fc2ブログ

根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。
展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

高円宮妃久子殿下の書籍『鳥と根付 春秋の物語』のご紹介です

高円宮妃久子殿下の書籍『鳥と根付 春秋の物語』が発売されました。

blog22060200.jpg


『婦人画報』巻頭連載「レンズを通して」を大判の書籍にまとめられています。

妃殿下みずからが撮影された鳥と根付の写真 と、執筆なさった珠玉のエッセイを通じて、環境保全問題や伝統文化の継承の意義などを学ぶことのできる一冊です。

大阪芸術大学デザイン科の現役学生さん5人が、約1年をかけて、表紙から中面までのデザインを担当されたそうです。

私どものギャラリーで扱っております根付作家も複数掲載していただいております!ぜひ、書店でページをめくってみてくださいませ。

※弊ギャラリーでも販売しております。何卒宜しくお願い申し上げます。

版元:ハースト婦人画報社
出版日:2022年5月30日
判型:A4変形(288×225mm)
仕様:並製/カバー、全ページカラー
ページ数:本文208P
定価:2,950円(本体価格2,682円)

詳細は、PR TIMES 婦人画報社のプレスリリースwebページにてお願い申し上げます。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000418.000008128.html


blog22060201.jpg
(プレスリリースより) 右ページは泉水さんの作品です!

章立て:
根付1章「根付と考える環境」アファンの森、水源を巡る環境等
根付2章「根付と季節」菊・桃の季節、干支の根付等
根付3章「根付の洒落味」妖怪の根付、超絶技巧を用いた根付等
根付4章「日本の佳きもの」日本文化について、歌舞伎の根付等

blog22060203.jpg
(プレスリリースより)


鳥1章「海外での出会い」ポーランドやアイルランド、イギリスでの鳥の生態等
鳥2章「鳥と環境」シジュウカラガンの再来、日本の鳥を巡る環境等
鳥3章「鳥の子育て」托卵する鳥される鳥、雛を守るための威嚇と攻撃等
鳥4章「鳥の特性」羽根の色、猛禽類の鳴き声等 鳥5章「親しみある鳥」雀や雉、トンビと鷹等

巻末にかえて
塚本邦彦先生(学校法人塚本学園理事⻑、大阪芸術大学⻑)、中村浩志先生(中村浩志国際鳥類研究所代 表理事)、渡邊正憲先生(日本根付研究会理事) からのお言葉
  1. 2022/06/02(木) 21:39:43|
  2. 根付に関する本

「レンズを通して 四季をめぐる鳥と根付」

blog170520.jpg

高円宮妃久子殿下が「婦人画報」で連載されている「レンズを通して 四季をめぐる鳥と根付」が、
中央公論社から発売になりました。

風景の中に置かれた根付のそれぞれのシーンがとても楽しく、
根付と持ち主の新しい繋がり方、楽しみ方も気づかせてくださる一冊です。
書店で是非お手にとってみられてはいかがでしょうか。

中央公論社-webサイト
http://www.chuko.co.jp/tanko/2017/04/004975.html
  1. 2017/05/20(土) 21:22:02|
  2. 根付に関する本

集める人びと (蒐集の小宇宙)

先日出版された「集める人々〜蒐集の小宇宙〜」瀬川正仁著(バジリコ出版)という本の中で、
私どものギャラリーでも御世話になっている根付コレクターの内山浩さんが紹介されています。

blog14121601.jpg


この本は、『人はなぜ蒐めるのか?』というキャッチコピーとともに、
さまざまなジャンルの物を集める人々(コレクター)の人生を追いかけつつ、
そのコレクションも紹介するという興味深い本です。
内山さんがどのようないきさつで、現代根付をコレクションするようになったのか、
そのコレクションに対する姿勢や思い入れを
著者の瀬川さんが、冷静かつ熱さも保ちつつ取材しています。
根付以外にも、昭和家電・瓶・昆虫・玩具・鉄道・コイン・布・鉱物・凧・軍隊・ワイン・パチンコ台・エジプト美術など、
様々な蒐集家の人生とコレクションが紹介されていて、まさに〜蒐集の小宇宙〜といった一冊です。

blog14121602.jpg
「集める人々」から。
根付・緒締・前飾りと提物、それぞれの組み合わせが、
内山さんの人生のワンシーンとなっています。

集める人びと (蒐集の小宇宙)集める人びと (蒐集の小宇宙)
(2014/11/07)
瀬川正仁

商品詳細を見る
  1. 2014/12/16(火) 11:00:52|
  2. 根付に関する本

陶器根付のコレクション

blog_110222_01.jpg
「根付 Adornment in Clay」
Ceramic Netsuke from the Richard R.Silverman Collection

Laura J.Mueller

Toledo Museum of Art
Toledo,Ohio


アメリカで開催された陶根付のコレクション展のカタログ。
根付の情報サイト・香柳園さんから御紹介をしていただきました。
「陶の根付」だけを集めた本は珍しいので、貴重な一冊です。

そんなに分厚い本でもないのですが、この本のページをめくると、
陶器の根付の世界も、とても豊かなで、楽しいものだと実感します。
陶というものならではの魅力はある!と思います。

日本は、陶芸人口が多いはずですが、根付を作る人はわずかしか居ません。
ちょっともったいないことです。

ちいさな丸い形の中に、陶芸と根付の魅力がつまった作品が、
もっとたくさんあったら楽しかろう!と、心から思いました。

  1. 2011/02/22(火) 19:31:39|
  2. 根付に関する本

「木で彫る根付入門」発売になりました!

伊勢の根付作家・中川忠峰先生が、このたび、木彫の根付制作の入門書を書き下ろされました。
彫刻刀で手軽に始められるように書かれているので、制作の入門書としては本当にオススメです。

同じく、日貿出版からでている「根付彫刻のすすめ」「根付を楽しむ」齋藤美洲著と合わせて、是非!根付の世界に親しんでいただければ幸いです。

book_isenetsuke.jpg

「~匠に学ぶ 粋とぬくもり~木で彫る根付入門
日貿出版社刊 B5版126ページ 3675円(税込)
※根津の根付屋・Gallery花影抄でも販売しています!お問合せ下さい。
  1. 2009/12/12(土) 21:44:13|
  2. 根付に関する本
次のページ