根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

作家便り/ 「2018年2月/中梶真武 (神奈川)」

お久しぶりです、中梶です。

今回は根付制作の合間に少しずつ進めてる宝石彫刻のお話を少し。

今はアゲートの原石を加工して蛸を作っています。メノウと言った方が聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか。
原石の時点でちょうど掌に収まるくらいの大きさで表面の質感も面白い石だったので、それを残しながら形を出しています。

昨年、宝石彫刻の作品を展示していた際に根付として使えるような作品も見てみたいとのご意見をいくつか頂き、
自分自身もやってみたかったので今回は紐通しも有りです!

アゲートに限らずジュエリーなどに使われている多くの宝石は硬度が高いため、
根付の材料としている鹿角や黒檀などに使っているヤスリなどの工具ではなかなか加工が出来ません。
そのためダイアモンド工具をメインに形を出していくのですが荒彫り以降になると市販の工具では手が届かない部分も出てくるので、
既成の工具を改造したり、一から作ったりして試行錯誤しつつも楽しみながら進めています。

彫刻も仕上げの磨きも普段の制作と比べるとかなり時間がかかりますが、石を使うことの面白さも大きいですし、
自分なりに一つずつやり方を確立していけば色々なことが出来そうです。


ちなみにこんな感じで進行中です!


blog1802201.jpeg

blog1802202.jpeg

blog1802203.jpeg
  1. 2018/02/20(火) 16:21:55|
  2. 中梶真武(神奈川)

作家便り「17年12月 /中梶真武(神奈川)」

ひと月ぶりです。中梶です。

先日、六本木ヒルズ展望台で開催されている「ブルガリ セルペンティフォーム アート ジュエリー デザイン」へ行ってきました。

blog171221.png


ブルガリのアイコンとも言えるような「セルペンティ」を中心に蛇というモチーフに焦点を当てた展示で、
ジュエリーだけでなく彫刻、絵画などの現代美術の作品も多く観ることができ、予想とは違ったところでも楽しめました。

展示会場の最後に「セルペンティ」の初期から現代に至るまでの品が順番に展示されていて、
デザインの変化なども感じることができたのも良かったです。
個人的にはこの展示に向けて作られたという最新の作が洗練されていて好みで、
ダイアと合わせてオニキスやスネークウッドをカーヴィングして加飾に使用している物もあり、
この辺りの異素材感が不自然にならないようなバランスのデザインや作りは上手いなぁと。

自分で根付作品を作る上で、
ジュエリーに用いられている貴金属、宝石などの素材や石留めなどの加飾を良いバランスで
根付の中に取り入れたいという考えは常々あるのですが、
上手く使わないと品が無いただただ違和感のあるものになってしまうと感じているので
デザイン化、デフォルメをした中でどのようにそれらを効果的に合わせていくかという事を
課題としてもう少し深く考えて手を動かして行こうと思います。

この展示は、ジュエリー、美術、蛇、どれかが好きなら楽しく見れると思いますので
興味ある方は行って損はないかと思います。展望台からの景色も良いですよ。

僕もここ数年上がってきた爬虫類熱が現在最高値に来ているので
単純に蛇モチーフ縛りの展示というだけでも観ていてテンションが上がりました。
ヘビ、カメ、トカゲ…良いなぁ。


そして、今年ももう少しで終わりですね!

少し早いですが、今年も有難うございました。
皆さま良い年末年始をお過ごしください。
それでは良いお年を!

中梶
  1. 2017/12/21(木) 12:12:12|
  2. 中梶真武(神奈川)

作家便り/17年11月/中梶真武(神奈川) 

お久しぶりです。中梶です。
ここ最近は雨も多くどんどん寒さが増してきていますね。
僕は、今年もそろそろ股引の出番かな、というところです。

そんな感じで2017年ももう終わりの方になってきましたが、
実は今年は自分の作品制作とは別にトレーニングとして、
美洲先生の作品をお借りして、それを見本にしながらの模刻をしています。
美洲先生とは、二人展が終わった後も昨年のように頻繁ではないですが、
ありがたいことに、今でも時々先生の工房やギャラリーなどで僕のデッサンや作品について
ご意見、ご指導いただいています。

blog1711041.jpeg

現在、お借りして進行しているのは、眠り猫の根付です。
今までに教えていただいた事を再確認しながら手を動かしていますが、
デザインから自分が考えた作品を美洲先生に指導していただきながら作る場合と、
美洲先生の作品をコピーするつもりで観察しながら作る時とでは、
気付く事や見えてくる事も違ってくるなと感じています。
その辺りの感覚をうまく文章でまとめられないのですが、
美洲先生はどういう考えでこの様な造形にしたのか?以前伝えてくれていた事はこういう事なのかな?など
作品を前にしながら、色々と自分の中で振り返ったり考えたりしながら手を動かしているのが、
自作を作っている時とはまた違った感じで楽しいです。
自分の仕事も進めつつのトレーニングなので、そんなにドンドン進められるわけではないのですが、
こちらも時々どんなことをやっているか、などブログでご報告できればと考えています。

blog1711042.jpeg


また、自分の作品制作の方では石を使った根付にも取り掛かろうとしていて、
第一弾はこちらの石を使ってやってみようと考えています。
まず根付穴を開ける事が凄く大変そうな予感がしてますが、
そこは頑張ってゴリゴリとやっていこうと思います!



