根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

作家便り「2012年6月/Leigh Sloggett(リー・スロゲット)」

久しぶりに、オーストラリアのLeighさんから、近況を知らせるeメールが届きました。
最近、仕事で龍の壁画を描いたとのこと。

Recently I was commissioned to paint a mural of a dragon in the toilet of
private house. It had been twenty years since I had painted anything and
this is the first mural that I have done but is was great fun to do. As the
room is too small to photograph the mural properly I have made up a
compilation of photos to give an idea of what the design might look like
when opened out onto a flat surface.

blog11060601.jpg

blog11060602.jpg

blog11060603.jpg

近ごろ私は、個人宅のトイレに龍の壁画を描くことを任されました。
最初に絵画の仕事をしてから20年が経ちますが、
今回の仕事は初めての壁画で私にとっては非常に楽しいものでした。
その部屋はとても狭く壁面デザイン全体を見渡す写真を撮ることが難しいので、
平面に展開した状態の図を写真編集で作ってみました。

  1. 2012/06/06(水) 16:43:16|
  2. Leigh Sloggett/リー・スロゲット(オーストラリア)

作家便り「Leigh Sloggett(リー・スロゲット)/2011.7月」

blog11071900.jpg


I have recently set up an exhibition of my netsuke at the Japan Information
and Cultural Centre in the Consulate-General of Japan here in Melbourne.
There are nineteen netsuke from the past decade on display. The exhibition
runs throughout July and August. I'm very please with how it looks in the
beautiful new display cabinets as each netsuke has plenty of room around it
so people viewing them can enjoy contemplating the individual pieces. It's a
very rewarding feeling to see a large collection of work being exhibited
together at one time.

blog11071901.jpg

blog11071902.jpg

blog11071903.jpg

blog11071904.jpg

私は、メルボルンの日本総領事館のジャパンインフォメーション・カルチャーセンターにて、
根付の展覧会を開催しております。過去10年間に制作した19点の作品の展示です。
会期は、7~8月いっぱいです。

作品を鑑賞する人たちが、個々の作品をゆっくり楽しんで鑑賞してもらえるように、
ひとつひとつの根付の展示に、充分な広い空間をつかっていて、
その展示をどのように見ていただけるかも、楽しみにしています。

一度に、これだけ多くの作品を集めてみて頂けるのは、とても価値のあることだと思っています。


  1. 2011/07/19(火) 19:47:07|
  2. Leigh Sloggett/リー・スロゲット(オーストラリア)

作家便り「Leigh Sloggett(リー・スロゲット)/10月」

Making Some New Tools

With the arrival of spring, the season of renewal, I decided to take some
time off from carving to make myself a new set of carving tools. It has been
18 years since I received my first set of tools as a gift from my class mate
when I first came to Japan to study netsuke. I still use many of those
tools, however the years of polishing have taken their toll and the hard
cutting edge on many of them has worn away to the point where they needed
replacing. Over the years I have made many tools as needed for accessing a
particular place on a particular netsuke and also to replace worn or damaged
tools. It's fun making new tools but I always find it hard to stop carving
to put aside time to do so. However it had reached a time where it is was no
longer possible to put it off and so for the last week that is what I have
been doing. I am about to turn 50 so now I have a new set of tools with
which to carve my way through this next stage of my life.

blog_101028_01.jpg

blog_101028_02.jpg

新しい彫刻刀

春の訪れによって新しい季節が始まり、私は創作から少し離れ
て新しい彫りのための道具をつくる事を思い立ちました。

根付を学ぶために日本に滞在した際、同じ教室に通う仲間から
贈られた作業道具を使い始めてもう18年が経ちます。
今でもまだそれらの道具の多くを使い続けていますが、長年に
わたっての研磨はその切れ味や鋭利さをそこから奪ってゆき、
そろそろ取り替えることが必要になってきていたのです。

これまでにも私は、特殊な根付けの特殊な箇所を創作するため
にいくつもの道具をつくってきましたし、また、磨り減ったり
壊れてしまったものを作り直したりしてきました。そういった
作業はなかなか楽しいものですが、それでもそのために作品制
作の方を一時中断することは難しいものです。

とはいえ、もうこれ以上古い道具を使い続けることは不可能と
いうところまで来ていました、新しい創作道具一揃えをつくり
変えるべき時は来ていました。

私もちょうど、50歳を超えようというところで、
先だって、一週間をかけ、
人生の次のステージでの創作の道を築いていくための、
新しい彫刻刀たちを手にしたのです。

  1. 2010/10/28(木) 10:08:23|
  2. Leigh Sloggett/リー・スロゲット(オーストラリア)

