根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

作家便り「17年7月/泉水(東京) 」

※一年ぶりの泉水さんの作家便り、今年は一味違う泉水さんに作家便りも復活してもらいました。

----------------------------------------
納品などで京都へ行って参りました。

祇園祭の後祭との事でしたが、平日だからか人出は少なく、天気もくもりがちで、思ったよりは
暑くもなかったので、緑に挟まれ水面がきらきら光る、高瀬川沿いを歩くのは心地よかったです。
街に小川があるのはとても素敵だなーと思いました。

2017-07-29_03.png


京都の街は目線を上げれば山もあるし、建物は保存されているし、やはり東京より緑が近く感じられ
それだけで気分がリフレッシュされます。人は自然と共生しないと!と、心から思います。自然、大事!

ともあれ、街並みに感心しながら目的地のお店tresor macco さんとomoさんにお邪魔し、無事に納品し、
omoさんのスタッフさんに地元密着型美味しいお店にご案内いたただき、「おいしいー!」を100回くらい言って、
かき氷を食べて、大満足の一日を終えました。

2017-07-29_02.png
京都のomoさん


翌日は清宗根付館にて納品と名品を鑑賞でお勉強。10年位前に納めた自作も展示されており、
当時の試行錯誤が見て取れ、嬉しいやら恥ずかしいやらでした。
2017-07-29_04.png
壬生の京都清宗根付館

2017-07-29_06.png
お勉強の後はお腹が空くので、お豆腐尽くしの懐石料理。裏に鴨川を臨む佇まいも素晴らしく、
見た目もお味も大満足。その後は京都国立近代美術館にて「技を極める―ヴァン クリーフ&
アーペルハイジュエリーと日本の工芸」を鑑賞。

2017-07-29_01.png

そういえば、ヴァンクリーフのデザイナーさんも「デザインは全て自然から学ぶ」と言っていました。大事、自然!

フランスと日本の技の饗宴との事でしたが、一緒に並べられていてとても不思議な感じがしました。
宝石はキラキラと外に光を発している感じ。七宝や象牙彫刻は内側に発している感じ、でしょうか?
いずれにしても、美しく、時間の許す限り見ていたい、出来ないけれど、所有したい!と、ため息ばかりでした。

2017-07-29_07.png
ため息の後は、きらきらスウィーツ。

お腹いっぱい胸いっぱいの京都二日間でした。
東京では取り敢えず、アウトプットに専念いたしますm(__)m。

  1. 2017/07/31(月) 12:40:58|
  2. 泉水/北澤いずみ(東京)

「勝地遊覧江戸双六」を終えて 泉水御挨拶

日本橋三越本店で開催された泉水陶小作品特集~根付から盃~「勝地遊覧江戸双六」
5月23日をもって無事終了いたしました。

想像以上にたくさんの方にお出で頂き、たくさんの方に楽しくご覧いただいたとの感想を頂き、とても幸せです。
今回の展示は場所ありきで計画しました。展示スペースが楕円のドーナツ型ケースでしたので、くるりと周り
ながら楽しめるもの、と考えを巡らせるうち、丁度「上がり」が日本橋の双六に出会いました。

37の(当時の)勝地を巡る双六ですが、今はもう存在しない地名もありました。
その内の30の勝地をピックアップし、その土地にまつわる話や、地名からのごろ合わせで32の動物等を
根付にしました。今は無い地名や知らない場所などは本やネットで色々と調べてみると未知のお話に
出会えたりして大変ながらも楽しい作業でした。

実際に訪れたりもしましたが、やはり当然ではありますが、徳川ゆかりの場所が多く、当時の改革などで
造られた公園が今もなお残っている事や様々な由来のある場所が、今までとはまた別の目線で豊かな
場所に思え、江戸幕府の奥深さを感じました。

まだまだ出来そうです!

差吞盃の方は単純に皆さん笑って手に取っていただけて、本望でした。
あまりやらなかった鳥類も評判が良かったので今後増やしていきたいな、と思います。
カメラを愛する方から「カメラと差吞みたいからカメラを中に入れてほしい」とのお言葉もありました。
そんなのも良いのかもしれません。やってみようかなぁ。笑

2017年5月 泉水

izumi_mitukoshi orei
  1. 2017/05/30(火) 17:08:22|
  2. 泉水/北澤いずみ(東京)