mab170917_01_s.jpg
※根津の根付屋「中梶真武」紹介ページはこちら!
  1. 2017/11/04(土) 20:08:32|
  2. 中梶真武(神奈川)

作家便り/17年9月/中梶真武(神奈川) 「rooms」と「New Jewelry」

「rooms」と「New Jewelry」

作家便りではお久しぶりです。中梶です。

先日、ファッション、デザイン系の展示会である「rooms」とジュエリーの展示販売会「New Jewelry」へ行ってきました。

blog170917_02.jpeg
rooms EXPERIENCE 35
webページ
https://www.roomsroom.com/about/

blog170917_01.jpeg
New Jewelry Next Autumn
webページ
http://newjewelry.jp/2639/

このような展示会は年に幾つか開催されているのですが、実際に会場に見に行くのは数年ぶりでした。
出品されている作品、商品はもちろん、場の雰囲気やそれぞれのブースの展示方法など色々と見ながら会場を回り、
商品を手にとって見ているとほぼ必ず「作ってる方ですか?」と手つきでバレるという作家あるあるもありつつ、
それをきっかけでお話しさせてもらった方々も多く、とても刺激をいただきました。


元々、自分は根付とジュエリーを別々のものとして二足のわらじ的に並行して続けて行くだけではなく、
それらが交わった所で作品を作って行きたいという思いを持ちながら制作をしてきました。
そして、ジュエリーの仕事をする上で学んだ技術などを根付に取り入れた作品(「千鳥」など)はいくつか作ってきましたが、
逆に根付を作る上で学んだことを取り入れたジュエリー、アクセサリーはまだ作っていません。
というわけで今後、根付以外の品も何かしら発表していけたらと考えています!
宝石彫刻もその試みの一つなので、こちらはもちろん続けつつ、また違った方向からのアプローチもしていければと。

試作的なところから始めようとしているので、まだ全く具体的なことを決められているわけではないですが、
楽しみながら手を動かして進めて行きたいと思っています。
それらも途中経過などTwitterとかでも出していくと思うのでなんかやってるなーと見ていただければ嬉しいです!

涼しい日も増えて来ましたが温度差大きい時期なので皆様体調など気をつけてお過ごしくださいませ。

中梶真武



  1. 2017/09/17(日) 19:39:22|
  2. 中梶真武(神奈川)

「金井麻央・中梶真武 二人展」を終えて(中梶真武)

先月、開催していた金井麻央さんとの二人展では、
暑さや、雨で足元の悪い日もある中、多くの方々にご来場いただき本当にありがとうございました。
毎日在廊させていただいた事もあり、作品を前に今まで以上に色々なお話や、ご意見、ご感想をいただけて、
とても充実した貴重な1週間になりました。

今回は、根付の他にも新たな試みとして宝石彫刻の作品を出品しました。
それぞれの石が持つ特有の質感や色、透明感など、素材としてとても魅力的で、
加工が難しい事も含めどうやって形にしていくかを考えながら手を動かすのが楽しく、
これからも前向きに取り組んで行けるテーマになるなという手応えを感じています。

正直、根付ではない作品がどう見られるかという不安も少しありましたが、
お客様からも背中を押していただける様な反応、ご感想を多くいただけたので、
次にしっかり繋げて、根付とはまた少し違う気配を纏った宝石彫刻の作品も増やせていければと考えています。

また、いくつかの課題も見えてきたので今後はそこを少しずつでもクリアしていきながら制作を進め、
より良い作品を作って行けたらと思います。


と、ここまで書いて読み返すとやたらと堅い感じの文章になってしまいました・・・
二人展が終わって1週間になりますが、制作も進めつつ、
展示中にお客様に勧めてもらった本や映画を観たりして少しゆっくりしながら次に作るものを考えて過ごしています。
色々やってみたいことはあるのでひとつずつ形にしていきます!
今後も頑張っていきますのでよろしくお願いいたします!


中梶 真武


DSC_8358.jpg

DSC_8185.jpg
  1. 2017/08/06(日) 19:04:06|
  2. 中梶真武(神奈川)
次のページ