作家便り「Leigh Sloggett(リー・スロゲット)/6月」

■Leigh Sloggett(リー・スロゲット)オーストラリア在住/作家便り6月

Perfect Imperfection

Something that is not often found in netsuke are the natural flaws of the material used as a feature of the final carving. When I was designing my recent netsuke, an abstract piece titled 'Imperfect Reflection' I chose stag antler as the material so that I could exploit its imperfect porous core.I did this to add character to the design.
The netsuke itself is a fairly simple symmetrical design, so when sorting through my collection of materials to choose something for this work, I began to feel that the wonderfully perfect clean woods I have such as boxwood and ebony would not have enough character in their own right to sustain this design. That is when it occurred to me that perhaps a very imperfect piece of stag antler maybe the best possible choice. But at the same time the idea concerned me.You see the outcome would be very unpredictable and had a good chance of failure as it would really be up to material to reveal itself and determine the look of the finished design.

Having finished the carving I was very pleased to see how perfectly the imperfections of the material have worked to make the design so much more interesting. Even though the design is symmetrical no two views of it are the same. As the changes in the quality of the material revealed themselves to the viewer they had added an unpredictable quality to design. But not only that, there is a contrast between the areas of the material that are perfect and imperfect, hard and soft, light and dark, porous and impermeable, all of which I quite enjoy.

Stag antler is a very difficult material to use. It is very tough to carve and also its flaws are very difficult to incorporate into a successful design. But because of the challenges it poses it is also very rewarding when they are overcome. It also has a lovely warm quality to it. I think it is one of my favourite materials.

blog_100605_1.jpg


Perfect Imperfection (完全なる不完全さ)

 根付作品において、そうしばしばお目にかからない要素の一つとして、完成作品の一つの特徴的造作となる素材上の自然なひびや裂け目があります。
 最近手がけていた根付(抽象作品『Imperfect Reflection』) のデザインを考えていたとき、私はその素材に鹿角を選び、その小さな穴がいくつも空いた核を持つ不完全さを利用しようと思い立ちました。
そのデザインに、この素材の持つ不完全さを用いて個性を加えたのです。

この根付作品自体はシンメトリーなデザインでとてもシンプルなものです。
それゆえ、この作品に使用する素材を決める際に私は、根付制作用にこれまで集めてきた材料のコレクションを
一通り吟味し、柘植や黒檀などのすばらしく完全な滑らかさを持つ素材では、このデザインを成り立たせるにはむしろ物足りないのではないかと思い至りました。 そして、不完全ですらある鹿角が最高の素材であるに違いない、と。
 
とはいっても、鹿角を使用することに一抹の不安がよぎったのも事実です。 制作していく上で、予測不可能な結果を導くことになるかもしれませんし、失敗の可能性も大いにあったのです。作品の出来上がりの様子は、その多分な要因を鹿角という素材そのものにゆだねるところがありました。

そして、今制作を終えてみて、素材の持つ不完全さがいかに完全にこの根付作品のデザインを生かし、
より趣のある作品にすることが出来多様に思い、私は大変満足しています。
シンメトリーにデザインされていますが、この作品は二つと同じ側面を持ってはおらす、
素材の持つ性質の変化から、それを手にした人の眼に意表をついた様々な表情を見せます。

この素材の持つ“硬さと柔らかさ”
“明るい色味と暗い色味”
“浸透性のある気孔の空いた表面と不浸透性な硬い表面”

といった、素材による完全と不完全のコントラスト(対照)を、
シンメトリー(対称)なデザインと同時にを御覧頂くことが出来るでしょう。
制作過程において、私もこういった多様な表情を楽しみました。

鹿角は、大変扱いにくい素材です。
彫る際には非常に硬く、割れや裂けなどの要素を納得のいく造詣に組み込んでいくのは難しい作業です。
しかしそれゆえに、その難関を乗り越えて到達した造形美には、挑みがいがあるものです。
また、どこかしら暖かさを思わせるその質感は魅力的で、
鹿角は私のお気に入りの素材の一つなのです。
  1. 2010/06/05(土) 12:35:47|
  2. Leigh Sloggett/リー・スロゲット(オーストラリア)

作家便り「Leigh Sloggett(リー・スロゲット)/2月」

■Leigh Sloggett(リー・スロゲット)オーストラリア在住/作家便り2月

A new year and I'm finally in my new studio. Lots of natural light,bench space, storage and a spare room in the house. It's making me feel inspired to get in there and be creative!

blog_100207.jpg


新しい年を迎え、ついに新しいスタジオへ引っ越すことができました。
たっぷりの自然光、広々とした作業代、収納も十分でスペアルームもあります。
ここに立つと、創作意欲が沸き起こってくるのを感じます!
  1. 2010/02/07(日) 13:57:31|
  2. Leigh Sloggett/リー・スロゲット(オーストラリア)
次のページ