根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

「至水と蝦夷鹿角」

「蝦夷鹿のこと」

至水が根付の材として使う鹿角はほぼ全て蝦夷鹿の角です。

私自身北海道在住で知り合いに害獣駆除の資格を持つハンターが居り、その方から蝦夷鹿の角を譲って頂いています。

根付の材という観点から言えば蝦夷鹿の角は「悪い材」というのが通説で、
現在鹿角で彫られる根付はニホンジカの角を使用した物が殆どではないでしょうか。

二ホンジカの角は蝦夷鹿の角と同様に害獣駆除された個体の角の他に、
春日大社で毎年行われる「鹿の角切り」等で随時切られた角が現地で販売されていたりするので、
花影抄スタッフの方も仕入れに行かれます。

以前私もGalleryから奈良(春日大社)の二ホンジカの角を送って頂いた事があり現物を手にしておりますが、
生きた鹿の角を切るので、クラウンと呼ばれる根本の末広がりな部位よりも幾分上から切り落とされている為より細身な印象でした。

断面を見ると確かに白く詰まった部分が多く、中心に太目の導管が一つ空いているといった感じで。

01_二ホンジカ角
白いです、もっと白いのも普通にありますね。

一方蝦夷鹿の角は髄の面積が大きかったり、本来白く詰まった部位も黒ずんでいたり、
これが「蝦夷鹿の角は悪い材」と言われる原因なのだと思います。

02_蝦夷鹿角

でもこんな感じでも彫ります普通に使います。

しかし山中で害獣駆除され解体された鹿からその場で切り落とした角は、
クラウン直下の径が太く髄が殆ど入らない詰まった部位が採れたりもします。

クラウン直下から切れるという事は獣毛付きの鹿角もあり、
舟幽霊を彫った際には獣毛を利用した残ばら髪を表現出来ました。

funayurei.jpg


鹿の角は毎年生え変わり前年成長した角は脱離しますので、
運が良ければ自然に抜け落ち断面が丸みを帯びた「落ち角」に山中で出会える事もあり、
抜け落ちてからどれだけ経過したかにも依りますが、髄の中の淡泊質が分解され白みが増した蝦夷鹿角になっています。

ここまで二ホンジカの角と蝦夷鹿の角の違いを私観のみでダラダラと書き綴ってまいりましたが、
ネット通販が一般化した現在では、どちらの角もオークションサイト等で探せば結構簡単に入手出来てしまう訳で、
作家毎の使用する材の地域性というものは「事実上」失われており、あとはもう作家自身の拘りに依るものなのかなと考えていて。

そこで何故に至水は蝦夷鹿なの?と

蝦夷鹿の角を彫り始めた当初はもうホントに髄が嫌で嫌で、リカバリ不能な所まで髄の部位を削り落としすぎたりして、
そこまで掛けた時間と鹿角を無駄にして別の鹿角で彫り直しなんて事も多々ありました。

ところが、なんでしょう、なんと言うか、
いつの間にかその髄さえも鹿角であると言う事として受け入れられる様になってしまっていたのです。

改めて考えてみれば
蝦夷鹿の角の深く濃く染まる髄の色味や、皮目のテクスチャのおどろおどろしさが醸し出す独特な侘感は
「妖怪の意匠と相性が良すぎ」
最早至水の根付は蝦夷鹿の角じゃなきゃってくらいお気に入りな必須の材になってしまっているのでした。

ただこれは、根付彫刻としては「材選びが悪い」と、褒められた事ではないのかなとは思っていて・・・

それでも鹿一頭の命と引き換えに頂いた二本の角を良い材悪い材と選り分けたくは無いというのも本心で。

天然素材だけに切ってみないとわからない鹿角ですが「これで」と決めた鹿角は最後まで使わせて頂き、
決して蝦夷鹿の角である事を理由に「よろしくない」と評される根付に仕上げる訳にはいかんと肝に命じつつ・・・

今日も蝦夷鹿角彫ってる至水です。


03_蝦夷鹿スカル

作業机の上方に鎮座まします蝦夷鹿スカル。
このクラウン直下数cmのみの、最も白く詰まった蝦夷鹿角の大トロ部位を使う日が・・・いつか来るのかなぁ・・・
  1. 2017/07/14(金) 13:50:28|
  2. 至水(北海道)

至水「ブログのこと(其の二)」

 
ブログのこと(其の二)


ひと月ぶりの至水です。
今回のブログ記事には「何それ?」というノスタルジックでマニアックな単語が無数に出てきますので
随時ググりながら読み進めて頂きますと幸いで御座います(汗)

前回も書かせて頂きましたが至水はGallery花影抄ブログ以外に「悪魔ノ天秤」という自ブログを運用しております。
http://deadpool-shisui.blogspot.jp/


