FC2ブログ

根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。
展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

守亜作品展 「ありよう/あれよう」会期終了と「作品販売ページ」更新のお知らせ

blog20101401.jpg

blog20101402.jpg

守亜作品展 「ありよう/あれよう」は、台風の接近などもありましたが、10/11 無事に会期を終了致しました。
御来場くださいました皆様、インターネット上で訪れてくださった皆様、大変有難うございました。

昨年までとは違う試みをした今回の展覧会は、予想以上に得るものが大きなものとなりました。
守亜さんもギャラリーも、考えを少し深め進める機会となりました。
いつも応援してくださる皆様のおかげです。作家共々、感謝をいたします。

抽選販売の作品のお客様と連絡も一段落しまして、「展覧会作品販売ページ」の情報を更新いたしました。
引き続き、販売中の作品、またエディション作品についてはご予約を承っておりますので、
ご希望のものなどございましたら、お申し付けくださいませ。
何卒宜しくお願い申し上げます。


「守亜作品展 ありよう/あれよう 作品販売ページ」
https://netsukeya.wixsite.com/hanakagesho-moria/home

blog20101403.jpg


お買い上げやご予約をいただいたお客様には、お渡しまで今しばらくお待たせいたします。
準備を進めてまいります。かさねてお願いを申し上げます。

  1. 2020/10/14(水) 20:09:24|
  2. 守亜(群馬)

守亜作品展 「ありよう/あれよう」 出品作紹介サイトも、公開中です

守亜作品展 「ありよう/あれよう」
2020年10月6日[火]〜11日[日] 開催中です!

○出品作紹介サイトも、公開中です(10月7日[水]13:00〜)
ぜひ、御覧くださいませ。
抽選作品のエントリーや、エディション作品の予約なども、こちらで受付中です。

https://netsukeya.wixsite.com/hanakagesho-moria/home

何卒宜しくお願い申し上げます。

blog201008_00.jpg
blog201008_01.jpg


※ギャラリーへのご来場は、ご予約をお願いしております。

■ご予約可能日(最終日11日[日]のご予約は17:00までとなります)

10月 9日[金]
   10日[土]
   11日[日]

■ご予約時間(ご鑑賞時間は45分を目処としております)

① 13:00~13:45
② 14:00~14:45
③ 15:00~15:45
④ 16:00~16:45
⑤ 17:00~17:45
⑥ 18:00~18:45(最終日は18時閉場です)

■来店予約について メールかお電話にてご予約を承りいたします。

お名前、お電話番号、上記よりご希望日と時間帯をお選びの上、お知らせください。
同行者がいらっしゃる方は、人数もお知らせください。

□メールアドレス:mail@hanakagesho.com(※件名を「守亜展予約」としてください)
□電話番号(FAX同):03-3827-1323 (9/28・29は休廊)

ご質問がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。
なにとぞよろしくお願い申し上げます。


[ 作品販売について ]

このたびの守亜展では、抽選販売と予約販売(先着順)と一般販売(先着順)がございます。
それぞれ以下の通りとなります。

●抽選販売作品について

1点ものの彩色作品は、エントリー抽選方式にて販売とさせていただきます。
受付期間は展示2日目の10月7日~11日18時までです。
出品作紹介サイトにてご紹介しております。
エントリーはギャラリーにお越しになり直接申し込みいただくか、メールで受付いたします。
(受注メールは2日以内に、スタッフからご返信を差し上げます。)

ご注意点:複数お申し込みの場合は、複数当選されることも考えられてエントリーくださいませ。
また、当選の発表は14日午前中(12時)までにご連絡するように進めてまいります
(当選メールをもちまして抽選の発表に代えさせていただきます)。

希望者がいなかった作品は、出品作紹介サイトにて、先着順にて購入を受け付けます。

●予約販売(先着順)について

新作の根付6種について(エディション20)はお申込いただき、
お手元に届くのが11月中旬頃となります。
ギャラリーにお越しになり直接申し込みいただくか、メールでも受付いたします。
(受注メールは2日以内に、スタッフからご返信を差し上げます。)

