FC2ブログ

根津の根付屋 & Gallery 花影抄 blog

東京・根津にある主に現代根付、立体作品をご紹介しています、Gallery花影抄のblogです。
展覧会や取扱作家情報などを発信しています。

永島信也グループ展に参加します 「木学 Xylology 起源と起点」

所属作家の永島信也が木彫作家主体のインディペンデント企画の展示に
参加します。会期中は座談会やワークショップも行い、クラウドファンディングも
始まっています。情報をまとめましたので、ぜひご参加ください。

「木学 Xylology 起源と起点」
会期:2018 年10月27日(土)~11月11日(日) 13:00~18:00(会期中無休)
会場:旧平櫛田中邸アトリエ 〒110-0002 東京都 台東区上野桜木2-20-3
地図http://taireki.com/map/index.html
参加作家:小畑多丘、金巻芳俊、北彩子、小鉢公史、佐々木誠、白尾可奈子、TENGAone
中里勇太、中村恒克、永島信也、ねがみくみこ、灰原愛、HAROSHZ、前原冬樹、村田勇気

nagashima_blog1811.jpg

【会期中のイベント】

■座談会 2018年10月28日日曜日 16:30〜18:00 
木学 Xylology × トリメガ研究所
「木学」というテーマでトリメガ研究所を迎えて、参加作家との座談会を行います。
本展での試みをより深く知っていただける機会ですので是非ご参加ください。
参加費1,000 円(定員30名)

トリメガ研究所 紹介 webサイト
ジャンルの垣根を超え、広く視覚文化について考察する展覧会の開催を目的とし、
島根県立石見美術館、青森県立美術館、静岡県立美術館の学芸員3名により、
2008年6月に結成された研究チーム。 永島は「美少女の美術史」展にてお世話になりました。
nagashima_blog1811 (ni)


ワークショップ「かわいいってなんだろう?」 (永島が担当します!)
2018年11月10日(土) 一部13:00~14:30 二部15:30~17:00
参加費:100円 定員:各10名

木の端材に目や口などの部材を取り付けて「顔」を作るワークショップを開きます。
木に親しみながら、出来上がった表情について考えます。
nagashima_blog1811(3).png

※各イベント会場は展示会場と同じ旧平櫛田中邸・アトリエです。
予約方法:XYLOLOGY 事務局宛に希望するイベントの日時、
参加者の氏名、人数、連絡先メールアドレス、お電話番号をメールにてお送りください。
お電話でも受付けます。

「木学 XYLOLOGY」事務局
東京都文京区根津 1-1-14-202 Gallery 花影抄内(担当:木塚)
tel/fax :03-3827-1323 mail@hanakagesho.com


【クラウドファンディング 「木学/ XYLOLOGY」木彫作家15名の展覧会 応援プロジェクト」 】
nagashima_blog1811(4).jpg
掲載ページ:https://camp-fire.jp/projects/view/97658

展覧会開催にあたり皆さまのご協力もいただきたくクラウドファンディングをしております。
展覧会の図録は通常のものに加え、限定プレミアム展覧会図録もあります。
また、クラウド返礼品には作家の一点ものもあります。
この機会にしかお申込みできないものばかりになりますので、ぜひご覧ください。
  1. 2018/10/15(月) 14:38:41|
  2. 永島信也(神奈川)

「罠兎のマイ・ベストセレクション」展を終えて

昨年の個展「罠兎の企み」に引き続き、
今年も伊勢丹新宿店アートギャラリーの通称『秘密の小部屋』で展示をいたしました。

「罠兎のマイ・ベストセレクション」と題し私の選んだ10点と葛籠の特別バージョンの展示です。
一貫したテーマは意識していませんが、クスりと笑ってしまうような遊び心ある作品作りを心がけています。
アートギャラリー奥の小部屋での展示はお客様とゆっくりお話ができ、手にとって動かして驚いて笑っていただけて、
とても嬉しい経験でした。

わかりにくい場所にもかかわらずたくさんのお越し、本当にありがとうございました。
そして、罠兎の新たな企みにも乞うご期待!ください。

罠兎

20181014083913c1e.jpeg

  1. 2018/10/14(日) 08:31:55|
  2. 罠兎(東京)

荒井良 作品展 〜封印の小部屋〜 伊勢丹新宿店

a_blog18100601.jpg


荒井良 作品展 〜封印の小部屋〜


2018年10月17日(水)〜30日(火) [ 最終日6時終了]

伊勢丹新宿店本館5階=アートギャラリー
(カウンター脇の小部屋での展示です)

