FC2ブログ

根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。
展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

泉水 個展情報掲載 月刊美術2020/10月号

月刊美術 2020年10月号 〜秋の話題展&アートイベント×112

日本橋三越で開催の「泉水 陶展 〜祝祭≠SHUKUSAI 」の情報が掲載されています。

blog20101800.jpg
月刊美術 2020年10月号 101頁

blog20101603.jpg

月刊美術webページ
http://www.gekkanbijutsu.co.jp/backnumber/月刊美術-10月号/

今回の月刊美術 秋ナビには、根付関係の展示情報が、いくつも掲載されていて嬉しいです。
泉水さんの陶根付の展示(日本橋三越)、中梶真武さんの展示(花影抄)、
高島屋さんでの現代根付展(日本橋・横浜)など、盛りだくさんです。
書店でぜひ、お手にとってくださいませ。


「泉水 陶展 〜祝祭≠SHUKUSAI 」
2020年11月4日[水]〜10日[火]
会場/日本橋三越本店本館6階美術工芸サロン


春に予定していたアートフェア東京のブースでの展示のために準備していた陶根付作品に加えて、器の作品なども展示します。
日本人の好きな、祭・記念日・イベントなどを軸として、この島国の環境が育む独自の文化について。






  1. 2020/10/18(日) 20:18:00|
  2. 泉水/北澤いずみ(東京)

泉水作品掲載情報 「婦人画報」 2020/11月号

「婦人画報」 2020/11月号の「連載 旅する根付」に、泉水さんの『芝居のかえり』を掲載していただいております。


なんと、今回は歌舞伎座での取材撮影であったとのこと、
泉水さんの根付(しかも「猿芝居」にかけている作品)を歌舞伎座にお連れになられたのか。。。と、
なんとも言えない嬉しい気持ちです。
そして、『芝居のかえり』というタイトルの泉水さんの作品を、「芝居前」の道具帳とともに撮影してくださっていて、
芝居前とはご祝儀幕だともご説明されており、、、、、
根付らしい捻りの重なり具合に、思わず可笑しくて嬉しくて、ニンマリと笑ってしまいました。
本当に、有難う御座います。

書店で是非、ページをめくってくださいませ。  (Gallery花影抄/橋本)

※「婦人画報」webページ

blog201003_0.jpeg blog201003_1.jpeg

blog201003_02.png
泉水「芝居のかえり」 2016年制作
「名所江戸百景」の「猿わか町よるの景」より発想した作品でした。
  1. 2020/10/03(土) 22:51:22|
  2. 泉水/北澤いずみ(東京)

泉水 陶展 convivialité 〜夏の茶話会〜 終了のご挨拶

この度の新型ウィルス感染拡大が収まらない中、ギャラリーマネージャーと今後の展覧会の
あり方やギャラリーのあり方そして作家の活動について何度か話し合いました。
その際にギャラリーに人を招く際に気を付ける事、今まで以上に一人一人と向き合う必要が
ある事などを考える時、茶室に人を招く事と似ているという話になりました。

そこで、私が亭主となり、作品を見てもらう事と共に、お茶でおもてなしをしようという事となりました。

そして、ギャラリー花影抄が20周年である事で、私自身が長きに渡りお世話になって来た事
を振り返るべく、初期に展示させていただいていた根付以外の作品も並べさせて頂きました。

まだ終わりの見えない感染拡大ですが、人との向き合い方を改めて考える機会を得た事は
大きな事だと思います。

相持(あいもち)の花器、相持の茶碗はそういった発想から生まれたものです。

”「世は相持ち」 お互いに助け合う事で世の中は成り立っている。”

あなたがいて私がいて、初めてこの空間があり、その瞬間世界はある。そしてそれは二度と訪れない瞬間である。

たくさんの人が亡くなり、それは次には私かも知れない。一瞬一瞬を大切に生きなくてはと思っています。

この様な状況の中、沢山の方にお出で頂いた事、SNSなどで応援を頂いた事、心よりお礼申し上げます。

泉水

galleryblog_200909.jpeg

  1. 2020/09/09(水) 17:47:07|
  2. 泉水/北澤いずみ(東京)

【泉水 陶展 convivialité 〜夏の茶話会〜 出品作品紹介/花器 連作】

【泉水 陶展 convivialité 〜夏の茶話会〜 出品作品紹介/花器 連作】

開催中の展覧会から、花器の作品をご紹介します。

今回の展覧会開催については、今の息苦しい身の回り、生活の空気を少し(ささやかであれど)入換えようという目的がありました。
作家共々、人との交流をなんとかできないだろうか、、、という気持ちで企画した展示でした。

花や緑を活けるだけでも、気持ちの持ちようは、少し変わってくるように思います。

展覧会の最終日ではありますが、展示していた花器たちです。



「相持の花器」
半磁土  高41.4cm 
管理番号 izm20082226
blog20083001.jpg


「蛙 玉葱に登る」
半磁土  高14.8cm 
管理番号 izm20082225
blog20083002.jpg



「convivialité 」
半磁土  高16.5cm 
管理番号 izm20082224
blog20083003.jpg
  1. 2020/08/30(日) 18:25:40|
  2. 泉水/北澤いずみ(東京)

【泉水 陶展 convivialité 〜夏の茶話会〜 出品作品紹介/盒子(蓋物)編

【泉水 陶展 convivialité 〜夏の茶話会〜 出品作品紹介/盒子(蓋物)】

開催中の展覧会から、陶の箱の作品をご紹介します。
開けてのぞく楽しみがある作品たちです。


「盒子・global distance」
半磁土 14.0×8.0×高4.8cm 
管理番号 izm20082228
世界で最も距離をとってみた者達。
blog200830000.jpg
blog200830001.jpg
blog200830002.jpg
blog200830003.jpg



「盒子・クレイシ」
半磁土 14.0×5.0×高5.5cm 
管理番号 izm20082227
blog2008302.jpg
blog2008301.jpg
blog2008303.jpg
blog2008304.jpg



「盒子・出会い」
半磁土 7.0×5.0×高6.0cm 
管理番号 izm20082229
blog2008305.jpg
blog2008306.jpg
blog2008307.jpg
blog2008308.jpg



「盒子・A Mad Tea-Party」
(ヤマネの緒締が中に入っています)
半磁土 8.8×5.5×高4.8cm 
管理番号 izm20082230
blog2008309.jpg
blog2008310.jpg
blog20083011.jpg



「盒子・茶がま」
半磁土 5.0×5.5×高5.5cm 
管理番号 izm20082231
blog20083012.jpg
blog20083013.jpg
blog20083014.jpg



「盒子・青蛙」
半磁土 4.9×3.5×高2.5cm 
管理番号 izm20082232
blog20083015.jpg
blog20083016.jpg
blog20083017.jpg


作品へのお問い合わせは、Gallery花影抄 までお願い申し上げます。
mail@hanakagesho.com
tel/fax 03-3827-1323
  1. 2020/08/29(土) 23:04:26|
  2. 泉水/北澤いずみ(東京)
次のページ