●一般販売(先着順)

お声かけいただいた順番に受付けいたしまして、在庫がございましたら、ご注文を承ります。
ギャラリーにお越しになり直接申し込みいただくか、メールでも受付いたします。作品のお渡しについては、店頭ではその場で、電話やEメールでのご注文は、会期後になります。個々にご相談させてくださいませ。何卒宜しくお願い申し上げます。


※今回の展示の作品発送につきましては、誠に恐縮ですが送料着払のみとさせていただきます。
  1. 2020/10/08(木) 19:39:34|
  2. 守亜(群馬)

守亜さんのオンライン上での企画を検討中です

コロナウィルスの影響が、予断を許さぬ日々が続いております。
私どものギャラリーも、スタッフを可能な限り在宅ワークにし、電話番も兼ねた最少人数の出勤人数で活動を続けています。
春に予定していた展覧会やイベントの大きな変更検討に追われる毎日です。

作家のみなさんとも、インターネットの画面を介してのミーティングをすることが多くなりました。
先日は、守亜さんとスカイプでミーティングをして、
検討していた守亜さんの週末在廊企画は中止を決めて、今後オンライン上での企画を練ることになりました。
こんな状況だからこそ、ファンの方々に楽しんでいただき、また自分たちも楽しくて活動出来るものを考えたいです!

blog200416.jpg

※Gallery花影抄の展覧会・作品発表予定は、以下のページでご確認ください。
https://www.hanakagesho.com/gallery/comingsoon.html
  1. 2020/04/16(木) 16:09:53|
  2. 守亜(群馬)

作家便り 「2020年3月/守亜 (群馬)」 毒ヘビ全書である。

blog200330_01.jpg


ここ数年、本をじっくり読む時間がとれないでいる。
お世話になっている島泰三先生の本も、学生時代からずっと読みつづけてきた菊地秀行の新刊も、いろいろと気になる本も、見事に積んである。
そこへきて最近また読みたいのにまとめて読む時間がとれない本が出た。毒ヘビ全書である。

爬虫両棲類のなかでも、毒ヘビ、それからワニを多く取り扱う本は多くない。
専門的な図鑑などはその多くがペットとして日本に入ってきている写真をまとめたものが多く、
毒ヘビやワニはなかなかその流通の上にはのらないという理由で載っていない、もしくは載っていてもわずか、という状態である。
毒ヘビ、ワニが多く載っているのは子ども用の図鑑、さもなくば洋書ということになる。少なくとも今まではそういう状況だった。
(全くの余談であるが子どもの図鑑は全然侮れない。)

と、そこへきての毒ヘビ全書である。ボロボロにして読み資料にする用と、綺麗にとっておく用と、2冊買い必須であろう。
こんなに多くの毒ヘビが写真付きで日本語の解説で読める日がくるなんて思いもよらなかった。有難い。
僕はこの本の執筆者全員と顔見知り、もしくはお世話になっている方々で特にメインで執筆されている田原さんにおいては、
普段から綺麗な画像をオンライン上で公開していたので、こういう形で紙媒体として手元に置くことができたのは本当に嬉しい。
さらに余談であるが、田原さんの台湾のセンザンコウの画像は本当に美しく、その構図を元に絵を描いてTシャツにしたことがある。

さて、この本が出ると知ってから手元に届くまでの専らの興味は「ブッシュバイパーが何種掲載されるか」ということであった。
果たしてそれはまあまあ順当に3種であったが、それでも凄いことで綺麗な写真を解説付きで読めることは本当に有難いことだ。
ブッシュバイパーは今のところ15種、ないしは16種に分類されている。そのどれもが美しいことは言うまでもないが、
それぞれに特徴を持っている。トゲトゲのもの、硬そうなもの、角のあるもの、色彩も緑、黄、赤と様々でなんとも〈男の子ゴコロ〉をくすぐる種ばかりである。

