
(クリスマスアート展に出品していた、クリスマスカラーな絵)

展示の他には、子犬と触れ合うというイベントが続けて2回ありました。
こちらもとっても嬉しいイベントでした。一回目は友達のお家の子犬。
すごい早さで庭を走る姿を見せてくれました。二回目は漆芸家の金井麻央さんのお家の子犬。
お土産に持っていったおもちゃで遊んでくれました。
2匹とももう本当に元気が溢れていて、子犬ならではのエネルギーをびしびし感じてきました。

金井さんのところではスケッチもしました。
動きが激しい子犬の姿を描き留めるのはなかなか難しくて…
きちんと描ききることはできなかったのですが、
それでも後で見返すとその時の様子を思い起こさせるところはあって、
写真とはまた違う、絵に描いてとらえることの力を改めて感じました。

kawasaki blog mu-tan
(写真を見ながらスケッチに描き足して仕上げた、金井さん家の子犬の絵)

あっという間に過ぎてしまう子犬の期間に会うことができたのは貴重な体験でした。
触った時の感触や印象に残った仕草など、これからの作品作りに活かしたいです。

犬に会うと、本当に元気になります。でも今はまだ、新しく犬を迎えてまた犬と暮らす
ということは考えられないので、定期的に犬に会いに行くことができたらいいなと思っています。
何と言っても来年は戌年です!犬の年です!
色々な犬に会って、今までと違うタイプの犬も作り出したいです。

来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
それではみなさま、良いお年をお迎え下さい。
  1. 2017/12/26(火) 11:54:59|
  2. かわさきみなみ(千葉)

かわさきみなみと狛がギャラリーマルヒで開催の「えと展」に参加します。

場所は根津。ご近所さんのギャラリーマルヒさんよりお声かけを頂き、9日からの「えと展」に
来年の干支、犬が得意な狛とかわさきみなみが参加します。

「えと展ー戌ー」ZODIAC EXHIBITION
作家9人の戌たち
2017年12月9日(土)-17日(日)
11:00-19:00(最終日 17:00まで)
場所:ギャラリーマルヒ
休廊日:11日(月)
webサイト

800kb_犬_DM
800kb_犬_DM-表82)

かわさきみなみの新作は、羊毛立体1点と石粉粘土作品4点。これらを含む10点を
展示いたします。狛は新作、黒柴とバセットハウンドの根付2点を含む6点になります。
マルヒさんの作家さん達もレベルが高く、干支という身近なテーマの展示ながらも
とても楽しめる展示となると思います。ぜひ、足を運びください。

kawasaki_nendo(2) blog
かわさきみなみ 小さい置物 右「遊びたい子犬」、左「笑う子犬」 (素材は石粉粘土)

koma_kuroshiba blog
狛 新作根付「黒柴に毬」


  1. 2017/11/30(木) 19:59:17|
  2. かわさきみなみ(千葉)
次のページ