fc2ブログ

根津の根付屋 & 花 影 抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。
展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

現代根付グループ展「日本の夏」 出品作品ご紹介(藤井安剛)

開催中の展覧会、現代根付グループ展「日本の夏」より、出品作品のご紹介です。

【出品作品ご紹介】
▼作品番号1 雷雨警報
4.9×3.2×2.0cm 鹿角 象嵌:黒檀 (漆使用)

ang230622_01_main.jpg

作家による作品解説
100年に1度クラスの豪雨災害が毎年連日のようにものすごい頻度で起こっている感じがします。雷を伴った豪雨を、雷神と雨龍で表現し、いましめとして警報級のタイトルをつけました。

ang230622_01_sub1.jpg
ang230622_01_sub2.jpg
ang230622_01_sub3.jpg
ang230622_01_sub4.jpg
ang230622_01_sub5.jpg
ang230622_01_sub6.jpg

★Twitterでは動画でご紹介しております。宜しければこちらのリンクから合わせてご覧ください。




▼作品番号2 いにしえの面と現せ身
4.5×3.0×1.9cm 鹿角 (漆使用)

ang230622_02_main.jpg

作家による作品解説
「空蝉」とは蝉の抜け殻の事ですが、古い時代には「現せ身」などと書き現実の人間、生身の人間という意味を持つ言葉だったそうです。3世紀初め頃の作とされる出土品の木製仮面を参考にして鹿角で彫ったものに、この「うつせみ」を組み合わせ根付作品としました。「いにしえ」と「現在」の共存を味わっていただけたらと思います。

ang230622_02_sub1.jpg
ang230622_02_sub2.jpg
ang230622_02_sub3.jpg
ang230622_02_sub4.jpg
ang230622_02_sub5.jpg
ang230622_02_sub6.jpg

★Twitterでは動画でご紹介しております。宜しければこちらのリンクから合わせてご覧ください。




上記出品作品へのご注文は、会場でのお申込みに加えメール・電話・FAXでも承っております。

【ご注文方法】
netsukeya@hanakagesho.com / TEL & FAX 03-3827-1323 宛てに、ご希望の作品番号と作家名・作品名を明記の上、合わせて以下5点の項目をお知らせください。

お名前
電話番号
郵便番号
ご住所
作品の受け取り方法(ご配送orご来店)

※ご配送の際には、送料として500円をご負担いただきます。
メール・FAXでのご注文の際には、件名を「現代根付グループ展 作品購入申し込み」としてくださるとスムーズです。
  1. 2023/07/12(水) 18:34:24|
  2. 藤井安剛(東京/東村山)

未来の付喪神たち出品作品ご紹介▶ 安剛

未来の付喪神たち -根付作家それぞれのカタチ-
2021年7月17日[土]〜25日[日]
galleryblog_210717



安剛出品作品2点のご紹介です。

tsukumo21_ango01_04.jpg
tsukumo21_ango01_03.jpg
作品名:皿なめ 
鹿角(一部漆使用) 4.4×3.2×2.1cm 


▼作家のことば
長皿を裏返したような顔を持つ妖怪「皿なめ」。
捨てられた皿を拾ってきては舐め回す。
何のためにそうするのかは、謎である。



tsukumo21_ango01_2.jpg
tsukumo21_ango01.jpg
作品名:メルヘンともののけの狭間で 
マンモス牙(一部漆使用) 象嵌:黒檀 4.4×2.5×2.3cm 


▼作家のことば
ブリキ製の金魚型じょうろから手が生えてきて、なんとラッパを吹き出した!
その音色は妙になつかしく、心にしみわたるのだそうだ。

  1. 2021/07/17(土) 15:33:49|
  2. 藤井安剛(東京/東村山)

藤井安剛 アートコレクターズ2019年3月号 掲載情報

雑誌「アートコレクターズ」2019年3月号/完売作家全データ2019

藤井安剛さんのGallery花影抄で開催された個展の情報が掲載されています。


blog190301_0a.jpg

20181117_ang_dm.jpg

作家共々、御礼申し上げます。ありがとうございました。
長い準備期間を経ての個展でした、無事盛況のうちに終えられましたことを
あらためて深く感謝いたしております。
今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。
  1. 2019/03/01(金) 20:54:54|
  2. 藤井安剛(東京/東村山)

「藤井安剛 根付展」を終えて

「藤井安剛 根付展」を終えて

 おかげ様で無事に個展を終える事ができました。
会場に足を運んでくださったかたがた、展示の情報を発信していただいた方達、ギャラリーへお問い合わせいただいた皆様、
そして・・・強力な布陣のギャラリースタッフに、心より感謝申し上げます。

 作品を1点1点手に取って時間をかけて見ていただいた方が多く、ご感想やお話もうかがえて、とてもうれしく感じております。
私自身、制作の方向性はこれで間違ってなかったんじゃないかと思っております。題材選びや個々の作品に対する考え方に新しい工夫を加えて、根付表現の可能性を自分なりに探り続けていきたいと思っております。抽象的な言葉が続きますが、今回の作品達から、そのニュアンスを感じ取っていただけましたなら幸いです。

又、お会いできる日が来る事を願っております。
皆様、どうもありがとうございました。

藤井安剛

blog18120200.jpg

  1. 2018/12/02(日) 19:25:15|
  2. 藤井安剛(東京/東村山)

藤井安剛・掲載情報(「CIS NETSUKE SOCIETY JOURNAL NO.7 03-2015」)

ロシアにも根付愛好家の会 CIS NETSUKE SOCIETY があります。
そのジャーナルにも、
藤井安剛さんが紹介されている号があります。

blog18112400.jpg

「CIS NETSUKE SOCIETY JOURNAL NO.7 03-2015」です。
ロシアから来日して来られている時に、取材をしていただきました。
遠い海外でも、注目してくださる方がいることに、作家ともども感謝致します。

「CIS NETSUKE SOCIETY」(ロシア根付ソサエティ)-facebookサイト
https://www.facebook.com/CisNetsukeSociety/

blog18112401.jpg

blog18112402.jpg

blog18112403.jpg

blog18112404.jpg

blog18112405.jpg
  1. 2018/11/24(土) 21:46:08|
  2. 藤井安剛(東京/東村山)
次のページ