根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

2017年7月30日(日) ワンダーフェスティバル夏に参加しました

blog170820_w.jpg

2017年7月30日(日) ワンダーフェスティバル夏に、永島信也さんと道甫さんと「根津ノ根付屋」として出展しました。
ワンダーフェスティバルは、日本のサブカルチャーの聖地の1つだと思います。主に模型文化を愛する人達が集まっている1日限りのお祭りで夏と冬の2回あります。永島さんが参加をはじめると共にギャラリーとして一緒に出始めました。至水さんもご友人の怪人フィギュア作家さんと出ていますし、もともと守亜さんにとっては恒例の作品発表と販売の場です。

「根付」と「ストラップやフィギュア」との類似性や相違・差異については、現代で根付について話される時にしばしば出てくる部分です。いわば隣の異国であると思います。異国でありながら国境を接しているので行き来がある。造形作家・竹谷隆之さんの原型による「妖怪根付」が海洋堂から発売されて人気を博したことも大きな関係があると思います。「フィギュア造形」と「根付彫刻」の距離が狭まった瞬間であったのではないでしょうか。根付が元来サブカルチャー的な位置にあり親和性が高かったのかもしれません。
海洋堂の妖怪根付をコレクションしたことがきっかけで、以降、本来の根付のコレクターになられた方もあり、フィギュア造形の作り手の中で「根付」が認識もされたことは大きかったと思います。

私たちのギャラリーが模型・フィギュアの作品世界に接するようになったのは、最初に「生き物のフィギュア造形」作家であるところの守亜さんが、自作に根付造形の要素(デザインなど)を参考にしようと訪ねてきてくれたところからでした。その後、守亜さんは「樹脂(レジン製)根付作品」を実際に主要なラインナップとして制作活動を展開し、ついにはゴジラなどの怪獣根付を公式の仕事として手がけるに至りました。このゴジラの根付から、本格的な根付について調べて興味をもつような人もあるだろうと思います。

ギャラリーとしては、当初に守亜さんのファンの人たちなどから、「ワンダーフェスティバル面白いし未知の作家居るからおいでよ!」と声をかけられたりしていたのですが、なかなか実際に「その場」に行く・関係するというところまで至らずにいました。その後、前述のように、永島信也さんが参加して作品を並べてみたいということもあり、至水さんが友人の作家さんと一緒に参加したり、そういう中で押し出されるようにギャラリーとして参加をしてみることになったのです。会場では、根付作家に限らず、知っているアーティストの方々がたくさんお客さんとして来場していたりしました。話を聞くと昔からずっと通っているというようなことも。会場の熱気にも驚きましたし、なにか羨ましくも感じました。


模型ファンではないので、ワンダーフェスティバルの会場に来ると、やはり美術工芸のことを考えます。「根付(工芸)」「フィギュア(模型)」「彫刻(芸術)」といったキーワードについて思考を巡らすのはとても面白いです。
またワンフェス会場には様々な「欲」が渦巻いていて、それはアート業界や社会の中にある同じものが、より凝縮された形で一日限りのお祭りの中に現出しているように感じます。作り出したい欲、見せたい欲、所有欲、承認欲、お金まわりの欲、さまざまな趣向への欲(可愛らしいもの・性的なもの・カッコいいもの・強いものへの憧れ、気持ちの悪いもの・・・)などなど、それらが混沌と力強く渦巻いていてハッキリ見えて認識でき、考える良いきっかけにもなりました。

日本では長らく彫刻や立体は売りにくいと言われてきました。売るギャラリーやディーラー側も、制作している作家側も、日本で立体を売っていくのは難しいと耳にしながら活動してきたのではないでしょうか。
ですが、ワンダーフェスティバルの活況はどうでしょう。模型もいわば立体です。こんなにも立体が好きな人たちが押し寄せている。その有り様を見て体感して、頭がグラグラするほど驚いたのです。フィギュアは、言ってみれば現代の「置物」です。彫刻のジャンルでは近年に至るまで、「置物」はあまりポジティブな雰囲気で捉えられてきませんでしたが、「フィギュア」が「今日的な置物」であるとして、ワンダーフェスティバルの長きにわたる盛況を見ると、「フィギュア」は日本の文化の中で受け入れられてきたということで、ワンダーフェスティバルを通じて、そこに何か立体作品を作る作家が展開していけるヒントがあるように今は感じています。

blog170820_d_n.jpg
会場設営をする永島信也さん(右)と道甫さん(左)

blog170820_n_1.jpg
2017 夏 永島信也さんの出品

blog170820_n_2.jpg
永島信也さんの木彫のフィギュア作品

blog170820_n_3.jpg
永島信也さんの出品の根付彫刻

blog170820_d_1.jpg
道甫さん恒例の自分撮り

blog170820_d_2.jpg
道甫さん出品の「クトゥルフ」シリーズ


blog170820_ssi.jpg
至水さんのテーブル
※至水さん本人のブログにもワンフェス参加報告レポートあります!
https://deadpool-shisui.blogspot.jp/2017/08/2017.html


blog170820_w_2.jpg
blog170820_w_3.jpg
2017 春 に参加した時に取材をされた冊子に掲載していただきました。

  1. 2017/08/20(日) 21:56:55|
  2. アートフェア他(根津以外での展示活動)

