FC2ブログ

根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。
展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

作家便り「18年11月 /紫苑(伊勢)」

11月によせて

11月になり、また一つ歳をとる…。
根付を作り始めてから15年目に入ろうとしている。
ギャラリー花影抄に作った作品を扱ってもらうのは、2007年3月に「伊勢・飛騨根付展ー木のかたち」からだから11年も経った。

そこで、ちょっと昔の話をしよう。

大阪美専の彫金アクセサリー専攻の研究科を卒業して名古屋が本社のジュエリーメーカーの製作部に入った。
25の時、色々な事から精神的に不安定になり、鬱状態と自律神経失調症になった。毎日の頭痛・嘔吐・低周波音の過敏症に不眠症…休職の後、退職することになり、会社の元先輩の所に転がり込んだが、また同じように辞めてしまった。
辞めて27ぐらいからは、ずっと家にいて元の会社や他の制作会社のジュエリーのワックス原型とかをアルバイト的に作っては日銭を稼ぐ日々を過ごし、30ぐらいの時に根付という物を本で知った。でも、その時は根付を作るというより根付みたいなアクセサリーを作りたいと思っただけで伊勢根付の存在すら知らなかった。
ある時、市の図書館で木彫会の展示があることを知り、根付が展示されている事を知り、観に行った。
ちょうど森本先生がその場にいて色々説明してくれ、作ってみたい旨を話すと中川先生の工房を教えて頂いた。
中川先生の工房に見学に行って黄楊を貰い「これで何か彫ってみな。」と言われたので、1ヶ月ぐらいかけて「ヤマネ」を彫り、先生に見て貰いに行った。
その後、何度か遊びに(見学に)行っては話を聞き、教えて貰うようになり、三重県内のギャラリーでの根付のグループ展にも参加させて頂けるようになった。
ある時、先生の所にギャラリー花影抄の橋本さんから飛騨との木彫根付展の話を頂いたが、当時、先生は根付彫刻会の会長の任にあり、忙しくしていたので僕の方に話が回ってきた。当時、工房に通っていた若い2人の生徒と3人で、出品させて頂く事になって、それ以降、ギャラリー花影抄一本でお世話になっている。
未だに25からの頭痛も音の過敏症も毎日の事で、遠出をすれば(名古屋辺りでも)一発で頭痛が酷くなるような自分だから、もちろん旅行とか苦手(というか行けない)なのだけど、二回の個展と安剛さんとの2人展とを開いて頂き、東京には、一日二日しか居ないような愛想のない対応でも、色々な作家さんと話が出来たり、交流が広がったり…。
50も半ばになってきて、ダメダメな人生を送ってきた自分でも、一つ何か、自分のコアになるようなものがあれば、こうして結構生きてられるもんだなぁと根付と関わってくれた方々に感謝しています。

blog18110801.jpg
根付を習う前に始めて黄楊で彫った「ヤマネ」。今でも車のキーにつけて使ってます。
  1. 2018/11/08(木) 20:18:55|
  2. 紫苑(伊勢)

自作の類似コピー品問題に関して

【このたび、取り扱いの紫苑さんの作品の類似品が、中国でコピーされ販売されている事が発覚しました。
その事実を受け止めての、紫苑さんからのコメントを掲載します。
私どもも同じ気持ちでおります。
Gallery 花影抄/根津の根付屋

以下、紫苑さんからの言葉です。

今回の中国に於いて私の作品「ピーちゃん 貔貅的娃娃」のコピー作品がネット上で売られてた事について。

中国の知り合いの作家さんからネット上に私のコピー作品が出ている事を知らされ、次の日ツイッター上に
上げたところ、多くの中国根付作家・コレクターの方からツイートに対する反応を頂きましたが、
ツイッター上では思う所を言い切れないので、この作家ブログ上に載せさせて頂きます。

中国に於いてのコピー海賊品は、漫画・アニメで大きな問題になっていますが、美術工芸に於いても
同様の状態かと感じます。この件を知った時には、「人の物真似すんなよ、こっちは田舎で根付作って
細々と暮らしてるんやぞ」と腹が立つのと残念な思いでした。が、中国に限らず日本でも人の真似をしてコ
ピーを売る人間はいくらでも居るので中国だけを責めるつもりはないのですが、中国の状況は明らかに
酷い状況だと思います。中国の作家自体がその事に見慣れて気に留めなくなってると。
私は、決して中国の根付作家さん達に心痛めて欲しい訳でもなく、責任を感じて欲しい訳でもありません。

