FC2ブログ

根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。
展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

泉水掲載情報 アートコレクターズ 2021年3月号(NO.144)のART FAIR TOKYO 2021の特集ページにて

泉水さんの個展「泉水 陶根付展 border?」 を アートコレクターズ 2021年3月号(NO.144)
ART FAIR TOKYO 2021の特集ページにて紹介していただきました。

blog21030301.jpg

「泉水 陶根付展 border?」と題した今回の展示では、
社会における概念(抽象)としての ボーダー を、模様(意匠)としての シマシマ に見立てて展開。
泉水ならではの愛らしさとあたたかみのある生きものたちが社会的な問題を軽やかに問いかける。(誌面紹介より)

blog21030300.jpg

泉水 陶根付展 ”border?”
2021/3/19(金)〜21(日) ※18(木)は招待制
アートフェア東京2021 PROJECTS
東京国際フォーラム/ロビーギャラリー/PROJECTSエリア/P 013
Gallery花影抄ブース

※アートフェア東京2021 プロジェクツエリア入場のご案内
http://hanakagesho.blog17.fc2.com/blog-entry-2453.html

blog21030302.jpg

blog2103030.jpg

アートコレクターズ webページ https://www.tomosha.com/book/b561521.html
特集は「抽象絵画の世界」です

blog210303.jpg
ボーダーのセーターで「個展 border?」の宣伝をする泉水さんです!
  1. 2021/03/03(水) 21:35:54|
  2. 泉水/北澤いずみ(東京)

2021年3月の営業案内

3月の営業日、展示のお知らせです。

3月は根津のギャラリーは和こもの展を開催します。
いつも1月に開催しておりましたが、今年は3月に開催することにいたしました。

3月6日以降の金土日曜日にギャラリーをオープンしておりますので、ぜひご予約ください。
いつもはwebサイトにてオープンしているショップですが、ぜひ手に取りご覧いただく機会
にしていただけましたら嬉しく思います。
Galleryblog_210227_2.png

ご案内はがきには展示作家さんなどを記載しておりませんので、
SNSやブログなどで、細かい展示情報を発信して参ります。
今年は、和こものサイトで活躍中の作家さんの作品展示となります。
和こもの花影抄Twitter


Galleryblog_210227_3.png

また、3月19~21日には有楽町国際フォーラムにて開催のアートフェア東京に参加もいたします。
陶作家泉水の個展を開催いたしますので、ご覧いただけましたら嬉しいです。
こんな状況の時ではございますが、感染症対策をしっかりしてお待ちしております。
また、泉水さんの個展はチケットがなくてもご覧いただける、プロジェクツエリアで開催いたします。
詳しくはこちらもご覧ください。

Galleryblog_210227.png

●ご来店ご予約について : メールかお電話にてご予約ください。
金・土・日曜日の13:00~18:30の間にて、ご予約をお承りいたします。
メールアドレス:mail@hanakagesho.com / ☎03-3827-1323

お時間は30~60分程度を想定しております。
ご予約の際には、ご希望のお日にちとお時間をお知らせください。
(ご予約が既に入っているお時間は、返信にて代わりのお時間をご提案させていただく時がございます)
ご覧になりたい作家さんの作品がございましたら、お伝えいただければご用意させていただきます。


●環境について
鑑賞スペースは窓を開けたり、サーキュレーターを使ったりと換気を気を付けております。
ご来店いただきましたら、ギャラリー入り口で手指のアルコール消毒をお願いいたします。


●ご来店について
少しでも体調に不安のある方は、ご来店をご遠慮ください。
(小さなものであっても咳の症状がある、微熱がある、頭痛がある等、普段と体調の差異を感じられる場合)
急なキャンセルも構いませんので、その際はご一報をお願いいたします。
ご来店時はマスクの着用をお願いいたします。

