FC2ブログ

根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。
展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

「勿怪の幸い 第二集」 あらためて皆様に厚く御礼申し上げます。

blog20091300.jpg

二十二名の現代作家による、もののけ根付展 「勿怪(もっけ)の幸い 第二集」

根津のギャラリーと特設Webページでの展覧会を終了致しました。
妖怪達の妖しく逞しいエネルギーを感じる企画グループ展でした。
あらためて皆様に厚く御礼申し上げます。

抽選に御応募くださいました皆様に、心より感謝を申し上げます。
只今、納品の準備と作業を順番に進めておりますので、
何卒宜しくお願い申し上げます。

また今回、せっかくエントリーしてくださったにもかかわらず、
抽選から外れてしまった方々には、心より恐縮をいたします。
作家の皆さんは、これからも新しい作品を生み出してくれることと思いますので、
どうぞ今後とも、見守って応援してくださいましたら、幸いに存じます。

最後に、力作の数々を出品してくれた作家のみなさん、

上海から出品協力をしてくれた現代根付ディーラー「元气造物」関係者の方々、

インターネットを通じて、応援してくださいました皆様、

すべての方々に御礼と感謝を申し上げます。

有難う御座いました。

隔年で開催しております企画ですので、2年後!と思いますが、

来年も、何かの企画グループ展を考えたいです。

宜しくお願い申し上げます。

Gallery花影抄/根津の根付屋 橋本 達士


  1. 2020/09/27(日) 21:23:56|
  2. 展覧会

二十二名の現代作家による、もののけ根付展 「勿怪(もっけ)の幸い」 第二集

【展覧会情報】

開催中の展覧会「勿怪の幸い 第二集」の販売抽選が17〜18日で行われました。
当選については、皆様にご連絡のメールやお電話を差し上げております。
本当に数多くの御応募をいただきまして、有難うございました。
一同、心より御礼を申し上げます。

「抽選方式」であったために、希望の作品が通らなかった方々や、注文依頼をせずにおられた方、

本日18日以降は、ご希望の作品があれば、通常の注文方法でお問い合わせくださいませ。

特設サイトの売約済作品には、Sold の表記をつけております。
販売中のものには、価格表示がされております。

また一部に御客様と連絡確認をとっている最中のものもございまして、
そちらは「Sold」は付いておりませんが、今後売約済になる可能性がございますこと、ご了承くださいませ。
お問い合わせをいただいた作品が、確認中だった場合にはご説明を申し上げます。
何卒宜しくお願い申し上げます。




blog20091300.jpg

二十二名の現代作家による、もののけ根付展
「勿怪(もっけ)の幸い」 第二集
2020年9月12日[土]〜20日[日] 14日[月]休廊

参加作家:
安剛、一土、加賀美光訓、かぶ、屹人、狛、三昧、紫苑、至水、徐清、道甫、永島信也、
ねがみくみこ、美洲、万征、百々、森謙次、山鹿、由良薫子、楽虫、利歩、れんげ堂

○WEB特設ページも公開中です。ぜひ、御覧ください。

https://www.hanakagesho.com/mokke2020/


[ ギャラリー展示について ]
※根津のギャラリーでの展示は予約制のご来場でお願いをしております。

この度の感染症拡大防止対策のひとつとして、
ご来廊いただく際には、事前のご予約をお願いすることといたしました。

ご希望の方は、以下にご案内を申し上げますので、
メールかお電話でご予約ください。

またwebサイトにて作品を楽しんで頂けるように、オンライン展覧会ページも公開予定です。
ご来場なさらずともお楽しみいただけるように努めて参ります。

■ご来廊に関してのご注意点、お願い

少しでも体調に不安のある方は、ご来廊をご遠慮ください。
(小さなものであっても咳の症状がある、微熱がある、頭痛がある、
味覚障害がある等、普段と体調の差異を感じられる場合)
急なキャンセルも構いませんので、その際はご連絡をお願いいたします。

ご来廊時はマスクを着用いただき、入口にて手指の消毒をお願いいたします。
鑑賞スペースはお客様の入替りの際には、窓を開け都度空気を入れ換えます。
ご予約は同じ時間帯に3名までお取りする予定です。
スタッフは手洗い、手指の消毒、マスクの着用を徹底しましてご対応させていただきます。

■ご予約可能日 ※14日[月]は休廊

9月 12日[土]
  13日[日]
  15日[火]
  16日[水]
  17日[木]
  18日[金]
  19日[土]
  20日[日]

■ご予約時間(ご鑑賞時間は45分を目処としております)

① 13:00~13:45
② 14:00~14:45
③ 15:00~15:45
④ 16:00~16:45
⑤ 17:00~17:45
⑥ 18:00~18:45

■来店予約について メールかお電話にてご予約を承りいたします。

お名前、お電話番号、上記よりご希望日と時間帯をお選びの上、お知らせください。
同行者がいらっしゃる方は、人数もお知らせください(同じ時間帯に3名までお受けいたします)。