そんなわけで今日もブッシュバイパーを作る。
今はヘアリーブッシュバイパーに着手している。この仲間の中では1番小型でそれでいて1番鱗がギザギザしている。
頭部が多くの人が思うようなヘビらしさがなく上下の厚みがしっかりしていて、さらに目も黒目がちなのでどこかキャラクタナイズされた印象を受ける。
これは私見だが、このような頭部に厚みがあるヘビは樹上棲のものが多いように思う。
そしてそういったことを想像しながら造形物の構図を決めていくことが楽しい。
どのような動きをするのか、どんな風な見せ方が良いのか、など。

前2作のブッシュバイパー根付もそういう想像からポーズを決めていった。
どちらも樹上棲なので地を這うような構図は避けた。身を寄せている枝も造形に盛り込もうかとも思ったのだけれども
それはやめておいた。これらのヘビ単体で立体活動を想像させるようなデザインにしたかったからである。
そのために2作目のホーンドブッシュバイパーでは獲物を狙うようなポーズと枝を登っていくようなポーズ、2通りのイメージで置けるようなデザインにした。
さらに根付として紐を通した際には紐を枝に見立てて絡まって止まっているように見せられるようにしてみた。
なかなか余計なことかもしれないが、僕はこういうことが楽しくて生き物を作っているし、
それを根付のデザインにも持ち込もうとしている。
気づく人がいてもいなくてもあまり気にしない。
自分自身が面白いと思ってやっていることで、それこそが生き物を作る上で最大の醍醐味であると僕は信じている。

そういうわけでブッシュバイパーをひと通り作り終えたら今度は地上棲の毒ヘビも作りたい。
構図はいくつか決まっている。
いつになるのかはわからない。
ヘビばかり作っているわけにもいかないので。
そして今日現在は怪獣に追われていたりするので。

blog200330_0.jpg
毒ヘビ全書
田原 義太慶 編著
グラフィック社
webページ http://www.graphicsha.co.jp/detail.html?p=40293


mra191025_01_main.jpg
守亜「トゲブッシュバイパー」

mra191025_01_main_20200318120732667.jpg
守亜「ツノブッシュバイパー」

mra200325_04_sub2.jpg
守亜「ツノブッシュバイパー」(彩色バージョン違い)

「根津の根付屋」
守亜 作品ページは、こちら!
  1. 2020/03/30(月) 09:11:40|
  2. 守亜(群馬)

守亜作品展 「移怪との(    ) 」新作 エディションについて

blog19121200.jpg
写真は、守亜さんアトリエにて

この秋終了した、守亜さんの作品展 「移怪との(    ) 」 にて、
作品の御予約をいただいておりました皆様、有難うございました。
大変お待たせをいたしました。

守亜さんが制作・仕上げを終えまして、ギャラリーに納品してくださいました。
現在、各お客様とご連絡を取りながら、順次、発送・お届けの作業を進めております。
お手元に届くまで、もう少しだけお待ち下さいませ。
何卒宜しくお願い申し上げます。

なにかお問い合わせ、ご質問などございましたら、以下の連絡先までお願い申し上げます。

e-mail netsukeya@hanakagesho.com
電話・FAX 03-3827-1323

また、この展覧会で発表された新作のエディションについては、各1〜2個、販売可能なものが届きました。
購入をご検討くださっている方は、是非お声をおかけくださいませ。

blog19121201.jpg
「刃の九尾」 22,000円(税込) 18番


blog19121202.jpg
「赤城山大百足面配」  11,000円(税込) 19番、20番


blog19121205.jpg
「鰐化け」  11,000円(税込) 7番

blog19121203.jpg
「外来種酔虎」  11,000円(税込) 9番、10番


blog19121204.jpg
「踊り猫又」  11,000円(税込) 6番、7番


blog19121206.jpg
「ドラゴン・ドック」  11,000円(税込) 4番、5番

  1. 2019/12/12(木) 20:45:50|
  2. 守亜(群馬)
次のページ