根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

作家便り 「2017年8月/森栄二(葉山)」

笛の夏休み

P7310864.jpg


夏休みは、子どもがずっと家にいます…


笛は特にと言う訳ではありませんが、まあまあ工作や絵を描くのが好きなようです。

P7110077.jpg
P8141358.jpg

こんなの作ってますよ。
素材はプラスチックの包装とかトイレットペーパーの芯とか厚紙、色々なガムテープを接着及び彩色として使ってます。
二つは笛のお気に入りの作で何度も手を入れ直しています。



スケッチブックを買ってあげると、スケッチに行きたいと言うので「どこ行く?」と聞くと「木が描きたいから山の中、そこらの木じゃだめ。うっそうとしたとこがいい」と。
そこで二人でトボトボ裏の山に登ってうっそうとしたあたりで腰かけてスケッチしてきました。それがこれ。

P8141365 (2)

P8141369.jpg

一枚目のが笛で次が僕です。

まさか子供とスケッチをする日が来るとは…

こんなところでこいつ描けるのかと心配してたら案外集中してましたよ。出来たのを見ると木は一本だけで、割り切り具合と、ちょこっと塗った緑色にグッとくるものがあって、本人も満足そう。
僕も山をおりる時最近ではなかなかない心地良さを味わっていました。

2017.8 森栄二
  1. 2017/08/28(月) 15:02:44|
  2. 森栄二(葉山)

作家便り 「2017年3月/森栄二(葉山)」

ありがとうございました

先月の5日に茅ヶ崎市美術館での「森栄二+森京子 かすかな光、覚めて見る夢展」が終りました。
長くて短い2ヶ月間でした。

mori_170310.jpg

mori_170310 3 (1)

とても寒くお忙しい時期に、会場に足を運んで下さったたくさんの方々、ワークショップやアーティストトークに
参加してくださった方々、本当にありがとうございました。感謝致しております。!!
とても楽しかった!(赤ちゃん達と作品を鑑賞するという企画もあったりして!)


今回の展示で我々は”二人展”または”ふたつの個展”ではなく、”夫婦としての個展”ということを
強く意識して会場の構成を試したつもりです。単なる二人展にしてはいけないのだろうなと。
これは我々の制作においての成り立ちを皆さんに感じ取って頂く良い機会になったと思っています。 
良し悪しは分かりませんが、我々は影響しあい、削りあいしながらいままで共に20年以上も一緒に
生きてきたのですから。

あぁ、それにしても昨年の秋、美術館の広々とした何もない展示室を思い、たらたらと冷や汗を流して
いた頃は、もはや遠い昔のことのようだ。

  2017.3 森栄二

mori_170310 2

mori_170310 4


■参加展覧会のお知らせ

「E.O展」—多摩美出身作家—
会期:2017年3月8日(水)から14日(火)
会場:日本橋三越本店 本館6階 美術特選画廊
多摩美術大学webサイト内の展覧会情報ページ

blog170310_0.jpg

  1. 2017/03/10(金) 20:23:55|
  2. 森栄二(葉山)

作家便り 「2016年12月/森栄二(葉山)」

茅ケ崎市美術館で「森栄二+森京子展」が始まっています!

高砂緑地というもともと砂山だった場所に大きな松の木が幾つも立っているとても気持ちのいい公園地があります。松の葉をふみながらのこの美しい林の奥に進むと、この美術館は静かに隠れるように立っています。

展示室は天井からの自然光が、柔らかく差していてとてもいい感じ。

茅ヶ崎市は夫婦で最初に住んだ土地です。この地でこうやって二人で展示をさせて頂くことができて、感慨深く息を吸い込んでいます。

ぜひ見にいらしてください。

2016、12月 森栄二

blog161230_1.png

blog161230_2.png

blog161230_3.png

blog161230_4.png

blog161230_5.png

森栄二+森京子展 かすかな光・覚めて見る夢
2016年12月11日(日)~2017年2月5日(日)
茅ヶ崎市美術館
http://www.chigasaki-museum.jp
  1. 2016/12/30(金) 18:40:50|
  2. 森栄二(葉山)

森 栄二 + 森 京子 展  始まります (茅ヶ崎市美術館)