泉水展示ご案内「 ~根付から盃~ 勝地遊覧江戸双六 」 日本橋三越にて

来週5月17日(水)より陶作家 泉水の、陶根付と盃の展示が日本橋三越にて始まります。

izumi_mitsukoshi2017.png

今回の根付作品は、展示名にもありますように、勝地遊覧江戸双六にある地名にちなんだものを泉水が
それぞれ色々な動物やモノに置き換え作品にしています。双六のように、楽しくみて欲しいという願いも
込めています。また、陶根付に登場した動物を盃にも登場させ、より展示を盛り立てる要素となるように
展示します。以前から取り組んでいる”差呑盃(さしのみはい)”ですが、お客様のお声なども参考に改良も
重ねて、今回すべて新作です。こちらも手に取りご覧になってください。

izumi_2017_5blog.jpg izumi_2017_5blog(2).jpg
こちらはイメージです。(以前の差呑盃)お酒の入る量が少し多くなりそうです…!

izumi_mitukosi blog
今回、顔となるべく日本橋から発想した「かわうその棒手振」日本橋といえば、やっぱり魚河岸でしょうか。
後ろには同じく魚河岸テーマの「よっとこどっしょいこ」 後ろは一番上の写真をご覧ください。
しょいこに魚がつめられています。

ぜひ、日本橋三越本店 本館6階美術工芸サロンにて行われる泉水特集展示に足をお運びください。
また、作家在廊情報などはTwitterにてお知らせをしていきます。よろしくお願いいたします。


泉水陶小作品特集 ~根付から盃~
勝地遊覧江戸双六
会期:5月17日[水]~23日[火]
会場:日本橋三越本店 本館6階 美術工芸サロン
交通:東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅より徒歩0分
    東京メトロ銀座線・東西線「日本橋」駅より徒歩3分








  1. 2017/05/10(水) 18:13:48|
  2. 泉水/北澤いずみ(東京)

泉水メディア掲載情報(2017年春)

泉水さんは、この春いくつもの雑誌にて紹介をして頂きました。
ありがとうございました。これを励みに頑張って活動してまいります。

blog17041401_2.jpg
「婦人画報 2017.5月号」 〜レンズを通して〜 

blog17041401.jpg
(「婦人画報」2017.5月号20〜21頁)
今月の「旅する根付」のテーマは、美人の定義 でした。いろいろなタイプの美人根付が紹介されていました。
泉水作は「蛍狩り」「高嶌おひさ」「たかいたかい」


blog17041402_2.jpeg
「アートコレクターズ 2017.4月号」 愛するにゃんこアート

blog17041402.jpg
(「アートコレクターズ 2017.4月号」56頁)
泉水作は、「いやだいやだ」 嫌がる猫を万歳させる。昔も今も変わらない。。。。


blog17041403_2.jpg
「アートコレクターズ 2017.3月号」 完売作家全データ2017

blog17041403.jpeg
(「アートコレクターズ 2017.3月号」 35頁)
2016年の泉水さんの個展で発表した陶根付は、成約率93%でした。おかげさまでした。

※泉水さんは、2017/5/17(水)〜23(火) 日本橋三越にて特集展示があります。
  1. 2017/04/14(金) 20:10:18|
  2. 泉水/北澤いずみ(東京)

作家便り「16年8月/泉水(東京) 」

真夏の台風と寝苦しい夜にオリンピック・パラリンピック。

いかがお過ごしでしょうか。

オリンピックを見ているとロンドンから4年もたった事に驚き、その間自分が何を
してきたのかと思うと、時の経つのがあまりにも早く、気が狂いそうになります。

4年ごとのオリンピックは自分を見返す機会を与えてくれるイベントでもあるかもしれません。

そこで、東京オリンピックまでの4年間を後悔の無いよう、自分を成長させるべく、先ずは
過去4年間くらいに制作した作品を見返し、再制作してみる事にしました。

過去作品を作る事は色々な勉強にもなります。

制作当時拘っていたものが見えて来たり、その拘りのせいで疎かになっているものが見えて来たり。。。

何よりも、何を作ろうか、どうしようか??と考えている事より、手を動かす事の重要性を
再認識できます。 リバイバル制作であっても手を動かしていると新しい発想が生まれて
来たり、やりたい事が見つかったりするものです。

今手掛けているのは、2013年の個展で展開した、歌舞伎シリーズのリバイバルです。

モチーフを変えたりはしていますが、これはもう一度作ってみたいと思う題材に対しては
合計3つ位作っていきたいと思っています。どの様な変化があるか、少し楽しみでもあります。

izumi_bloh160824.jpg
写真は「泉水屋あげ巻」 前回は白狐でしたが、今回はウーパールーパーで。

泉水

※そんな泉水の作品はこちらからご覧になれます!
  1. 2016/08/24(水) 12:08:51|
  2. 泉水/北澤いずみ(東京)
次のページ