FC2ブログ

根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。
展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

永島信也グループ展に参加します 「木学 Xylology 起源と起点」

所属作家の永島信也が木彫作家主体のインディペンデント企画の展示に
参加します。会期中は座談会やワークショップも行い、クラウドファンディングも
始まっています。情報をまとめましたので、ぜひご参加ください。

「木学 Xylology 起源と起点」
会期:2018 年10月27日(土)~11月11日(日) 13:00~18:00(会期中無休)
会場:旧平櫛田中邸アトリエ 〒110-0002 東京都 台東区上野桜木2-20-3
地図http://taireki.com/map/index.html
参加作家:小畑多丘、金巻芳俊、北彩子、小鉢公史、佐々木誠、白尾可奈子、TENGAone
中里勇太、中村恒克、永島信也、ねがみくみこ、灰原愛、HAROSHZ、前原冬樹、村田勇気

nagashima_blog1811.jpg

【会期中のイベント】

■座談会 2018年10月28日日曜日 16:30〜18:00 
木学 Xylology × トリメガ研究所
「木学」というテーマでトリメガ研究所を迎えて、参加作家との座談会を行います。
本展での試みをより深く知っていただける機会ですので是非ご参加ください。
参加費1,000 円(定員30名)

トリメガ研究所 紹介 webサイト
ジャンルの垣根を超え、広く視覚文化について考察する展覧会の開催を目的とし、
島根県立石見美術館、青森県立美術館、静岡県立美術館の学芸員3名により、
2008年6月に結成された研究チーム。 永島は「美少女の美術史」展にてお世話になりました。
nagashima_blog1811 (ni)


ワークショップ「かわいいってなんだろう?」 (永島が担当します!)
2018年11月10日(土) 一部13:00~14:30 二部15:30~17:00
参加費:100円 定員:各10名

木の端材に目や口などの部材を取り付けて「顔」を作るワークショップを開きます。
木に親しみながら、出来上がった表情について考えます。
nagashima_blog1811(3).png

※各イベント会場は展示会場と同じ旧平櫛田中邸・アトリエです。
予約方法:XYLOLOGY 事務局宛に希望するイベントの日時、
参加者の氏名、人数、連絡先メールアドレス、お電話番号をメールにてお送りください。
お電話でも受付けます。

「木学 XYLOLOGY」事務局
東京都文京区根津 1-1-14-202 Gallery 花影抄内(担当:木塚)
tel/fax :03-3827-1323 mail@hanakagesho.com


【クラウドファンディング 「木学/ XYLOLOGY」木彫作家15名の展覧会 応援プロジェクト」 】
nagashima_blog1811(4).jpg
掲載ページ:https://camp-fire.jp/projects/view/97658

展覧会開催にあたり皆さまのご協力もいただきたくクラウドファンディングをしております。
展覧会の図録は通常のものに加え、限定プレミアム展覧会図録もあります。
また、クラウド返礼品には作家の一点ものもあります。
この機会にしかお申込みできないものばかりになりますので、ぜひご覧ください。
  1. 2018/10/15(月) 14:38:41|
  2. 永島信也(神奈川)

「罠兎のマイ・ベストセレクション」展を終えて

昨年の個展「罠兎の企み」に引き続き、
今年も伊勢丹新宿店アートギャラリーの通称『秘密の小部屋』で展示をいたしました。

「罠兎のマイ・ベストセレクション」と題し私の選んだ10点と葛籠の特別バージョンの展示です。
一貫したテーマは意識していませんが、クスりと笑ってしまうような遊び心ある作品作りを心がけています。
アートギャラリー奥の小部屋での展示はお客様とゆっくりお話ができ、手にとって動かして驚いて笑っていただけて、
とても嬉しい経験でした。

わかりにくい場所にもかかわらずたくさんのお越し、本当にありがとうございました。
そして、罠兎の新たな企みにも乞うご期待!ください。

罠兎

20181014083913c1e.jpeg

  1. 2018/10/14(日) 08:31:55|
  2. 罠兎(東京)

荒井良 作品展 〜封印の小部屋〜 伊勢丹新宿店

a_blog18100601.jpg


荒井良 作品展 〜封印の小部屋〜


2018年10月17日(水)〜30日(火) [ 最終日6時終了]

伊勢丹新宿店本館5階=アートギャラリー
(カウンター脇の小部屋での展示です)

