FC2ブログ

根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。
展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

作家便り 「2018年12月/かぶ (東京)」 

花影抄スタッフのKさんと浅草芸者さんの踊りを観て来ました。

「浅草おどりプレ公演 浅茅の賑わい」

合羽橋の通りにある会場でした。
幇間さんのかっぽれや幇間腹(たいこ腹)の屏風芸などが披露され、
そのあとに芸者さんの登場で、様々な裾模様の入った黒の引き着で、
ずらっと並んだ姿はとても艶やかでした♪
芸者さんの仕草や着物は根付を作る時の参考にしたいです!

踊りの前に落語家さんのお話しがあり、会場のあるかっぱ橋や昔の浅草の
芸者さんの様子、見番などがスライドで映し出され、ほんとに沢山の芸者さん
が居たんだな〜とびっくりでした。

その中で、合羽橋にはかっぱの像のあるお寺があるという話しがあったので、
Kさんとせっかくだから行ってみましょうという事になり、曹源寺のかっぱ像を見て来ました。
そしたら、お賽銭箱にかっぱの絵、さらにきゅうりがお供えしてありました。
kabu_blog1812(1).jpg

途中、Kさんの立ち寄るお店の方から、お店の前の歩道はかっぱの模様なんですよ♪
というのを聞いて、写真を撮ってみました。

かっぱを頭から見たところで、鼻を突き合わせた四匹のかっぱと川の流れを表しているそうです。
説明されると分かって面白いです♪
なるほど!と思いました。

その後、浅草方面をぶらっとして前から食べてみたかった梅園の“あわぜんざい”を食べ、
合羽橋〜浅草を満喫して来た一日でした。
  1. 2018/12/11(火) 17:52:11|
  2. かぶ(東京)

月刊美術2018 12月号 に永島信也が掲載されました。

月刊美術12月号の巻頭特集は「グラビア+評論で振り返る主な出来事
美術界この一年 2018 +誌上で買える今年のアート47点」
nagashima_blog1812(1).jpg

今年のアート47点のコーナーで9月の特集「アートとしての神獣・もののけ」
で取り上げていただいた、永島信也が掲載されています。

nagashima_blog1812(2).jpg
(70ページ掲載)

誌上販売ですがwebサイトでも受付られています。
12月10日まで、どうぞ手に取りご覧くだされば嬉しいです。

また、展覧会レビューにて10月に開催した永島信也展を取り上げてくださいました。
丁寧なレビューありがたいです。こちらも合わせてご覧ください。

nagashima_blog1812(3).jpg
(146ページ掲載)


  1. 2018/12/07(金) 17:00:41|
  2. 永島信也(神奈川)

作家便り「18年12月 /道甫(千葉)」

道甫さんが、毎年恒例になってきている関西方面(母校・大阪芸術大学と京都清宗根付館)行き。

『大阪冬の陣!!』

今年は、卒業生の皆さんとグループ展に参加します。

blog18120601.jpg
母校での「根付コンペティション」にも顔を出すようです。

blog18120602.jpg
melting pot 2018+展 12/12~18 阪神梅田本店9階美術画廊 
「大阪芸術大学 工芸学科 金属工芸のグループ展です。先生から学生、OBおよそ30人の作品、多種多様な表現を展示します。
金工OBの一人として出品します。 宜しくお願い申し上げます。」(道甫)


blog18120603.jpg
まずは、京都清宗根付館を訪問。
  1. 2018/12/06(木) 20:03:24|
  2. 道甫(千葉)

かわさきみなみ 週末在廊御礼

12月に入ってすぐ、1日と2日に開催しました
在廊企画は無事に終了いたしました。
ご来場頂いたみなさま、ありがとうございました。
kawasaki_blog181205.jpg

個展とはまた違ったドローイングや小さな粘土作品を
中心にした今回の企画ではかわいい展示を作れて、
ご来場頂いたみなさまにも作品を楽しんで頂けてうれしい2日間でした。

kawasaki_blog181205(2).jpg

kawasaki_blog181205(3).jpg

次の展示予定は来年の2月です。(新宿伊勢丹にて開催です)
今度は平面作品中心の展示に挑戦します。
こちらの展示も楽しい展示にできるよう、制作頑張ります!

かわさきみなみ
  1. 2018/12/05(水) 17:33:56|
  2. 作家

作家便り「2018年12月/齋藤美洲(埼玉)」

老根付師 徒然草  師走
初冬の幻影

bishu_blog1811_1.jpg

午前の仕事場、南にあたる壁を見ると、写真の様に、書の額と墨絵が
並んでいる様であった。書は本物。他は何かと考えてしまったが、
北側の開けた窓から何かを反射して、植木の影を映し出していると気が付いた。
反射物を探したが見つからない。隣家の壁ではない。15分ほどで消滅したが、
次の日は現れない。不思議な事だと思っていると数日して現れた。
光源は隣家の車で、駐車位置での偶然だった。良い作品に見惚れる時、
作家意図を発見出来た想いがした。

bishu_blog1811_2.jpg


時の流れ
「五十年後」。コナン・ドイルの短編小説。恋人と結婚の為、出稼ぎに出るも、
事故の為、記憶喪失。外地で成功するが、50年後突然に記憶が戻り、故郷に
急行すると、時を経た昔のままの家に、老嬢が椅子にもたれ、彼を待っていた。
高校時代、これを読んで、人生と時の流れにロマンを感じたものであった。

35年前の私の薄れていた記憶を鮮明にさせられる事が起きた。
「根付彫刻のすすめ」の復刻増補版の12月出版であった。急な話ゆえに慌ただしい日々の中、
初版を熟読したが、根付彫刻の基本理念、理論に一毫の変化もないことに我ながら驚く。
この時期の私でさえ確信的な論を持ち得たのだから、今の若い作家に対しての考えを
改めなければとつくづく思い、「後生畏るべし」の語を胸に刻む。

初版に加えて、50点ほどの、ここ十年間の近作を掲載出来たのは、時の流れの中、
根付についての理論は不変であるが、美意識、感性、感動等、歳を重ねての
表現変化を見せられたのは、私にとっても好機であった。

ひたすらに、根付彫刻に興味を持った人々に、作る楽しさと創造する喜びを持つ
ための一助となる事を願った毎日だった。
この間、60年前に同じ教室で学んだ人と会う約束があったが、流れてしまった。
老根付師の話と歳月は長いこと!オソマツm(_ _)m


鹿角という素材 2
bishu_blog1811_3.jpg

bishu_blog1811_5 (1)
bishu_blog1811_5 (2)


この難解な素材の中に、如何に自由な表現が出来るかの試みの二作品。
前作は、脳内の発想転回に固さがあったが、今作の制作については、
少し自由を楽しむ事が出来た。「制約の中の自由」を掲げての根付創作の
毎日であるが、迷い出すと技術ばかりに救いを求めることの愚かさを、自ら戒めている。
 
老子に曰く
  大道は平らかなり、されど歩みがたし
  小道は険し、されど歩みやすし

  1. 2018/12/04(火) 12:26:47|
  2. 齋藤美洲(埼玉)
次のページ