オカシイと思われるかもしれませんが私自身は意外と達観して私の問題自体はどうでもいいとさえ
思っています。(乱暴ですが)問題として思った事は、この様なコピーが氾濫する中国では真面目に
作品を作っている作家の評価さえも、中国外に出た時に下げてしまわないかと言う事です。

日本に於いて中国根付と聞けばコレクターの方ならまず偽物というのが頭に浮かぶでしょう。
でも、実際は、私が足元にも及ばない技量を持った作家は何人もいます。そこで偽物を作る輩と
作家を十把一絡げに捉えられるような事があってはならないと思います。中国で活動する作家の方は、
まだ動き出したばかりです。もっと彼らの作品が展示・発表される場が出来る事を望みます。

中国のこの状況下で活動する彼らは、日本人の私達より遥かに茨の道を歩んでいる事と思います。
中国の状況を考えるとまだまだオリジナル作品を発表する芸術に対する意識は低く、彼らだけが
いくら声をあげても難しい問題ですが、中国内全ての芸術家に関わる問題なので、少しずつでも
意識を変えていく必要があります。近い将来、コピー作品が氾濫する状況が改善される事を強く望みます。

最後に、私は中国の状況を非難しますが、中国の文化自体を非難するつもりはありません。
私自身、中学以来の言わば中国マニアなので、中国武術に憧れ(中国武術ヲタ・太極拳はやってた)
老子の道家に傾倒し、中国語を習い(工業高校出なので市の講座、中検3級が限界でした)
未だに毎日部屋で流れているのは、日本の歌より中国の歌ばかりです。
(最近は董貞と鄧紫棋という方の歌を聴くことが多いです)]

余談が長くなってしまいました。
支離滅裂な文章ですがお許しを。

紫苑
  1. 2018/05/16(水) 21:41:09|
  2. 紫苑(伊勢)

作家便り「18年1月 /紫苑(伊勢)」

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

blog18011001.jpeg


今月、24日(水)〜28日(日)
伊勢市生涯学習センター いせトピアにて
62回 伊勢志摩木彫会作品展を開催します。
展示時間は、午前9時〜午後5時まで。
初日は、設営の為、午前10時から
最終日は、搬出の為、午後4時まで
会員の製作による木彫、根付の作品を展示します。
根付は、会員の方に言えば、手に取る事も出来ます。
どうか近くに来た際には、お立ち寄り下さい。

blog18011002.jpeg
コレも出品します。
  1. 2018/01/10(水) 14:14:02|
  2. 紫苑(伊勢)

作家便り「17年11月 /紫苑(伊勢)」

めっきり寒くなって来ました。
今年も夜叉(染めに使う材料)を採る時期になりました。
今では、もう2本しか木が残っていませんが、
それでも、小さいビニール袋ひとつ分だけ分けて頂きました。
近くにこの夜叉の木があるので、有り難いことです。
自然に感謝! (紫苑)

blog171129_01.jpeg
blog171129_02.jpeg


  1. 2017/11/29(水) 08:30:24|
  2. 紫苑(伊勢)

作家便り「17年10月 /紫苑(伊勢)」

三重県亀山市の亀山トリエンナーレ2017を観に行って来ました。
三重県内では、芸術祭らしいものは、ここぐらいしか有りません。
知ってる作家さんも6人ぐらい出品しているので、其れを見に行くのも目的の一つです。

shion_blog17_10_1.jpg

shion_blog17_10_2.jpg

ただ、今日は、暑い‼︎10月の11日で30℃近く有りました( ̄∇ ̄)亀山の街中を歩いて歩いて汗でダクダクでした(T ^ T)
そんな暑い中、石彫の製作をされている作家さんが。。。

shion_blog17_10_3.jpg

shion_blog17_10_4.jpg
(石彫の作家・森本紗月さん。出来上がった女性の胸像がとても素敵でした。)

暑い中、ひたすら槌を振る姿に同じ作り手として見習わなきゃいけないなと思いました。
あと、何人かの作家さんと話も出来て有意義な1日でした。



  1. 2017/10/11(水) 18:04:23|
  2. 紫苑(伊勢)
次のページ