【出品作品】

「因火」、「七度狐」、「栄螺」、「見返り猫」、「ねずみ」の5作品です。
以前に作っていた作品を久しぶりに展示すると共に、2018年作の「因火」も展示します。

御高覧いただけましたら幸いです。
何卒宜しくお願い申し上げます。
  1. 2018/10/08(月) 16:09:55|
  2. 荒井良

守亜作品展 狐狸道中 〜intermission〜終了の御挨拶

守亜作品展 狐狸道中 〜intermission〜
2018年9月24日(月)~30日(日) は、最終日に台風がやって来るというハプニングもありましたが、
おかげさまで無事に終了をいたしました。
生憎のお天気の中で御来場いただきました皆様、
またはインターネットや電話を通じてお問い合わせをくださいました皆様に、
一同深く御礼を申し上げます。(Gallery花影抄)

以下は守亜さんからの御挨拶です。
宜しくお願い申し上げます。

blog181003.png

ただ天候に恵まれなかっただけ。
むしろそれ以外は人やタイミング、事象に恵まれた作品展になりました。

開催前のコメントにてお約束した通り、次へと続くきっかけやアイデアをこの作品展中にたくさん得ることができました。しっかり活かしていこうと思っております。狐狸の旅は続いていきます。
おそらく次(また来年、花影抄さんでの作品展を予定しております。)は少し作品の雰囲気が変わるかもしれません。
それは少しばかりの挑戦でもあります。
また、いつも通りの根付の意匠を活かしたオブジェクトをご期待の皆さまにおかれましても、ご安心をと、今の心境としては申しておく所存であります。
おそらく次は〈妖怪〉的なるものにモチーフを絞って取り組んでいくことになると思います。
一番楽しみにしているのは僕自身なのです。

ともあれ今年も無事に作品展を開催し、無事に終えることができました。
ご来場いただいた方、また遠方よりご連絡いただいて作品を購入いただいた方へ御礼を申し上げます。

(守亜)


【ギャラリーから】

守亜さんの2018年個展は、
本人の展覧会開催時の挨拶文にあるように、根付に関しては、
行き止まった感じ(行き止まりまで進んだというか)があったと思います。
怪獣根付の仕事の影響が大きいこの数年、大きさや造形について、はみ出してきた事の振り返りがあり、
ここから初期の守亜根付のサイズやフォルム感に戻っていくと思っています。
守亜さんの根付は、日常的に使いやすいモノなだけに、使いやすい根付の大きさやデザインを期待しています!

根付以外の作品、例えば「スタチュー」として発表している造形作品については、
小型の造形作品の挑戦を進めてきて、充実と安定が感じられるのは、やはり怪獣の仕事の影響もポジティブにあるように思えました。
色についても楽しみ始めている様子が見ていて楽しいし、
そろそろここらで「造形作品」と「根付作品」が枝分かれしていく予感があります。
造形作品の展開や進化も本当に楽しみです。

Gallery花影抄 橋本
  1. 2018/10/03(水) 18:46:35|
  2. 守亜(群馬)

作家便り 「2018年9月/かぶ (東京)」 

9月に行われました「勿怪の幸い」展に出品しまして、久しぶりに展示会に参加しました。
ギャラリーにお越しくださいました皆様、ウェブでご覧くださいました皆様
誠にありがとうございました!

先日「大江戸寄席と花街のおどり-その八-」を観て来ました。

会場は国立劇場の3階席だったのですが、整然と並んだ芸者さん達のおどりと
綺麗な裾捌きは遠くからでも分かる見事なもので色とりどりの着物が並びとても
美しかったです。根付になりそうなおどりの小物もありました。

落語家さんのお噺、芸者さん、幇間さんのおどりと今回は紙切り、大神楽の
出し物もありました。大神楽は水戸大神楽水府流というもので私の出身地と
同じ水戸にそういうのがあったんだと初めて知りました。

なかでも、口に咥えた細い棒に出刃包丁の刃先を乗せ、その出刃包丁の柄に
もう一本出刃包丁を乗せ、さらにその上で大皿を回すという「出刃皿」という
曲芸があり顔の上で出刃包丁が二本もクルクルと回っていて凄かったです。
水戸大神楽はスリリングな曲芸とスピード感が持ち味らしいのですが
江戸の人もこういうのを見て楽しんでいたのかな~と思いました。

kabu_blog180930.jpg

写真は作業机の上でくつろぐうちの三毛猫です。
削った粉が付いてしまうので「だめよ」と言うのですが気に入ってしまっています。
芸者さんのことを「猫」とも呼ぶそうです。
  1. 2018/09/30(日) 11:14:20|
  2. かぶ(東京)
次のページ