【出品作品】

「因火」、「七度狐」、「栄螺」、「見返り猫」、「ねずみ」の5作品です。
以前に作っていた作品を久しぶりに展示すると共に、2018年作の「因火」も展示します。

御高覧いただけましたら幸いです。
何卒宜しくお願い申し上げます。
  1. 2018/10/08(月) 16:09:55|
  2. 荒井良

「Art Expo Malaysia Plus 2018」に出展します

マレーシアで開催されるアートフェア「Art Expo Malaysia Plus 2018」に出展することになりました。

日本から8軒のギャラリーが参加する「Japan Pavilion Preview Booth」にて、
自在(金工)、蒔絵(漆芸)、根付彫刻を展示します。

blog18100500.png

【art expo MALAYSIA 2018】 2018.10.11〜14
webサイト https://artexpomalaysia.com/


blog181005_m.png


【出品作家】


「自在・金工」
kotobukidou.jpg
壽堂

mansei urahara (1)
上原万征


DSC_62732_2.jpg
罠兎

tsuboshima.jpg
坪島悠貴




「蒔絵(漆芸)」

asai_kouhai.jpg
浅井康宏

mao kanai
金井麻央



「根付彫刻」

koma.jpg


douho.jpg
道甫


【About Japan Pavilion Preview】

SOME of the most exciting Japanese contemporary practices will come under the Japan Pavilion in the Art Expo Malaysia (AEM) 2018 for the first time. Eight leading Japanese galleries will array some 40 of their best artists. They include gallery UG, which has been AEM stalwart since 2016. The others are Gallery Hanakagesho, Gallery Ishikawa, Gallery Seek, Gallery Suiha, Hakkendo Gallery, KinoshoKikaku and Smart Ship Gallery.
Since the kurofune (black ships of the West) opened up Japan in the 16th century, Japan has made an impact on world art with their unique ukiyo-e of Hiroshige, Hokusai and Sharaku, which had even influenced Vincent Van Gogh, Matisse and Monet. The biggest Japanese Post-War art movement is undoubtedly Gutai (roughly translated as ‘embodiment’ or ‘concreteness’) which propagated a new freedom of avant-garde art based on multimedia environments, performances and theatrical events. It was founded in Osaka in 1954 by Jiro Yoshihara and ShozoShimamoto. Then there are the Conceptual performances of Yoko Ono and Yayoi Kusama (b. 1929), who is best known for her psychedelic Infinite Mirrors installation apart from fiction and fashion. Takashi Murakami charges the SuperFlat Movement while Yoshitomo Nara has its origins in the sub-cultures of manga, anime and cosplay. With the Japanese taking up some 168 square metres of space under the ambit of the Japan Association of Contemporary Art (JACA), one can expect to find some of the Next Big Names of Nipponseries. It also coincides with the second coming of Prime Minister YAB Tun Dr. Mahathir Mohamad, with his Re-Looking East Policy. All eyes will be on the emerging names such as Takeshi Harada (Gallery Seek); Kunihiko Nohara (gallery UG);
 Kohei Yamada(KinoshoKikaku); Yasuhiro Asai (Gallery Hanakagesho); Yuji Takahashi (Hakkendo Gallery); Akihiro Fujimoto (Gallery Ishikawa); Asagi Otawa (Gallery Suiha) and Izumi Ohwada (Smart Ship Gallery).
The Japan Pavilion can be deemed as microcosm of cutting-edge Japanese Contemporary Art (which absorbs flatly both Fine Art and Applied Art, subcultures such as Manga, Anime way of expression) supported by a long cultural history. This project is led by JACA (its slogan Happy Aura) that supports Positivity.
The artists represented by the Japanese galleries:
Gallery Hanakagesho:Kotobukidou, Mansei Uehara, Yasuhiro Asai, Wanausagi, Douho, Koma, Mao Kanai
Gallery Ishikawa: Akihiro Fujimoto, Hiroki Yoshida
Gallery Seek: Takeshi Harada, Mitsuru Koga, Kenji Tao, Takahiro Hirabayashi
Gallery Suiha: Asagi Otawa, Hans Innemee (Netherlands), Guy Dessapt (France)
gallery UG: KunihikoNohara, Yoshikazu Hiramatsu,Gekko Numata, Kana Uchida
Hakkendo Gallery: Yuji Takahashi, Akika Kurata, Rika Oshima, Chieko Kuroishi, Ayuko Kikuchi, Yuuki Koyano, Yuuki Sori, Takumi Suzuki
KinoshoKikaku: Hiroshi Mori, Kohei Yamada, Shoichi Tsurukawa, Kojiro, Noritoshi Mitsuuchi
Smart Ship Gallery:Yu Uchida, Izumi Ohwada, Linmay Komine, Misao Fujii

Sponsored by Warehouse TERRADA
Supported by Embassy of Japan in Malaysia
The official logistic partner : TERRADA ART ASSIST Co., Ltd.



  1. 2018/10/05(金) 19:05:45|
  2. アートフェア他(根津以外での展示活動)

臨時休業のお知らせ

【臨時休業のお知らせ】

2018年10月13日(土)と14日(日)を根津のギャラリー・店舗を臨時休業とさせていただきます。

出張などの関係で、お休みをすることとなりました。
ご不便、ご迷惑をおかけしてしまうこともあるかと存じます。
申し訳ございません。
何卒宜しくお願い申し上げます。

※eメールにてのお問い合わせなどは、承っております。



2018_10_clender.jpg
※クリーム色の日付はオープン、青色の日付はお休みです。



  1. 2018/10/05(金) 11:42:52|
  2. 店舗営業のお知らせ
次のページ