FC2ブログ

根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。
展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

「月刊美術 2018/10月 秋展NAVI2018」 藤井安剛展の情報が掲載されました

「月刊美術 2018/10月 秋展NAVI2018」

藤井安剛さんが、待望の個展を開催します。
満を持した充実した展示になること必至です。
新しさと古さの見事な融合、まさに温故知新の作品世界と言えると思います。
私達も期待で胸が膨らみます。
何卒宜しくお願い申し上げます。

blog180926_gb_4.jpg

blog180926_gb_2.jpg

blog180926_gb_1.jpg
  1. 2018/09/27(木) 00:02:45|
  2. 藤井安剛(東京/東村山)

角川ソフィア文庫「根付 NETSUKE」と「元興寺」詣で

角川ソフィア文庫の「根付 NETSUKE」
駒田牧子著・渡邉正憲監修

blog15031701.jpg

最近発売になった充実の「根付」入門書です。
著者の駒田牧子さんは、現代根付作家の駒田柳之さんの娘さんです。
作家でもディーラーでもない稀な立ち位置から「根付」について、愛情いっぱいで紹介されています。
古典から現代までを分けずに、同じ流れの中で扱われているのも印象的です。
簡潔でありながら奥深く、端々にちょっとした可笑しみがある文章は、根付をあらわす文章として素晴らしいと思いました。
すでに手に取られた方も多いことでしょうけれど、まだ!という方は是非書店でお手にとってください。
オススメの一冊です!
※角川ソフィア文庫/「根付」-webサイトはこちら!

blog15031702.jpg
文庫の表紙の帯を外すと「栗」の根付

本文の中でたくさんの古典根付から現代根付まで紹介されているのですが、
その中に安剛さんの「元興寺(がごぜ)2011年制作」という根付もありました。

blog15031703.jpg


ちょうど、この文庫本が発売になった頃に奈良に行くことがあり、
題材となった「元興寺」にもお参りすることができました。

blog15031704.jpg

blog15031705_20150317171426ae9.jpg
世界遺産にも認定されているという古いお寺です。

blog15031706.jpg
元興寺の境内

blog15031707.jpg

安剛さんの根付の題材にもなっているように、
元興寺には鬼が棲んでいたという言い伝えがあるようで、
お土産の紙袋に裏側にその伝承が書かれていました。

「元興寺」-webサイト

(Gallery花影抄/根津の根付屋 橋本)
  1. 2015/03/17(火) 17:24:48|
  2. 藤井安剛(東京/東村山)

「安剛・紫苑 根付彫刻二人展」を終えて

「安剛・紫苑 根付彫刻二人展」を無事に終了いたしました。
以下、代表して藤井安剛さんからの御挨拶です。

実に多くの方に足を運んでいただきまして、心より感謝申し上げます。
おかげ様で2人展も無事に終える事ができました。
木彫の紫苑さんの作品に間近で触れてみて、
そのぬくもりや、やさしい雰囲気、彫刻刀の鋭い切れ味等々、私にとって
とても刺激的な展示会となりました。
お客様の反応や御意見・御感想、同業者・先輩方のアドバイス等、
それらを充分にかみしめまして、
次なる創作の、大きな変化に向けての糧としたいと思います。

皆様、どうもありがとうございました。
又いつか、お会いできる事を楽しみにしております。

藤井安剛

blog14113001.jpg
  1. 2014/11/30(日) 19:13:28|
  2. 藤井安剛(東京/東村山)

「安剛・紫苑 根付彫刻二人展」藤井安剛出品作品

藤井安剛出品根付作品
今週末11/30まで、Gallery花影抄にて展覧会開催中です。

ango_karura_1.jpg
ango_karura_2.jpg
「迦楼羅」象牙、へご 3.9×3.3×3.2cm 価格540,000円(税込)お取り置き中

ango_amaryu_1.jpg
ango_amaryu_2.jpg
「雨柳」鹿角 3.9×3.3×3.2cm 販売済

ango_komadukushi_1.jpg
ango_komadukushi_2.jpg
「中将棋駒尽し」鹿角 4.0×1.7cm 販売済

ango_tako_1.jpg
ango_tako_2.jpg
「肥前・有田の蛸」象牙、へご 4.2×3.0×2.1cm 価格432,000円(税込)

ango_komainu_1.jpg
ango_komainu_2.jpg
「狛犬と地蔵」鹿角 3.7×2.4×2.5cm 販売済

ango_yuurei_1.jpg
ango_yuurei_2.jpg
「ゆうれい」竹 4.0×3.4×1.5cm 価格140,400円(税込) 御売約済

ango_kakesu_1.jpg
ango_kakesu_2.jpg
「カケス」象牙、へご 4.0×2.2×2.2cm 価格453,600円(税込)お取り置き中

展覧会情報のご案内は、Gallery花影抄のwebサイトにて御覧ください。

お問い合わせは、Gallery花影抄/根津の根付屋
netsukeya@hanakagesho.com
t/f 03-3827-1323 までお願いします。
  1. 2014/11/26(水) 18:24:27|
  2. 藤井安剛(東京/東村山)

「新古典派根付展」出品作品/藤井安剛

Gallery花影抄「新古典派根付展」出品の 藤井安剛 作品の御紹介です。


「曼陀羅ヶ淵の河童」(柳左根付)
鹿角
直径4.1×厚さ1.8cm
御売約済

西武新宿線の東村山〜所沢間に持明院というお寺があって、
この崖下が、柳瀬川の曼陀羅淵です。
ここには、河童が住んでいたそうで、
持明院には「今後、人間の生き肝を取るような悪い事は、いたしません。」
という、詫証文が残されていましたが、
明治17年の寺の火災の際、焼失してしまったそうです。

ang12111701_main.jpg

ang12111701_sub1.jpg

ang12111701_sub2.jpg


「野ぶどうの這う窓」
鹿角、錆、漆
4.0×3.3×1.9cm
御売約済

ang12111702_main.jpg

ang12111702_sub1.jpg

ang12111702_sub2.jpg

ang12111702_sub3.jpg


「悪玉をどり」
象牙
5.1×3.0×2.8cm
御売約済

山東京伝の黄表紙「心学早染草(しんがくはやそめくさ)に出てくる、
人間の心を擬人化したキャラクターです。
後に、歌舞伎舞踊にも登場し、「悪玉踊り」として、江戸中で流行ったそうです。

ang12111703_main.jpg

ang12111703_sub1.jpg

ang12111703_sub2.jpg

ang12111703_sub3.jpg

ang12111703_sub4.jpg


「よたか」
マホガニー、へご、錆、漆、拭漆
4.5×2.3×2.2cm

※背中の面に施された黒の模様も、彫り下げてから錆と漆で描いています。
「よたか」という鳥は、歩くのが下手らしく、根付の裏面の足の表現は、
そのおぼつかない様を表現しているとのことでした。
ang_yotaka1.jpg

ang_yotaka2.jpg

ang_yotaka3.jpg




作品へのお問合せは、「根津の根付屋お問合せフォーム」よりお願い申し上げます。

お電話・ファックスによるお問合せは、03-3827-1323 まで。
  1. 2012/11/20(火) 18:01:17|
  2. 藤井安剛(東京/東村山)
次のページ