明後日12月11日日曜日より、作家の森栄二さんと奥様の森京子さんの展示が
茅ヶ崎市美術館で始まります。

moriten_16.jpg

茅ヶ崎市美術館 企画展 「 かすかな光・覚めて見る夢 森 栄二 + 森 京子展 」
会期:2016年12月11日(日)~2017年2月5日(日) webサイト
休館日:月曜日(1月9日の祝日は開館)、12月27日(火)~1月3日(火)、10日(火)、11日(水)
開館時間:10:00~17:00 (入館は16:30まで)
観覧料:一般:500円(300円) 大学生:300円(250円) 高校生以下:無料
会場:茅ヶ崎市美術館 展示室1・2
主催:公益財団法人茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団

今年はこの展示の準備で忙しくされていた森栄二さん。
今まで制作してきた木彫作品を中心に、ドローイングなども展示されるようです。
会期中にはアーティストトークや、ワークショップも行われる予定です。
ぜひ、お誘い合わせの上茅ヶ崎まで足をお運び頂ければ幸いです。

■アーティスト・トーク(作家による自作解説)
森栄二・森京子
日程1:2016年12月23日(金・祝)
日程2:2017年1月15日(日)
両日とも14時より1時間程度、展示室1.2
事前受付不要・無料(観覧券が必要です)

■ワークショップ「じぶんをつくろう」
森栄二
日程:2017年1月9日(月祝) 13時半~16時半
対象:小学生以上 16名(先着申込制)
※お申込みの方は12月11日10時より美術館受付
又は、お電話(0467-88-1177)にてお申込みください。
  1. 2016/12/09(金) 21:30:32|
  2. 森栄二(葉山)

作家便り 「2016年11月/森栄二(葉山)」

雪が降っている。
雨交じりの重たい雪が静かに積もり始めて辺りはいつもよりちょっとだけ明るい。

笛なら雪合戦をしたいと言うだろう。
この2年ほど雪合戦ができるほど積もった雪の日はなかったから。
雪だるまも作ると言うだろう。大きいのと小さいのと二つ作る。
大きい方の雪だるまは大小の雪玉を重ねて、目には石を使うそうだ。
鼻は木の実とかだろうか。口は指でかくと言っている。
頭にはやはりブリキのバケツをかぶせる。ブリキのバケツはちょうど外の流しにある。
夏の花火の燃えカスが、マゼンタ色の木の棒がまだそのまま、水に浸かった状態で。
小さい雪だるまはチャイダルマだ。
この夏に死んだ犬がチャイだ。いつも雪が降るととても小さなチャイダルマを妻が作る。
耳はたれ耳を雪で作り、目には庭に落ちている椿の実を使う。
いつも外に置いてある椅子の下に置いて雪宿りをしている。

笛は数年前の大雪のときに遊んだことがとても楽しく心に残っているのか、繰り返し雪が降って欲しいと口にする。
僕に雪玉を投げつけるのだと言う。
数年前の雪遊びの最後には手袋がびしょ濡れになって、冷たくて痛くて大泣きしたというのに。

morieiji taori11

あぁ、もう雨になっている。

2016.11.24am 森栄二


追伸
もうすぐ12月11日から茅ケ崎市美術館で妻と二人で展示をさせていただくことになっていて、
今はその準備でぐるぐるしている毎日です。

moriten_16.jpg

茅ヶ崎市美術館にて12月11日より森さんご夫妻による展覧会が開催されます。
アーティストトークなどもありますので、足を運んで頂ければ幸いです。

茅ヶ崎市美術館 企画展 「 かすかな光・覚めて見る夢 森 栄二 + 森 京子展 」
会期:2016年12月11日(日)~2017年2月5日(日)
 webサイト
休館日:月曜日(1月9日の祝日は開館)、12月27日(火)~1月3日(火)、10日(火)、11日(水)
開館時間:10:00~17:00 (入館は16:30まで)
観覧料:一般:500円(300円) 大学生:300円(250円) 高校生以下:無料
会場:茅ヶ崎市美術館 展示室1・2
主催:公益財団法人茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団

会期中の催事
■アーティスト・トーク(作家による自作解説)
森栄二・森京子
日程1:2016年12月23日(金・祝)
日程2:2017年1月15日(日)
両日とも14時より1時間程度、展示室1.2
事前受付不要・無料(観覧券が必要です)

■ワークショップ「じぶんをつくろう」
森栄二
日程:2017年1月9日(月祝) 13時半~16時半
対象:小学生以上 16名(先着申込制)
※お申込みの方は12月11日10時より美術館受付
又は、お電話(0467-88-1177)にてお申込みください。


  1. 2016/11/24(木) 14:58:29|
  2. 森栄二(葉山)
次のページ