スタッフは手洗い、手指の消毒、マスクの着用を徹底しましてご対応させていただきます。

  1. 2021/02/27(土) 19:41:18|
  2. 店舗営業のお知らせ

泉水掲載情報 月刊美術 2021年3月号のアートフェア東京2021の特集ページにて

月刊美術 2021年3月号のアートフェア東京2021の特集ページにて、泉水さんの展示情報を紹介していただきました。


blog21022500.jpg
月刊美術 webページ https://www.gekkanbijutsu.co.jp/category/backnumber/

blog21022501.jpg
月刊美術 2021年3月号 115ページ

縞柄着物の
シマシマ動物が問う
「Border」という人の業

「「Border」=縞柄の着物を着た、シマシマ模様の動物たちが演じる、ユーモラスかつ粋で洒脱な様相。
そこに秘めた、人間の業に関わる深いテーマ性。泉水ワールドがさらなる飛躍の時を迎えようとしている。」
(月刊美術 2021年3月号 115ページより)


シマシマの動物たちが、一見軽やかに、奥深いテーマについて問いかけます。
現在、鋭意制作中です。
展示を是非、お楽しみになさってください。

blog21022502.jpg



泉水 陶根付展 ”border?”
2021/3/19(金)〜21(日) ※18(木)は招待制
アートフェア東京2021 PROJECTS
東京国際フォーラム/ロビーギャラリー/PROJECTSエリア/P 013
Gallery花影抄ブース


※アートフェア東京2021 プロジェクツエリア入場のご案内
http://hanakagesho.blog17.fc2.com/blog-entry-2453.html

blog210225000.jpg
  1. 2021/02/25(木) 22:56:09|
  2. 泉水/北澤いずみ(東京)

作家便り/森謙次 個展"桃源郷"を終えて

blog210224_0.jpg

先日、無事に"桃源郷"森謙次根付彫刻展を終える事が出来ました。
コロナ禍にもかかわらず、多くの方達に観に来ていただき、ありがとうございました。

4年ぶりの展示会で不安もあり、なかなか寝られない日ばかりでしたが、
ギャラリーのスタッフ、家族にも助けてもらいながら何とか力を出せたと思っています。
今回、根付作家として初めて珊瑚の作品だけで制作し、構成しましたが、
自分が好きなもの、やりたい事がよりはっきりとし、今後の指針が得られる事が出来たのは大きな収穫でした。

何の為に作るのか、誰の為に作るのか、何を作るのか、どんな方法で作るのか?
大学の時の教授に言われた言葉を常に考え行動しながら、これからも頑張っていきます!
どうぞよろしくお願いします! 森謙次

blog210224_01.jpg

  1. 2021/02/24(水) 21:40:15|
  2. 森謙次(高知)

アートフェア東京2021 プロジェクツエリア入場のご案内

来月19日より(※18日は招待制)東京国際フォーラムにて開催のアートフェア東京2021。
当ギャラリーではプロジェクツエリアにて泉水の個展を開催いたします。

今年はコロナウィルス感染症対策もあり、会場への入場方法が例年と異なりますので、ご案内いたします。
プロジェクツは入場料無料のエリアになりますので、チケットのご購入は必要ございません。

プロジェクツエリアご入場の際には
1:体調セルフチェックへご登録
2:デジタルチケットをご提示
3:顔認証登録(事前登録)
上記のどれかのご提示、お手続きが必要となります。

ご入場の方法を3種類お知らせしましたが、当日何もせずいらっしゃいました場合は、
1の体調セルフチェックにご登録いただいてのご入場となります。

1:体調セルフチェック
ロビーギャラリー入口に用意されたQRコードをスマートフォンなどで読み取っていただき
お名前、メールアドレス、自動検温にて測定した体温とともに健康チェックをご入力、
ご登録後に登録メールアドレス宛てに届いた完了メールをご提示後、ご入場となります。

2:ご招待デジタルチケット
ギャラリーより発行するご招待者様へのチケットとなります。
ご本人様のみご使用可となります。ご入場時には自動検温が必要となります。

3:顔認証登録
今回のアートフェアではご入場方法に顔認証システムも導入しておりまして
ご入場いただく方ご本人様が、事前に顔写真等々ご登録いただくものとなります。
一般チケットをご購入の方も登録をしていただくと、これにより紙のチケットは無くなります。


感染症対策により、色々とお手数をおかけしてしまいますが、ご協力をお願い申し上げます。
ご質問ございましたら、遠慮なくギャラリーまでお問い合わせくださいませ。

Gallery花影抄
03-3827-1323
mail@hanakagesho.com
210217_galleryblog.png


  1. 2021/02/17(水) 12:42:47|
  2. 泉水/北澤いずみ(東京)
次のページ