「悪魔ノ天秤」では至水の初製作根付から新作まで、製作物の全てを時系列順に公開アーカイブしており、
各作品には作品画像と共に意匠モチーフのバックストーリーや妄想設定等も書き添えてありますが、
これは35年前のある模型誌の特集が原体験となっていて、至水は書かずにいられないのです。
1982年5月に発刊された模型誌「月刊ホビージャパン」第153号(表紙にはガンガ・ルブ!イデオンですよ!!!)
その号の特集テーマが、「素晴らしき駄物キット」と題し
模型マニアに軽く見られがちなキャラモノプラモ(Dr.スランプのリブギコのキットとかね)や、
スケールモデル以外のトイキット(ロボダッチのタマゴローとかね)、
玩具(ミクロマンとかね)等を改造し自分だけのオリジナルモデルに仕上げるというものでした。
その作例の中に横山宏氏がミクロマンの強化スーツをベースに製作された「AFS(Armored Fighting Suit)」があり、
ミクロマン大好きっ子だった至水は、いや中学行くかそこらでミクロマンはもう卒業しなさいと
親に窘められていた至水少年だったのですが、
当時のミクロマンは既にシリーズの勢いが衰えてしまった最後期、丁度ダイアクロン移行期でしたが、
模型用の塗料で彩色し「リアルタイプ」なんて、自分だけのミクロマンにしよう!とか、
メーカーのタカラ側から新しい遊び方を提唱していた時期でして、
バリバリのハードSF仕様に仕立てられた横山氏のミクロマン=「AFS」の登場に狂喜乱舞したのでした。
そして横山氏の「AFS」は単発企画に留まらず
「29世紀の地球を舞台に地球独立政府傭兵軍とシュトラール共和国軍との戦いを描く」という物語と設定と共に
『S.F.3.D オリジナル』と題したオリジナルフォトストーリーとして連載が開始されました。
「月刊ホビージャパン」では『S.F.3.D オリジナル』連載終了後も、
「製作記事」+「読み物として書かれたオリジナルストーリー」+「造形物の情景模型作品画像」という掲載フォーマットは、
担当造形家を変えて世界観を変えてシリーズ化し、小林誠氏の『未来兵器AS』、韮沢靖氏の『CREATURE CORE』、
更に竹谷隆之氏の『漁師の角度』を世に送り出した「S.M.H」へと受け継がれて行きます。
(「S.M.H」はホビージャパンのMOOK本として創刊されています)
至水が根付を明確に意識したモノ、入口は古根付コレクターだったからとかではなく、
食玩の妖怪根付だったりするそもそもが「模型サブカル少年至水」な訳で、
頭ん中の妄想に蠢く異形の輩を「根付」という形で具現化し、
オリジナルの設定やストーリーと共に作品を公開しているブログ「悪魔ノ天秤」は、
今はもう存在しない憧れの「S.M.H」で連載させて頂いている感覚で、
「オリジナルで勝負しなよ」と至水に天啓を与えてくれた「S.M.H」は至水の中ではずっと続刊中なのです・・・

そんな訳で、至水は「根付」+「ブログのテキスト」を合わせた一つの作品として、
毎度「悪魔ノ天秤」を書かずにはいられないのです。

blog170606.jpg 
今も変わらず至水の根底に流れてる
大切なのは「オリジナル」って事
根付だって一緒だよ

  1. 2017/06/06(火) 15:07:30|
  2. 至水(北海道)

お久しぶりの至水です。

ブログのこと(其の一)

暫くぶりのブログ更新お久しぶりの至水です。
今まで不定期だったGallery花影抄ブログ(至水カテゴリ)の更新でしたが、Galleryからの要請もあり今回より毎月書かせて頂く事となりました。

改めて宜しくお願い申し上げます。

至水はGallery花影抄ブログに投稿する以前、2011年1月から「悪魔ノ天秤」というブログを公開運用しており、そちらには2010年後半に前職を離職し初めて製作したタグアナッツ製の根付から新作の「尻目」まで、更に根付以外の製作物も含め全て時系列順に公開しています。

blog17050301.jpg

http://deadpool-shisui.blogspot.jp/

各作品には意匠モチーフのバックストーリーや妄想設定等も書き添えてあり、「至水全百科」的な「全百科」と書いて「オール百科」と読ませるコロタン文庫式アーカイブブログとなっております。

ウェブで自身の作品を公開されている根付師の方も少なく「根付師は作品で語れ」なんて何処かで聞いたような気もしますが何せ至水は言いたがりで・・・
ある意味至水作品の説明書である其れらのテキストを含め一つの作品だと思っていますので、「しょうがねぇなぁ至水は」と苦笑いで御一読頂ければ幸いでございます。