□メールアドレス:mail@hanakagesho.com(※件名を「勿怪の幸い展予約」としてください)
□電話番号:03-3827-1323(※月曜日をのぞく11:00~19:00で
お電話のご対応をさせていただきます)

ご質問がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。
なにとぞよろしくお願い申し上げます。


[ 作品販売について ]

展示作品の販売については、抽選販売とさせていただきます。
今回はwebサイトでも作品を発表いたしますので、
エントリー方法はご来廊にてお申込みか、
webのエントリーシートにてお申込みいただく方法となります。

■抽選受付期間

2020年9月12日[土]~17日[木] 19時までといたします。

■エントリー受付の作品数について

ご希望の作品であれば複数お選び受付可能です。
複数当選なさった時のことも考えてエントリーくださいませ。

■当選の方へのご連絡について

抽選は18日の午後より進めて参ります。
展示期間終了の20日までにe-mailやお電話にてご連絡いたします。
当選の発表は当選の方へのご連絡をもってかえさせていただきます。
ご不明な点は、メールやお電話でもお受けしますのでお問い合わせください。
よろしくお願い申し上げます。
  1. 2020/09/13(日) 22:51:01|
  2. 展覧会

趣の和こもの展 展示終了の御挨拶

blog_200127_wakomono.jpg

この度開催しておりました、趣の和こもの展は無事に終了いたしました。
会期中お天気が悪い時もありまして、寒さも増している最中でしたが、
お越しいただきました方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。

今年は根付作家さん中心の展示で、通常webサイトでご紹介する機会の
少ない作家さんの和こものも、展示することができましたのは良かったです。

今年の展示を振り返り、もう少し帯留の展示もすればよかったかも、
和こものといえば、やはり帯留を思いうかべますので、そう思いました。
今年の良かった点はそのままに、また来年もより楽しんでいただけるよう
企画を組みたいと思っています。

そして、自分の反省点としてはもう少し着物でギャラリーに立てば良かったです。
1日しか着物を着なかったので、お着物でご来店いただいたお客様を見ると、
やはり着物っていいなぁと思いつつ、和こもの展なのだから、やはり着物でお迎え
しないと、と思いました。男性スタッフも着物を誂えましたので、揃ってお客様を
お迎えする機会がふえるようにしたいと思いました。

また来年も和こもの展を楽しみにしていただけますと、嬉しく思います。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

blog_200127_wakomono (2) netsuke_kimono_200127.jpg
今回は、泉水さんの陶根付と万征さんの前飾りの堤物を合わせていました。





  1. 2020/01/27(月) 13:21:39|
  2. 展覧会

「根付作家によるグループ展 〜海の幸、山の幸〜」作品紹介

20190914_umi-yama-ten.jpg
「根付作家によるグループ展 〜海の幸、山の幸〜」
2019年 9月 14 日(土)〜22日(日)
13:00~19:00、最終日は 18:00 まで
Gallery花影抄

出品作家/紫苑、かぶ、利歩、万征、加賀美光訓、由良薫子、山鹿、森謙次

【作品のご紹介】

【紫苑】
紫苑 「獺祭」 4.5×4.4×3.4cm 黄楊
son19_sub1.jpg
son19_sub3.jpg



紫苑 「鮑」 4.2×3.3×1.6cm 黄楊
son_awabi_main.jpg
son_awabi_sub1.jpg



紫苑 「鱏」 4.9×4.1×1.0cm 黄楊、象嵌:水牛角
son20_sub2.jpg
son20_sub3.jpg
son_ei_sub4.jpg




紫苑 「大蒜」 4.2×3.7×2.8cm 黄楊
son20_main.jpg
son20_sub5.jpg
son_にんにく_sub6




紫苑 「玉葱とじゃが芋」 4.0×3.0×2.4cm 黄楊
son_玉葱_じゃが芋_main
son_玉葱_じゃが芋_sub4
son_じゃがいも_sub5





【上原万征】
万征「しょく」 5.8×4.2×2.2cm 蝦夷鹿角
mansei_3198.jpg
mansei_3199.jpg



万征「たこさし」 4.0×1.8×1.0cm 蝦夷鹿角、真鍮
mansei_3339.jpg
mansei_3340.jpg
mansei_3341.jpg



万征「たこさし」 4.3×1.9×0.9cm 蝦夷鹿角
mansei_3343.jpg
mansei_3346.jpg





万征「波貝」 9.4×2.6×2.1cm 蝦夷鹿角
万征_波貝_main



【かぶ】
かぶ「高尾山で会えたら幸せ 〜オオルリ×天狗〜」3.1×3.1×2.1cm 朝熊黄楊
kab190912_01_main.jpg
kab190912_01_sub1.jpg
kab190912_01_sub6.jpg