[ワンダーフェスティバル 2017 夏]

[ワンダーフェスティバル 2017 夏]
webサイト- http://wf.kaiyodo.net/wf/

2017年7月30日(日) ワンダーフェスティバル夏 に永島信也さんと道甫さんとで出展いたします。
卓番/7-22-05の「根津ノ根付屋」でお待ちしております。
永島さんは、木彫フィギュアと根付数点(とできれば提げ小物数点)
道甫さんは、できたら新作根付と、アートフェアや展覧会などで発表した作品など数点。

blog17071502.jpg

blog171503.jpg



至水さんも、地元の作家仲間の方と一緒に出展します。
NorthStar/DeadPool/7-11-18です。

[至水さんブログ]
http://deadpool-shisui.blogspot.jp/

[NorthStar]
http://northstar.main.jp/

blog17071504.jpg


守亜さんとケンタローさんも一緒に出ています。
卓番/5-22-02 

blog17071505.jpg

暑い盛りではございますが、みなさまの御来場をお待ちしております!
  1. 2017/07/15(土) 20:33:21|
  2. アートフェア他(根津以外での展示活動)

上原万征・道甫・森謙次の3名が、伊勢丹新宿店アートギャラリーでのグループ展に出品致します。

blog170521_0.jpg

上原万征・道甫・森謙次の3名が、伊勢丹新宿店アートギャラリーでのグループ展に出品致します。

「骨のあるアート展〜骨が語る物語〜」
伊勢丹新宿店 本館5階=アートギャラリー
2017年5月24日(水) -30日(火)
最終日6時終了

出品予定作家 (50音順)
因幡 都頼 / 上原 万征 / 小田 隆 / 玉川 麻衣 / 平良 志季 / 團上 祐志 / 出口 雄樹 / 道甫 / 長瀬 萬純 / 丸岡 和吾 / 森 謙次 / 横山 隼 / Kiriku 他

伊勢丹新宿店美術展-webサイト
http://isetan.mistore.jp/store/shinjuku/floor/main_5f/art/index.html

blog170521_01_6044.jpg
上原万征「そらまめず」 そら豆の鞘の中に、髑髏豆たちが収納されます。

blog170521_02.jpg
道甫「髑髏に蜘蛛」

blog170521_03.jpg
森謙次「骸骨福禄寿」




  1. 2017/05/21(日) 21:33:10|
  2. アートフェア他(根津以外での展示活動)

「彫刻アニマルパーク」に出品します(守亜・かわさきみなみ)

今月19日(水)から始まる日本橋三越本店でのグループ展に、
守亜とかわさきみなみが参加します。それぞれ新作交えての展示になります。

nihonbashi_animalpark_hyou.jpg

2017年4月19日(水)~5月2日(火)
日本橋三越本店 本館6階 アートスクエア

若手から大家まで、幅広い作家による動物の彫刻を揃えたグループ展です。
木、石、ブロンズなど、さまざまな素材で作られた、いろいろな種類の楽しい
動物たちが大集合。きっとお気に入りの動物と出会えるはず!(三越webページより)

守亜は今回、亀の作品5種を展示します。新作は鰐亀の立体作品と根付(ed20)です。

かわさきみなみは、羊毛作品1点と塑像作品2点で、塑像作品が新作です。

作品についてなど、詳しいことは日本橋三越のアートスクエアまでお問合せください。

nihonbashi_animalpark_01.jpgnihonbashi_animalpark_02.jpg

ゴールデンウィークにも少しかかっている会期です。ぜひ足をお運びください。
  1. 2017/04/12(水) 18:57:42|
  2. アートフェア他(根津以外での展示活動)

Wonder Festivai 2017 [Winter]

Wonder Festivai 2017 [Winter]
2017.2.19(sun)
幕張メッセ1〜8ホール


永島信也と至水が作品を展示します。
卓番号は、6-28-03 です。

当日は、永島信也さんが会場に居りますので、もし御来場に際にはお気軽にお声をかけてください。
たくさんの方々との出会いを楽しみにしております。
何卒宜しくお願い申し上げます。

ワンダーフェスティバル公式webサイトは、http://wf.kaiyodo.net こちら!

blog17021701.jpg
永島信也さんは、木彫フィギュア「一閃」と「光の主」を展示します。

blog17021702.jpg
至水さんは、鹿角フィギュア「BEELZEBUB」 を完全版を展示の予定です。
※写真は、昨年末のアートフェアでのものです。
※今回は至水さんの上京はありません〜!!
  1. 2017/02/17(金) 19:20:23|
  2. アートフェア他(根津以外での展示活動)
次のページ