Gallery花影抄ブログリブート投稿の第一弾が「他人のブログで自分のブログをレコメンドする」という掟破りな投稿になってしまいましたがこれもまぁ・・
至水っぽい死水っぽい・・・

次回「ブログのこと(其の二)」に続く
  1. 2017/05/03(水) 16:31:04|
  2. 至水(北海道)

至水・第3回ゴールデン根付アワーズ受賞の言葉

至水・第3回ゴールデン根付アワーズ受賞の言葉

2016年11月10日 木曜日

京都壬生にある武家屋敷を改装した根付の美術館
清宗根付館へ行って参りました

専門学校の修学旅行以来28年ぶりの京都行が
まさか第三回ゴールデン根付アワーズ授賞式に
受賞者として参加するための旅になるとは・・・

受賞の報を頂いた際
一線級の腕利き根付師達が
研ぎ澄まされた技術を注ぎ製作された根付でしのぎを削る
清宗根付館という正に真剣勝負死合の場に
のほほんと展示された至水の「編めども」が
何故受賞してしまったのかと
何か言いようの無い場違い感に打ちひしがれておりました

しかしもう深く考える事は止めに致します

もうこれはただただ感謝し
喜んでしまうのダ

この様な機会を与えて下さいました清宗根付館館長木下宗昭様
第三回ゴールデン根付アワーズへ至水の作品をエントリーし
受賞に向け尽力してくださったGallery花影抄のスタッフの皆様
そして根付作家などと怪しい肩書きの仕事を
生暖かく受け入れてくれている親族達へ

本当にありがとうございました

至水はますます精進して参りますよ!
皆様、今後とも何卒宜しくお願い致します


では最後に
授賞式での至水のスピーチ全文をまるっと掲載し
このブログ記事を〆させて頂きます

この度、第3回ゴールデン根付アワーズ受賞という、
現代の根付師において大変意義の有る賞をいただきました。

この様な機会を与えてくださいました、木下館長に厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました。

御列席頂きました関係各位の皆様方に、厚く御礼申し上げます
ありがとうございました。

6年前インターネット上で、現在私の作品を扱っているGallery花影抄を見つけ、
そこで現代に根付彫刻を生業にしている方々が居られる事を知り、
一瞬で現代根付に魅了されてしまいました。

北海道在住であるため根付師に師事する事も叶わず、
それまでの造形に関する知識と経験と感だけを頼りにして根付制作を始め1年が経った頃、
今度はGallery側が私を見つけて声を掛けてくれたことをきっかけに、
根付作家として生きていく事となりました。

そして清宗根付館様との御縁が繋がり、
本日この場に立たせて頂いている事、
この奇跡的な御縁の繋がりに感動し感謝致しております。

私の彫刻する根付は、凡そ現代根付の主流からかけ離れたモチーフや意匠のものばかりです。
願わくば
「もうしょうがないなぁ至水は(笑)」
と温かい眼差しで見守って頂けるような根付作家として、
末永く現代根付師の末席に加えて頂けたら幸いでございます。

本日は誠にありがとうございました。


blog16111502.jpg


blog16111501.jpg
  1. 2016/11/15(火) 17:35:51|
  2. 至水(北海道)

第三回「ゴールデン根付アワーズ」授賞式の御報告

京都清宗根付館主催の第三回「ゴールデン根付アワーズ」授賞式が、
2016年11月10日、京都清宗根付館にて開催されました。
本年の受賞は、栗田元正さんと至水さんでした。
デビュー以来、応援し支えて下さった皆様に作家共々、深く御礼申し上げます。
これを励みに今後も、活動してまいります。
何卒宜しくお願い申し上げます。

shisui_9658.jpg
至水「根付・編めども...」、「緒締・100%メリノさん」

至水さんの受賞作品は「編めども...」でした。
『寒睦月 羊毛百分 襟巻を 編めども 編めども 頭熱足寒』と至水さんが詠んだように、
羊が自分の毛でマフラーを編むのですが、首ばかり暖かくなって、お尻が寒い。。。というものです。

blog16111304.jpg
中央の羊の根付が、至水作。左側の女性ものの根付が栗田元正さん作。

blog16111302.jpg
展示開設パネル

blog16111303.jpg
館内の展示風景(写真は館の許可を得て撮影・公開しています)

blog16111301.jpg
授賞式を終えて、安堵の至水さん

至水さんは、受賞にあたって遥々北海道から上洛。初めて清宗根付館を訪れることができました。
式の前後に収蔵の根付の数々を鑑賞し、栗田元正さんをはじめ、根付作家の方々とも交流することができました。
貴重な数日間となりました。

京都清宗根付館-webサイトはこちら!
https://www.netsukekan.jp/
  1. 2016/11/13(日) 13:59:09|
  2. 至水(北海道)
次のページ