かぶ「高尾山で会えたら幸せ 〜おこじょ×山桜〜」5.8×5.5×1.3cm 朝熊黄楊
kab190912_02_main.jpg
kab190912_02_s.jpg




【加賀美光訓】
加賀美光訓「祝い酒」8.4×4.1×2.8cm 鹿角、象嵌:べっ甲・水牛角・金箔
加賀美_祝い酒_main
mtk祝い酒2




加賀美光訓「弄鯨」6.4×4.5×2.5cm 鹿角、象嵌:水牛角
加賀美_弄鯨_main
mtk_鯨_sub1
mtk20_sub3.jpg



加賀美光訓「森の恵み」4.5×3.8×3.6cm 鹿角
mtk19_main.jpg
mtk19_sub2.jpg



加賀美光訓「蕪と鼠」6.6×2.5×2.1cm 鹿角
kagami_3393.jpg
kagami_3395.jpg
kagami_3399.jpg





【山鹿】
山鹿「蛸と子猿」4.7×2.9×2.4cm 象牙、象嵌:羊角・水牛角
ymg20_sub2.jpg
ymg20_main.jpg



山鹿「秋の味覚」4.7×2.9×2.4cm 象牙、象嵌:羊角・水牛角
ymg190910_01_main.jpg
ymg190910_01_sub1.jpg
ymg190910_01_sub5.jpg




【森謙次】
森謙次「コブダイ」5.6×3.0×1.9cm 珊瑚、象嵌:水牛角・白蝶貝・猪牙
knj190912_01_main.jpg
knj190912_01_sub3.jpg
knj190912_01_sub2.jpg




森謙次「蛸」3.6×2.2×1.7cm 珊瑚、象嵌:水牛角・白蝶貝
knj190912_02_main.jpg
knj190912_02_sub3.jpg
knj190912_02_sub4.jpg
knj190912_02_sub5.jpg




森謙次「手繋ぎラッコ」4.1×3.0×1.9cm ヘラ鹿角、象嵌:水牛角・猪牙・鹿角・白蝶貝
knjラッコ_メイン
knj20_sub1.jpg
knj20_sub3.jpg




森謙次「あまびえ」4.0×2.5×2.3cm 鹿角、象嵌:水牛角・猪牙
knj190912_03_main.jpg
knj190912_03_sub1.jpg
knj190912_03_sub2.jpg
knj190912_03_sub5.jpg




森謙次「猪八戒」4.2×2.2×2.1cm 鹿角、象嵌:水牛角・猪牙
knj_はっかい_main
knj20_sub2.jpg




【利歩】
利歩「太古の記憶」4.4×4.0×2.2 鹿角、象嵌:琥珀
利歩_太古の記憶_1
利歩_太古の記憶_2
利歩_太古の記憶_3
rpo190911_01_sub5.jpg





【由良薫子】
由良薫子「山くじら」4.5×4.1×2.4cm 陶
yur190911_01_main.jpg
yur190911_01_sub2.jpg
yur190911_01_sub4.jpg
由良薫子_山くじら_sub3



【由良薫子】
由良薫子「走るキジ」6.7×2.0×1.6cm 陶
yur190911_02_main.jpg
yur190911_02_sub3.jpg
yur190911_02_sub5.jpg
由良薫子_走るキジ_sub3

  1. 2019/09/19(木) 21:38:25|
  2. 展覧会

「勿怪の幸い」展の御礼を申し上げます。

blog180912_01.png
(月刊美術掲載広告)

開催してまいりました「勿怪の幸い展」は、9/9 日曜日、お蔭様で無事盛況のうちに会期を終えることができました。
御来場くださいました皆様、応援してくださいました皆様に、スタッフ一同、心より御礼申し上げます。
有難う御座いました。本当に遠くから御来場くださいました方々もあり、感謝の念に耐えません。

会期中は、作家さんも入れ代わり立ち代わり在廊してくださり、「作家さんとお話しできたのが嬉しかった!」 というお客様のお声もたくさんいただき、嬉しく思いました。

今回、「妖怪」 というテーマに絞ったグループ展の開催において、多様な個々の作家や個々の作品題材などによって、本当に多様多彩な刺激的な展示になりました。
作家の皆さん同士の交流といった意味でも、良い効果が生まれたようにも思います。

実は当初、至水さんと狛さんの二人展の企画発案から始まったこの「勿怪展」ですが、
そのプランを大きく逸脱し、このような素晴らしい結果に繋がりましたことは、本当に勿怪の幸いでした。
「妖怪」というテーマの懐の深さも感じられた展覧会でした。
妖怪テーマについては、今後も継続したく思い、隔年くらいで開催できればと(今は)考えています。
またの機会にも宜しくお願い申し上げます。

出品作家のみなさんも、有難う御座いました。

Gallery花影抄/根津の根付屋
橋本達士

  1. 2018/09/12(水) 19:30:31|
  2. 展覧会
次のページ